【鬼滅の刃】炭治郎の階級は丙(ひのえ)?いつ出世したの?

鬼殺隊には階級があるのは皆さんご存知ですよね?

最終選別を突破した時点で鬼殺隊員となり、階級が手の甲に刻まれます。

 

もちろん炭治郎も階級を与えられていますが、現在の階級がどうなったか気になりませんか?

そこで今回は炭治郎の現在の階級について書いていきます!

※原作漫画の情報をメインで書いていますのでアニメ派の人は注意してください。

【鬼滅の刃】炭治郎の現在の最新階級は丙(ひのえ)!

もうタイトルになっているのでバレてしまっていますが、現在の炭治郎の階級は「丙(ひのえ)」という位です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、鬼殺隊の階級は10段階で分かれており、それが鬼殺隊内での身分になります。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス2巻より

 

その中で丙は下から8番目、上から3番目の位になります。(下の図参照)

 

✅【鬼殺隊の階級表】
・甲(きのえ) 高い








低い
・乙(きのと)
・丙(ひのえ)
・丁(ひのと)
・戊(つちのえ)
・己(つちのと)
・庚(かのえ)
・辛(かのと)
・壬(みずのえ)
・癸(みずのと)

 

炭治郎の階級が丙ということは公式ファンブック1・2巻に書いてある情報です。

 

 

 

で、そのほかの原作漫画やジャンプで階級について触れられていないません。

それを踏まえると、炭治郎の最新の階級は「丙」ということがわかります。

 

ちなみに、伊之助や善逸は炭治郎と同じ「丙」、カナヲと不死川玄弥はその下の階級の「丁(ひのと)」になっています。

 

カナヲに関しては炭治郎と同等、もしくは上の階級かと思っていましたが、まさか炭治郎の下の階級とは意外でした。

 

 

【鬼滅の刃】炭治郎は丙(ひのえ)にいつ出世したの?

炭治郎の現在の階級は、鬼殺隊の中でも割と上位の丙ということが分かりました。

炭治郎たちが最終選別を突破したときの階級は一番下の癸(みずのと)だったわけですが、そこから考えるとかなり出世したことになりますね~。

 

しかし、いつこんなにスピード出世したんでしょうか?

鬼滅の刃の作中では、階級に関して触れられることは正直あまり多くありません。

ですので、「いつの間に上がったの?」「どのタイミングで出世したわけ?」と思った人も多いのではないでしょうか?

 

ここではいつ階級が上がったのか考えて時系列順にまとめました!

 

那田蜘蛛山編の階級は癸(みずのと)

下弦の伍の累が仕切る”那田蜘蛛山”での炭治郎の階級は1番下の「癸」でした。

炭治郎が義勇の同期である村田さんに階級を伝えていましたよね。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス4巻より

 

一緒にいた伊之助が否定していないですから、那田蜘蛛山に行った時点では炭治郎たちの階級が癸ということが分かります。

元下弦の陸の響凱を撃破したのに癸から階級は上がっていなかったんですね~。

 

ちなみに、この時点での村田さんの階級は下から4番目の「庚」、応援にきたカナヲの階級は下から5番目の「己」とのこと。

 

 

無限列車編ので階級は「???」

次に大きな戦いとなったのは、我らが兄貴”煉獄杏寿郎”が活躍する無限列車編です。

ここでの炭治郎の階級も気になるところです。

 

がしかし、無限列車編付近では一切階級については触れられていないため、明確な階級がわかりません。

ただ、那田蜘蛛山では多くの鬼殺隊員がやられる中で炭治郎たちは生き残り、一定の成果を上げています。

 

もしかすると無限列車編時点では1番下の癸の階級よりは上になっている可能性はありそうですね!

 

 

遊郭編での階級は「庚(かのえ)」

元上弦の陸・妓夫太郎と墜姫が登場する「遊郭編」では、下から4番目の庚(かのえ)という階級でした。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス9巻より

 

那田蜘蛛山で階級「癸」から4つも階級を上げており、早くも村田さんの階級まで出世しています。

 

ただ、無限列車編では下弦の壱の魘夢を撃破している事を考えると、下から4番目の階級というのは低い気もしますがどうでしょうか?

 

もしかしたら「単独撃破」ではなかったので、無限列車での戦闘はあまり評価されなかったのかもしれません。

 

 

刀鍛冶編の階級は「???」

刀鍛冶編は玄弥の鬼喰が明らかになったり、半天狗や玉壺などの曲者の上弦の鬼が登場する面白いシーンです。

 

 

刀鍛冶編では無限列車のときと同じように、炭治郎の階級には一切触れられていないので明確な階級はわかりません。

 

しかし、前回の遊郭編では「100年以上難攻不落だった上弦の鬼の1人を撃破する」という大大大快挙を成し遂げています。

 

それを踏まえると、遊郭編のときの「庚」以上の階級には出世している可能性は大きいです。

というか、出世していないと流石に「階級制度無理ゲーすぎん?」ってなりますよねw

 

冒頭でも書いたとおり、最新の階級が「丙」ですので、「庚」と「丙」の間の、

”己(つちのと)”・”戊(つちのえ)”・”丁(ひのと)”

どれかの階級には当てはまっている気がしますがどうでしょうか?

 

✅【鬼殺隊の階級表】
・甲(きのえ) 高い








低い
・乙(きのと)
・丙(ひのえ)
・丁(ひのと)
・戊(つちのえ)
・己(つちのと)
・庚(かのえ)
・辛(かのと)
・壬(みずのえ)
・癸(みずのと)

 

 

というか、最終選別時点でのカナヲの階級が己(つちのと)ですので、個人的にはそれ以上には出世していないと流石に納得ができませんが・・・w

 

 

最後の決戦・無限城編での階級は「丙(ひのえ)」?

無限城編は鬼vs鬼殺隊の大詰めのシーンです。

黒死牟や童磨、猗窩座など強くてイケメンの鬼が勢揃いで、ヨダレが止まらないファンも多いのではないでしょうか?w

 

善逸と獪岳の戦闘もいいですよね~。

 

で、階級についてですが、実はここでも炭治郎の階級については明言されていません^^;

 

ただ、ファンブックに書いてある全体の内容からしても、この時点での炭治郎の階級が丙(ひのえ)なんでしょうね。

 

また無限城に入る前に柱との稽古がありましたよね?

そこで村田さんが、炭治郎たちのことを「短期間で階級が上がる奴ら」と心の声でいっています。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス16巻より

 

 

この村田さんの言葉から見ても、この段階でわりと上位の「丙」という階級だとしてもあまり違和感はありません。

 

まぁ炭治郎に関しては、「刀鍛冶の里で上弦の肆の半天狗にトドメを指している」という大仕事をしているので当然の出世と言えます。

むしろもう少し出世しててもいいくらいですが・・・。

 

ちなみに、上の方でも書いたように、伊之助と善逸も炭治郎と同じ「丙」の階級です。

もしかしたら炭治郎が上弦の鬼を倒している間に、それと同等の働きをしていたということでしょうか?w

 

彼らがどのような働きをして炭治郎と階級を並べているのかについては、作中では謎に包まれたままです。

 

 

【鬼滅の刃】かまぼこ隊から柱の階級になるキャラはいる?

上弦の撃破など目覚ましい活躍でスピード出世するかまぼこ隊。

上に書いた通り、現在かまぼこ隊は全員「丙」という階級ですが、さらに出世して最強の称号『柱』には昇格できるのかも気になるところ。

 

結論をいってしまえば、最終戦でいくら活躍しても炭治郎たちかまぼこ隊が柱の階級まで出世することはないと考えられます。

というのも、鬼舞辻無惨を倒せば鬼殺隊の存在意義もなくなり、称号の意味もなくなるからです。

 

ご存知の通り鬼殺隊の存在意義とは鬼舞辻無惨を倒すことなので、

鬼舞辻無惨を倒した後に階級が上がってもしょうがないし、正直いって無残討伐後は無意味な称号とも言えます。

 

現に原作漫画でも無残討伐後は階級に触れてもいないので、「丙」以上の階級をかまぼこ隊の誰かが手している可能性もかなり低そう。

 

ただ、かまぼこ隊全員が上弦の鬼をそれぞれ倒しているので、「強さだけでいえば鬼殺隊の中で柱という階級に近い存在」かもしれませんね^^

 

 

【鬼滅の刃】炭治郎の最新・現在の階級と出世した時期まとめ

単行本やジャンプでの炭治郎の最新の階級は丙(ひのえ)です。

無限城までのことが書かれている公式ファンブックでも、炭治郎の階級は丙と書いていますから現在は「丙」というのが最新の階級と言えます。

 

いつ出世したかについては意外と作中で書かれていないので、わりと想像メインの妄想考察でした。

一気に階級が上がったのは、上弦の陸、上弦の肆の撃破が理由になっている可能性は高そうですね~。

 

ただ、「不落の上弦の鬼を倒す」という快挙のわりに、あまり出世していない気も正直してしまいますねw

そう言えば、日輪刀が黒い剣士は出世できないと言われていましたが、炭治郎は無事出世できましたね!

 

コメント