【鬼滅の刃】炭治郎の強さは柱より上?最終的にどっちが強いのか考察

炭治郎は鬼殺隊に入隊してから恐るべき速度で強くなっていきました。

強くなっているのは物語を読んでいてわかるのですが、柱との最終的な強さ関係が気になりますよね?

もしかしたら最強の呼吸法”日の呼吸”を使えることから、炭治郎が柱の強さを上回っている可能性もあるかもしれません。

そこでこの記事では、炭治郎と柱の強さ関係について書いていきます!

※原作漫画をベースに書いていますので、アニメ派の人は注意してください。

【鬼滅の刃】炭治郎の強さは柱より上?

早い段階での痣の発現や日の呼吸への適合など、強さへのポテンシャルが高い炭治郎。

物語の中盤まで柱への強さには全く及びませんでしたが、結局どの位まで強くなったのかが気になりますよね。

「主人公=最強クラス」というのは漫画やアニメでは割とあるある展開ですが、鬼滅の刃での炭治郎の場合はどうなのでしょうか?

 

猗窩座戦では痣なしの柱と同等

炭治郎は階級も爆速で上がり、鬼殺隊の中でも驚くほど速く強くなっています。

無限城で上弦の参・猗窩座と闘った際には、すでに柱に近い強さにまで成長していました。

冨岡義勇の「実力は柱に届くと言っても過言ではない」という描写から見ても、炭治郎が化け物揃いの柱と同じ位強いのはほぼ確定。

しかし作中の描写を見ていると、同じ柱という階級でも強さには開きがあることが分かります。

「実力は柱に届くと言っても過言ではない」という表現を見ると、どう考えても上位クラスの強さはありません。

猗窩座との戦闘開始時点での炭治郎の強さは、柱の中でも下位グループくらいの強さの可能性が高そうです。

関連:煉獄杏寿郎の柱での強さは何番目の順位?戦闘シーンやセリフから考察

関連:【鬼滅の刃】炭治郎の階級は丙(ひのえ)?いつ出世したの?

 

痣を発現した柱より弱い?

柱の強さに近づいていると言っても、それは痣が発現していない柱と比較したときの話。

そもそも炭治郎には身体能力が上がる”痣”が発現しており、強さにブーストがかかった状態でやっと柱と並ぶ強さと言えます。

物語の後半につれて柱たちにも痣が伝染し始め、柱の強さにもブーストがかかります。

痣の発現という同じ条件下であれば、痣ありの柱より炭治郎の方が弱いと言えそう。

 

「透き通る世界」で痣あり冨岡義勇よりも強さが上になる?

猗窩座との戦闘シーンの描写やセリフをみると、

炭治郎の強さは「痣あり柱>痣なし柱≧炭治郎」ということが分かります。

しかし猗窩座との戦闘中、炭治郎は「透き通る世界」に入り、上弦の参・猗窩座の強さをも凌駕しました。

猗窩座自身も「数百年の武術の粋を真正面から打ち砕かれた」と言っているので、一気に猗窩座の強さすらも超えています。

上弦の参・猗窩座の強さを超えたということは、当然他の柱よりも強いので、「透き通る世界に入った瞬間には柱よりも強さが上」と言っても過言ではありません。

 

しかし「ずっと透き通る世界に入れるわけではないこと」や、「後々柱の悲鳴嶼行冥や伊黒小芭内も透き通る世界に入れたこと」を踏まえると、炭治郎が柱よりも強くなれたのはほんの一瞬だけと言えそうです^^;

ちなみに炭治郎の父・炭十郎も透き通る世界が見えていたとのこと。

炭十郎の強さも気になったので、そちらも別記事でまとめていますので良かったらぜひチェックしてください^^

関連:【鬼滅の刃】炭十郎は無惨より強い?黒死牟や柱との強さ比較も

関連:【鬼滅の刃】炭十郎は縁壱(よりいち)に似ている?関係を共通点から考察!

 

【鬼滅の刃】最終的に柱とどっちが強いのか考察

同じ条件ならまだ柱の方が強さは上ですが、

本当の最終局面では炭治郎は痣ありの柱と同等の強さを手に入れたように感じます。

炭治郎が柱の強さと並んだと言えるのは、最終戦となる無惨との闘いの描写。

ここでは炭治郎が柱と並ぶと言える描写についてまとめました。

 

日輪刀を1人で赫刀(かくとう)にできる

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)や伊黒小芭内、時透無一郎といった柱は、自分1人の力で日輪刀を赫刀にしています。

公式で明言されてはいませんが、

痣を発現した柱が赫刀にしていますので、強さレベルが一定を超えないと赫刀にならないのかもしれません。

そして無惨のとの最終戦では炭治郎も1人で赫刀にできています。

仮に強さが一定を超えないと赫刀にできないのであれば、炭治郎の強さレベルは最終的に柱と並んだと言えそうです。

関連:【鬼滅の刃】黒刀は日の呼吸だけの色?赫刀(かくとう)になりやすい秘密がある?

 

無惨のセリフ(心の声)

炭治郎が最終局面で強くなっていることは無惨のセリフ(心の声)からも分かります。

炭治郎は生死の境を彷徨った後のシーンですが、無惨すらも炭治郎の成長を感じているほど強くなっているようですね。

無惨と1人で対峙している描写を見ても、炭治郎が最終局面で強くなっているのは読者にも伝わります。

 

ただ、その後共闘している伊黒小芭内などと比べて強そうな描写もないので、痣ありの柱の強さを超えている可能性はなさそう。

むしろ、

「目を負傷してるのに無惨と戦闘」「無惨の腕を素手で引きちぎる」「黒死牟に斬られまくって動けている」ということができる柱の方がまだちょっと強かったりして?w

やはり最終的には柱がちょっとおかしすぎる強さということになるんでしょうね^^;

関連:【鬼滅の刃】炭治郎の鬼化は無惨より強い?最強の鬼の王はどっち?

 

【鬼滅の刃】炭治郎と柱の強さ比較についてのまとめ

猗窩座との戦闘描写や冨岡義勇のセリフを見ると、

炭治郎の強さは痣の効果込で「柱の下位と同等」くらいと言えそうです。

これは痣のブースト込みの話なので、柱にも痣が発現した状態であれば、柱の方がまだまだ強い可能性が高そう。

 

ただ、無惨が炭治郎のパワーアップを認めたり、柱のように単独で赫刀にしていることから、「最終的な強さは痣が発現した柱並」と言っても良さそうです。

しかし最終局面でも柱は最後まで化け物揃いでしたね~w

柱の化け物級の描写を見せられると、炭治郎が柱よりも強いとは流石に言えません^^;

その他、鬼滅の刃の人気記事はコチラ!

>>>煉獄杏寿郎の柱での強さは何番目の順位?戦闘シーンやセリフから考察

>>>【無限列車】魘夢(えんむ)は無惨の名前を口にした?呪いが発動しない理由を考察

>>>【最終選別】生き残りが4人しかいない?5人目の合格者は誰でどこ?

>>>【鬼滅の刃】炭治郎は縁壱(よりいち)の子孫?生まれ変わり説についても

>>>【鬼滅の刃】鬼の名前の由来と意味は?読み方と漢字を考察!

>>>【鬼滅の刃】伏線が未回収で謎のまま?最終回まで回収されなかったこと一覧まとめ

>>>【鬼滅の刃】アニメと漫画の差を比較!原作の絵が下手でひどいと噂?

>>>【鬼滅の刃】竈門家はなぜ襲われた?無惨が炭治郎の家族を襲撃した理由

 

コメント