【鬼滅の刃】竈門家はなぜ襲われた?無惨が炭治郎の家族を襲撃した理由

竈門炭治郎が家族で住んでいた竈門家は雲取山(くもとりやま)の中にあります。

人の往来が少ない山の中にある竈門家ですが、鬼舞辻無惨はみずから出向いて襲撃していたようです。

 

なぜ鬼舞辻無惨がわざわざ足を運んでまで竈門家族を襲撃したのでしょうか?

この記事では竈門家がなぜ無惨に襲われたかについて書いていきます!

※この記事は原作漫画をベースにして書いていますので、アニメ派の人はネタバレ等に注意してください。

【鬼滅の刃】竈門家(かまどけ)はなぜ襲われた?

出典:鬼滅の刃 コミックス22巻より

 

冒頭でも書いたとおり、炭治郎が家族で住んでいた竈門家は雲取山の中にあります。

雪も積もっており、道もそこまで整っていないような山道を登らないといけません。

 

そんな過酷な道を登り下りするのは、竈門家の人物かよほどの物好きくらいでしょうか。

しかしそんな雪深い山の中を鬼舞辻無惨は自ら登り、炭治郎が留守のあいだに竈門家を襲撃しています。

「あの無惨がなぜわざわざ山奥に…?」と多くの人が思ったはず。

 

実は「竈門家がなぜ襲われたか」については公式でもはっきり明言はされていません。

しかし巷では以下のものが理由になっているのでは?といわれています。

 

・竈門家が日の呼吸を継承していたから?
・禰豆子を鬼にしたかったから?
・食事をしたかったから?

 

上記のものは「襲撃理由」としてネット上では割と多くみかけます。

しかし作中の描写を改めて見返すと、これらは無惨が竈門家を襲撃した理由とは違うようです。

ではなぜ違うのか、それぞれの理由を簡単に見ていきましょう。

 

「竈門家が日の呼吸を継承していたから?」について

無惨はそもそも「日の呼吸を黒死牟と共に根絶やしにした」と思い込んでいました。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス20巻より

 

それを踏まえると、「竈門家が日の呼吸を継承している」なんて微塵も考えていなかったはずです。

 

さらに浅草編では”炭治郎の耳飾り”の存在にかなり驚いていましたよね?

無惨のビビった描写をみるに、日の呼吸が受け継がれていること自体予想外だった可能性が高そう。

 

 

作中の描写を改めてみると、竈門家を襲撃したときの無惨には「日の呼吸が継承されている」という意識はほぼなさそうです。

 

 

「禰豆子を鬼にしたかったから?」について

「鬼舞辻無惨は禰豆子を鬼にしたくて竈門家を襲撃したのでは?」

上記のものもよくネット上でみかけるものですよね。

 

ただ襲撃時の無惨のセリフをみると、禰豆子だけではなく「竈門家族全員を対象にしている」のが分かります。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス22巻より

 

さらに無惨は「鬼の血に順応できずに息絶えた」と思って竈門家を立ち去っています。

原作での無惨の言動を改めてみても、「禰豆子をどうしても鬼にしたい」という執着心は感じられません。

 

 

 

「食事をしたかったから?」について

「無惨は食事をしたくて竈門家を襲ったのでは?」とも思えますよね。

しかし、竈門家襲撃時の描写などをみると、食事をしているようにはどうしても見えません。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス22巻より

 

そもそも「人の住んでいるかどうかも分からない山奥」に食事をしにくることも考えづらいですよね。

とくに無惨クラスの鬼となれば食事はすぐに手に入りそうです。

 

「小腹が空いたから喰った」ということもあったかもしれませんが、竈門家を襲撃した理由にはちょっと弱いです。

ん~、では無惨は一体どんな理由があって竈門家を襲撃したのでしょうか?

 

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨が炭治郎の家族を襲撃した理由を考察!

繰り返しになりますが、鬼舞辻無惨の竈門家襲撃事件の理由についてははっきりと明かされていません。

改めて考えてみたところ、以下の理由が可能性としてありそうな気がしました。

 

・襲った理由はとくにない?
・青い彼岸花を自ら探すため?
・太陽(日光)を克服する鬼や上弦の鬼をつくるために襲った?

 

ということで、ここからは無惨が竈門家を襲った理由を考察していきます。

 

襲ったのは偶然?理由はとくにない?

上でも書いたとおり、

「日の呼吸撲滅運動」
「禰豆子のスカウト」
「つまみ食い(食事)」

という目的で炭治郎の家族を襲った可能性は低いです。

 

となると、竈門家を襲撃したのは高い確率で「偶然」ということもありえます。

襲った理由も「そこに家があったから」という単純なものだった可能性が高そう。

 

 

・炭治郎の耳飾りをみたときの反応
・家族を襲った際のセリフ

 

などを踏まえても、竈門家を狙い撃ちにしていることはやはり考えづらいです。

 

「竈門家襲撃が偶然」ということなら、そもそも他の理由があって山を登ってきたことになりますよね?

無惨はなんのために雲取山の山奥まで登ってきたのでしょうか?

 

青い彼岸花を探すため?

無惨が雲取山まで来た理由として1番有力なのが、「青い彼岸花の捜索」です。

公式で明言しているわけではないのであくまで推測の話ですが、無惨がわざわざ山奥にいる理由としてはもっとも考えられるものではないでしょうか。

 

 

実際の彼岸花の特徴として、

・「20~25℃の気温に花を咲かせる」
・「自生はせずに人の手が入った土手や墓地に咲く」

といった事実があり、あの雪深い季節に咲いている可能性はほぼほぼありません。

 

(とくに作中で描かれていた”青い彼岸花”は、さらに咲く条件が限られているため鬼の無惨が発見することは不可能でしたねw)

 

ただ無惨は青い彼岸花を1000年間もしつこく探しているイカれた鬼。

「もしかして冬に咲く花なのでは?」と当たりをつけて、雪山に探しにきた可能性も十分にあります。

 

上弦の参・猗窩座にも青い彼岸花を探させていたようですが、「なにかヒントがないか?」と自らも率先して捜索していたのかもしれません。

 

仮に無惨自身も必死に探していたと考えると、よほど太陽の下での生活を夢見ていたんでしょうね~。

そしてそのとき偶然に竈門家を発見し、襲撃に繋がった可能性は高そうです。

 

 

太陽(日光)を克服する鬼や上弦の鬼をつくるために襲った?

前述したように、山奥にきた理由が「青に彼岸花の捜索」だと仮定しても、なぜ竈門家は襲われなければいけなかったのでしょうか。

 

「偶然通りかかったところに家があったから全滅させた」ではあまりに理不尽ですよね…。

しかし原作漫画や公式ファンブックの情報などをみると、無惨なりの襲撃理由があったことが分かります。

 

その襲撃理由は「太陽(日光)を克服する鬼や上弦の鬼をつくるため」というもの。

単行本や公式ファンブックの情報によると、強い鬼を作るのはかなり困難なんだとか。

 

 

無惨は常々優秀な上弦の鬼を作りたがっていたようなので、騒ぎにならない場所では精力的に鬼化を図っていたのかもしれません。

そしてその行動が、「竈門家襲撃」ということに繋がった可能性は十分にありそうです。

 

 

竈門家の前を通りかかったのは偶然ではありますが、家族を襲った理由に、

・太陽を克服する鬼をつくる
・上弦の鬼のように強い鬼をつくる

という意図が無惨にあったとすれば、炭治郎の家族を襲った理由としては十分といえます。

 

ただ、その行動で後々自分が消滅するとは思ってもみなかったでしょうね。

そう考えると無惨がちょっとマヌケにも思えてきますw

 

 

 

【鬼滅の刃】無惨の竈門家襲撃事件の動機・理由まとめ

鬼舞辻無惨が竈門家を襲撃した理由は、

「日の呼吸の根絶」
「禰豆子を鬼にしたかったから」

といった意見も多いです。

 

しかし、作中の無惨のセリフや行動から考えると、

・青い彼岸花の捜索

・竈門家を偶然発見

・優秀な鬼の素材がいるかも?

・とりあえず襲撃すっか

という流れがかなり濃厚そうです。

 

襲撃したのは”いきあたりばったり”で、最初から竈門家を襲う気はなかったんでしょうね。

ただ鬼舞辻無惨は「強い鬼を作りたい」と常々考えており、それが結果として襲撃事件に発展した可能性が高そうです。

 

そういえば、無惨が竈門家にきたときに、炭治郎の父・炭十郎が生きていたらどうなっていたのでしょうか?

鬼滅ファンとしては、無惨様と炭十郎の闘いもみてみたかったです。

 

コメント