【鬼滅の刃】浅草の人はどうなった?旦那のその後について

炭治郎が鬼の始祖・鬼舞辻無惨に出会ったのが東京都の浅草。

その浅草で無惨は通りすがりの人を鬼にしていました。

エラいとばっちりを受けた可哀相な男性ですが、その人がその後どうなったのか気になりますよね?

ということで、今回は浅草で無惨が鬼にした人がその後どうなったのかについて書いていきます!

※原作漫画をベースに書いていますので、アニメ派の人はネタバレに注意してください!

【鬼滅の刃】浅草の人(男性)はどうなった?

鬼と鬼殺隊のいざこざに謎に巻き込まれて鬼にされた不幸な浅草の人。

鬼になると鬼殺隊の攻撃対象になるわけですが、

「この男性ってこのあとどうなったの?」と気になりますよね。

 

結論から言うと、この浅草の人は割と元気に生きているようで、その様子は単行本の描写でも確認できます。

では男性の様子について順を追ってみていきましょう!

関連:鬼殺隊が政府非公認なのはなぜ?警察や一般人は存在すら知らない?

 

自我を取り戻した

鬼化したばかりの頃は、狂犬のように荒れ狂っていた浅草の人。

正気を失い、今にも人襲いそうな状況の男性でしたが、

単行本の15巻では、奥さんともコミュニケーションを取れるほどに自我を取り戻したことが明らかになっています。

自我を取り戻せたのは、

どうやら「無惨の支配を受けていない禰豆子の血が関係している」とのこと。

ただ無惨の支配から抜け出せても人間には戻っておらず、この段階ではまだ鬼になったままのようですね^^;

 

そう言えば、炭治郎も鬼化した際に正気を欠いて禰豆子を噛んでいましたが、

もしかしたらその血が炭治郎を鬼化から救ったのかもしれません。

関連:炭治郎の鬼の素質ってなに?才能があった理由を考察!

関連:【鬼滅の刃】炭治郎の鬼化は無惨より強い?最強の鬼の王はどっち?

 

血鬼術を開花!最終戦にも参加?

自我を取り戻した浅草の人ですが、単行本15巻の登場以降は一切姿は描かれていません。

そんな状況で浅草の男性が元気だと判明したのは、単行本16巻に描かれた無惨との最終戦序盤でのこと。

”ボンバーマン産屋敷”のイカれた自爆に続き、無惨すら捉える強力な血鬼術が描かれていましたが、あれは浅草の人の力だったことが描かれています。

血を借りて珠世が発動させたのか、近くに潜んでいたのかは不明ですが、どちらにしても浅草の人が元気に生きている証拠と言えます。

 

珠世さんが愈史郎の血鬼術で姿を消しているところを見ると、おそらく近くまで来ていた可能性が高そう。

珠世さん同様に無惨の支配から外れているので、姿を隠せば無惨級の化け物でも気付かないようです。

ちなみに、個人的には「血鬼術は沢山の人間を喰わないと開花しない」との認識でした。(禰豆子は特別として)

最終選別の手鬼なんかは何十人も喰って異形の鬼止まりでしたし、

もしかしたら人を喰わない方が特殊で優れた血鬼術が操れたりするんでしょうか?

関連:【産屋敷耀哉】お館様は異常者の狂人?サイコパスで怖いと言われる理由!

関連:鬼滅の刃の手鬼は強い?血鬼術や能力についても

関連:【鬼滅の刃】最終選別がひどいし残酷?残った人数が少なすぎる理由

 

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨が消滅したけど旦那のその後は?

浅草の人はネットでは「浅草の旦那」とも言われているようですが、その旦那は上記の通り鬼として元気?に過ごしている模様。

 

しかしそれは上で書いた最終戦の序盤までの話で、その後は一切登場していません。

公式でも一切触れられていないので、「浅草の旦那のその後がどうなったのか」については正直不明。

 

ただ他のキャラの動向や作中の描写から、その後の消息として考えられるのは以下のようなもの。

  • 鬼化した旦那も無惨とともに消滅
  • 珠世の薬で人間に戻っている
  • 愈史郎のように不死身になっている

簡単ではありますが、これらのことをもう少し深堀りしてみていきます。

 

鬼化した旦那も無惨とともに消滅?

お館様が「無惨が消滅すれば他の鬼も消える」的な発言をしていましたよね。

もしかしたら、無惨の消滅と共に浅草の旦那も一緒に消滅した可能性もありそう。

 

いきなりショッキングではありますが、可能性としては結構ありえるんですよね^^;

産屋敷ボンバーの後に浅草の旦那が血鬼術を発動したってことは、

「その段階まで鬼だった」ってことですが、無惨が消滅する夜明けまでに人間に戻っていないと彼も例外なく消滅することになります。

関連:【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨が鬼を増やすのはなぜ?血を分ける理由を考察!

 

珠世の薬で人間に戻っている?

しかし、浅草の人が人間に戻っている可能性もなくはないんですよね。

というのも、珠世さんが鬼を人間に戻す薬を3つ作っており、その1つを使用している可能性があるからです。

作中で人間に戻す薬を使用した描写が描かれた人物は、

  • 鬼舞辻無惨
  • 禰豆子
  • 炭治郎

の3人。

そのうち炭治郎はしのぶさんが藤の花から作った薬を使用していることから、「珠世さんの薬が1つ余る計算」になります。

もしかしたら浅草の旦那は、この余った薬を使って人間に戻っていたのかもしれませんね。

 

無惨に血鬼術を使った後すぐに薬を服用すれば、禰豆子のように夜明け前までに鬼から人間に戻っている可能性は十分にありそうです。

関連:【鬼滅の刃】鬼は藤の花がなぜ苦手?嫌い・弱点の理由を考察!

 

愈史郎(ゆしろう)のように不死身になっている?

愈史郎や猫の茶々丸のように、

「不死身の鬼として生き続けている」ということも可能性としては考えられます。

先程「無惨が消滅したら他の鬼も消滅する」と書きましたが、

これについては「無惨細胞の支配から抜けると無惨が消滅しても影響がない」という設定があることが条件になります。

そんな設定があるかは不明なので半分妄想の話ですが、「無惨の呪いを外すと消滅の影響も受けなくる」と考えると面白いですよね。

 

ただ浅草の旦那さんが、奥さんを残して生き続けるというのはちょっと考えづらい気もしますよね。

そうするとやはり上に書いた、消滅or人間に戻ったというのが可能性としては高いのかもしれません。

関連:【鬼滅の刃】鬼に寿命はある?不老不死や老化の設定について

関連:愈史郎(ゆしろう)が画家になった理由は?瑠璃の花と珠世の絵の意味も

【鬼滅の刃】浅草で鬼にされた人のその後についてのまとめ

浅草で鬼にされた人のその後ですが、

無事に自我を取り戻し、無惨との最終戦にまで参加しているので、鬼になっても割と元気に生きていたことが分かります。

しかし更にその後の最終回までは一切登場していないので消息は正直不明^^;

 

考える可能性としては、

  • 鬼化した旦那も無惨とともに消滅
  • 珠世の薬で人間に戻っている
  • 愈史郎のように不死身になっている

というものがあり、正直どれもありえそう・・・。

 

ただ薬の数やハッピーエンドの最終回を考えると、「珠世の薬で人間に戻っっている」というのが1番しっくりきますよね。

 

ちなみに上でも少し触れましたが、この浅草の人は無惨をも抑え込む「強力な血鬼術を覚醒」しました。

無惨がまともに血を与えていれば、十二鬼月になる器だったのかもしれません^^;

関連:【鬼滅の刃】浅草の人の血鬼術が強すぎる?旦那が上弦並に強い理由を考察!

関連:【鬼滅の刃】伏線が未回収で謎のまま?最終回まで回収されなかったこと一覧まとめ

関連:【鬼滅の刃】最終回(205話)がひどい?駄作でつまらない・オチが最悪と言われる理由

コメント