【鬼滅の刃】黒死牟の目の数が6つで多いのはなぜ?縁壱との関係が理由?

上弦の壱・黒死牟の顔には6つの目があります。

鬼といえば姿かたちを変える『異形の鬼』という種類の鬼がいますが、黒死牟も目の数に関しては異形の鬼なのかもしれません。

かなり異様な目の数ですが、そもそもなぜこんなに多いのでしょうか?

今回は上弦の壱・黒死牟の目の数が6つの理由について書いていきます!

 


【鬼滅の刃】黒死牟の目の数が6つで多いのはなぜ?

無限城で上弦の鬼が集まった際に、黒死牟の目の数は6つであることが初めて明かされました。

原作漫画の12巻でようやく初登場でしたが、

修羅と言われる猗窩座を黙らすその眼力に、読者のみなさんもかなりビビったのではないでしょうか^^;

左右3つずつで合計6つの目があるわけですが、控えめに言ってもキモさや怖さといった感情が芽生えます。

 

鬼は基本的に人間に近い姿をしていますが、

中には手を多数生やしたりするような形態変化をする鬼がいて、作中では『異形の鬼』なんて呼ばれかたをしています。

 

公式で明確になっているわけではありませんが、

鬼の形態変化や能力は人間時代の願望が具現化していることが多く、最終戦別の「手鬼」の姿なんかがいい例ですね。

 

それを踏まえると、黒死牟の目が6つで多いのも、人間時代の何らかの願望が具現化した可能性は非常に高そう

では一体黒死牟にはどのような願望があったのでしょうか?

関連:鬼滅の刃の手鬼は強い?血鬼術や能力についても

関連:【鬼滅の刃】手鬼はなぜ放置されている?セリフから理由を考察!

関連:【鬼滅の刃】異能の鬼(いのうのおに)ってなに?異形の鬼との違いも

 

【鬼滅の刃】目が多いのは縁壱との関係が理由?

黒死牟の目が多いのは、「弟・縁壱との関係」に理由や原因があるのではないかと個人的には思っています。

ご存知の通り、縁壱さんは「始まりの呼吸の剣士」で、鬼滅の刃の作中でも最強中の最強。

刀鍛冶の里で登場したカラクリ人形『縁壱零式』は、彼の動きを再現するために腕が6本必要なほどに化け物級の動きをしていたようです。

 

ということは、最低でも腕6本分の動き見切る能力を備えていないと縁壱さんとはまともに闘えません。

それを踏まえると、縁壱さんの動きを見切るためには「腕6本分の動きを把握するほどの目が必要」ということになりますよね?

 

そして黒死牟は長らく縁壱さんに嫉妬をしていましたが、

「縁壱さんの力を上回りたい!」という強い願望が、黒死牟の目を増やした理由になっている可能性は高そう。

また嫉妬といえば、黒死牟は縁壱の「透き通る世界」を見れる目にも嫉妬をしていました。

とくに「縁壱には母親の病気が見えていた」と知ったときは憎悪を爆発させていましたね^^;

もしかすると黒死牟は、自分も透き通る世界を見たいがために目に執着し、その願望が鬼化したあと目にあらわれたのかもしれません。

ここへんについては作中やファンブックでも深堀りされたいないので、今後アニメや外伝的な感じで描かれることに期待したいところです。

関連:縁壱零式(よりいちぜろしき)の刀は誰の?中身に黒刀を隠した理由を考察!

関連:【鬼滅の刃】ファンブックのお得な購入方法!売り切れでも電子書籍なら読める?

関連:【鬼滅の刃】ファンブック電子書籍を購入するメリットや注意点は?内容やレビュー感想についても

 

【鬼滅の刃】黒死牟の目の6つで多い理由まとめ

黒死牟の目が多い理由は作中でも深堀りされていません。

しかし、弟・縁壱への幼少期から続く嫉妬の描写を見ていると、

「縁壱の動きや強さを見切りたい」、「彼のような全てが見える目がほしい」という想いが強い願望が目に反映された可能性は高そう。

 

原作漫画の20巻では6つの目があってもあっさりやられていましたが、この目の多さが上弦最強の地位を確立させた1つの要因になっているのは想像に難しくありませんね。

未回収の伏線とともに、鬼のことについてもアニメや外伝で深堀りしてくれればファンとしては嬉しいところです^^

関連:【鬼滅の刃】漫画を実質無料で読む方法!U-NEXTでアニメの続きや最新巻も見れる?

関連:【鬼滅の刃】伏線が未回収で謎のまま?最終回まで回収されなかったこと一覧まとめ


コメント