【鬼滅の刃】異能の鬼(いのうのおに)ってなに?異形の鬼との違いも

アニメ版・鬼滅の刃の序盤で元柱の鱗滝左近次が、

「異形の鬼がどうだ・・・」とか「異能の鬼がどうだ・・・」とか言っているシーンがあります。

似たような言葉なので、鱗滝左近次が何を言っているのか正直分かりませんよね^^;

言ってしまえば、鱗滝さんの滑舌の問題で「いのうの鬼」だか「いのおの鬼」だかすらわかりませんw(僕もそうだったので)

結局は「いのうの鬼」なんですが、アニメから鬼滅の刃を見た人にとっては「いのうってなに?」って感じだと思います。

そこで今回は異能の鬼と異形の鬼の意味や違いなどについて書いていきます!

 

【鬼滅の刃】異能の鬼(いのうのおに)とはなに?

まずは「異能の鬼」から見ていきましょう! 鱗滝左近次は異能の鬼のことを「厄介な存在」的な感じで炭治郎に話していました。

そんな異能の鬼とは一体どのような鬼のことを指しているのでしょうか?

 

異能の鬼の意味は?

異能の鬼とは、普通の鬼が持たない超人的な能力を持った鬼を指しています。

”異能”という字の意味を調べてみると、

「人よりすぐれた才能。一風変わった独特な能力。異才。」

「他の人と異なる独特な能力や才能。」

と出てきますから、まさに読んで字の如しって感じですね。

この”異能”という字は、実は鬼だけではなく実際の人間にも使われることもあるそうで、 超能力や憑依能力、予知能力といった人知を超えた特殊能力を持つ人を表すときに使用するのだとか。

人間の場合は「異能の人」や「異能者」なんて言い回しをするみたいです。

冒頭でも少し触れたように、アニメで急に「いのうの鬼が・・・」なんて言われてもなんのこっちゃって話ですが、こうやって文字にして見ると意味も分かってきますね!

 

異能の鬼は血鬼術を使う!

上述したように、「人知を超えた特殊能力」を持った鬼を”異能の鬼”と表しています。

異能の鬼が使う”人知を超えた特殊能力”は「血鬼術」と呼ばれ、使う鬼の過去や性格などに関連して様々な効果を発揮します。

鱗滝左近次は炭治郎に対し、 「その者達との戦いはこれまで以上に困難を極める」 と言っていました。

鬼によって特殊能力の種類も攻撃力の強さも全然違うため、異能の対処が難しいと言われているのでしょう。

 

【鬼滅の刃】異形(いぎょう)の鬼とはなに?

では今度は「異形の鬼」について見ていきます。

異形の鬼という表現に関しては作中でも序盤しか出てきませんが、異形の鬼自体は度々登場しています。

序盤で言うと、最終選抜に登場した手鬼なんかがわかりやすいと思います。(緑色のデカい鬼です)

そんな異形の鬼については早速見ていきましょう!

 

異形の鬼(いぎょうのおに)の意味は?

異形の鬼とは体の形が大きく変わった鬼のことを指しています。

鬼は元々人間だったので、人間と変わりない容姿をしている鬼が多いのです。

むしろイケメンやかわいい鬼が多いような・・・?

しかし異形の鬼はもはや人間とはかけ離れた姿になっており、見た目からして人間ではないと判断できます。

「異形」という言葉の意味も、

「普通と違った怪しい姿・かたち」「通常とは形が異なっているさま」

などなので、こちらも読んで字の如しですね。

異形は「いけい」とも「いぎょう」とも読めますが、怪しい姿を表すときには「異形(いぎょう)」の方を使うそうです。

ちなみに異形の鬼の姿は異能の鬼の血鬼術と同じように、人間だった頃の過去の記憶や性格などが表面に出ていることが多い気がします。

手鬼に関しては「手をつないでほしい」というのが全面に出ていますから非常にわかりやすいです。

人間だった頃の過去が姿形に反映されるなんて、いくら鬼でもかなり切ないですよね^^;

関連:鬼滅の刃の鬼がイケメンでかっこいい!見た目人気ランキング

関連:【鬼滅の刃】手鬼はなぜ放置されている?セリフから理由を考察!

 

異形の鬼は血鬼術を使わない?

異形の鬼は普通の鬼とは姿が異りますが、異能の鬼のような血鬼術は使わないようです。

手鬼の手を伸ばす能力も一見血鬼術のように見えますが、あれは肉体の変化のみなので血鬼術には入らないようです。

ファンブックでも「手鬼=異形の鬼」と紹介されているので、手鬼が使った肉体変化は”術”とは言わないんでしょう。

 

ただし、異形の鬼が全く血鬼術を使わないか?と言うと実はそうでもありません。

鬼舞辻無惨の直属の配下である鬼の中には、異形で血鬼術を使う鬼が存在しますので、異形の鬼と異能の鬼は全くの別物でもないです。

関連:【鬼滅の刃】漫画を実質無料で読む方法!U-NEXTでアニメの続きや最新巻も見れる?

関連:【鬼滅の刃】ファンブック電子書籍を購入するメリットや注意点は?内容やレビュー感想についても

関連:【鬼滅の刃】ファンブックのお得な購入方法!売り切れでも電子書籍なら読める?

 

【鬼滅の刃】異能の鬼と異形の鬼の違いは強さ?

「異能の鬼」と「異形の鬼」は字や呼び方が似ています。

意味も上述した通り違うのですが、一番の違いはなんと言っても”強さ”の違いです。

どちらが強いかというと、鱗滝左近次も言っていたように異能の鬼のほうが圧倒的に強いです。

公式でどっちが強いなどと比較されたことはありませんが、作中の描写や後半の強い鬼に異形が少ないのがそれを裏付けています。

鱗滝さんの「その者達との戦いはこれまで以上に困難を極める」という言葉をとってみても異能の鬼のほうが強いのが分かります。

強さの順でいうと、

「(弱い)普通の鬼→異形の鬼→異能の鬼(強い) 」といったところでしょうか。

ただ先ほど上で少し触れた通り、異形の鬼でも血鬼術を使う鬼もいますので、一概に異形の鬼が弱いとも言えません。

異形の鬼は「あくまで人間の時代の意識が鬼の肉体に反映したもの」と考えられていますから、単純に「異形の鬼=血鬼術が使えない」わけではないということです。

人を沢山喰えば異形の鬼でも血鬼術を使うことが出来るようになり、強さは上がっていくということですね。

もしかして最終選別の手鬼も、もう少し人を喰っていれば血鬼術を使うようになれたかもしれません。

仮に最終選別の手鬼が血鬼術を使っていたら、さすがの炭治郎でも負けてしたかもしれませんね^^;

関連:【鬼滅の刃】最終選別がひどいし残酷?残った人数が少なすぎる理由

関連:【鬼滅の刃】手鬼は強い?血鬼術についても調査!

関連:【鬼滅の刃】錆兎(さびと)は手鬼になぜ負けた?刀の摩耗が理由?

 

【鬼滅の刃】異能の鬼(いのうのおに)・異形の鬼の意味や違いまとめ

異能の鬼は「”血鬼術”という特殊能力を使う」ことができ、異形の鬼はもはや「人間の姿とかけ離れた姿をした鬼」です。

血鬼術を使う異能の鬼は、普通の鬼や異形の鬼よりも強いのが大きな違いです。

ただ、異形の鬼でも人を沢山喰えば血鬼術を使えるようになりますので、強くなる仕組み自体はどちらの鬼も同じのようです。

その他の鬼滅の刃人気記事はコチラ!

>>>【鬼滅の刃】漫画を実質無料で読む方法!U-NEXTでアニメの続きや最新巻も見れる?

>>>【鬼滅の刃】映画中止はデマでガセネタ?公式情報やアニメの続き(2期)についても

>>>鬼滅の刃のアニメはグロいし気持ち悪い?キモイ・怖いシーンの評判について

>>>【鬼滅の刃】アニメと漫画の差を比較!原作の絵が下手でひどいと噂?

>>>鬼滅の刃の鬼が切ないし泣ける!元人間の悲しい過去シーンランキング

>>>鬼滅の刃のアニメで泣けるシーンは何話?感動する名場面を人気順にまとめ!

>>>鬼滅の刃のアニメ動画を全話無料視聴する方法!pandoraで高画質で見れる?

コメント