獪岳(かいがく)は岩柱悲鳴嶼の寺にいた子供?鬼に家族を襲わせた理由も解説

岩柱の悲鳴嶼行冥は子供に対して不信感を抱いています。

理由は岩柱本人が「過去に住んでした寺で子供に嘘をつかれて裏切られたから」と語っています。

実は岩柱を裏切った子供の1人に善逸の兄弟子の獪岳らしき人物が写っています。

寺で笑って食事をする描写などがありますが、はたして本当に獪岳なんでしょうか?

今回は獪岳は岩柱の寺にいた子供かどうかについて書いていきます!

 

【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)は岩柱・悲鳴嶼(ひめじま)の寺にいた子供!

結論から言うと、”獪岳は岩柱・悲鳴嶼(ひめじま)の寺にいた子供”です。

しかも、寺に鬼を招き入れて寺の子供をほとんど全滅させ、岩柱のトラウマを作った張本人です。

岩柱の過去の描写から「鬼を招き入れた子供って獪岳?」と噂されていましたが、それが紛れもない事実だったようです。

その証拠は以下のことから分かります。

 

獪岳と寺の子供の首飾りが同じ

獪岳は勾玉(まがだま)のような首飾りをしています。

そして岩柱の過去の記憶に出てきた子供も同じ首飾りをしています。

 

 

この勾玉のような首飾りをしているのは、登場人物の中で”獪岳とその子供の2人だけ”です。

ついでにいうと”髪型や羽織っている服装も両者一緒”なのが分かります。

ここまで共通点が多いと別人と言う方が難しいですよね。

 

獪岳と岩柱・悲鳴嶼(ひめじま)の過去に出てくる子供が一緒

獪岳と岩柱がそれぞれ過去を回想するときに同じ子供が登場します。

岩柱の回想では顔が映っており、獪岳の回想に登場する子供は顔が真っ白です。

しかし、両者の回想に登場する子供を見比べると髪型や着物の柄が一緒です。

 

 

このことから見ても、獪岳と岩柱は同じような思い出を持っているのが分かります。

獪岳はお金を盗んだことを子供たちに罵られたこともあり、子供たちの顔はあまり思い出したくないのかもしれません。

 

獪岳が岩柱の寺にいたことを公式でも認めている

上に書いたものも獪岳と寺の子供を結びつける証拠になりますが、さらに確実な証拠があります。

それは鬼滅の刃の公式で「獪岳は岩柱の寺にいた子供だった」と認めていたんです。

 

 

ちなみに”この情報は単行本のみに書いてあるもの”のようで、あまり出回っていな情報のようですね。

この文には「お金を盗んだ獪岳が寺の子供たち責められ、寺を追い出された」と書いてあります。

岩柱は炭治郎に「言いつけを守らず日が暮れても寺に戻らなかった」と言っていましたので、事実とは少し違う形で岩柱は過去を記憶しているようです。

 

【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)が鬼に寺の家族を襲わせた理由は?

岩柱いわく、「獪岳は寺の者たちを鬼に売った」と言われています。

しかし上で少し触れたように岩柱の誤解が多少なりとも混じっているので、本当の真実は闇の中です。

ここでは、「獪岳がなぜ鬼に寺の家族たちを売って襲わせたのか?」について考えてみました。

 

獪岳は自分の命が惜しくて裏切った

まずは岩柱が言うように、単純に”自分の命が惜しくて裏切った”という考えです。

獪岳は常に自分ファーストの部分がありますから、自分が助かるために家族を売ったというのはとてもしっくりきます。

ただ子供だった獪岳なりに自分の生存方法を精一杯考えた結果で、とても人間臭い行動でもあります。

 

 

この状況で「”自分だけ犠牲になる”という選択肢をどれだけの人ができるのか?」

と考えると「獪岳は家族を売った最低な奴」と単純に片付けることはできません。

 

獪岳は寺の子供に仕返しをしたかったから

獪岳は寺のお金を盗んだことで他の子供に寺を追い出されてしまいました。

なぜ寺のお金を盗んだかは謎のままですが、獪岳的に何か理由があったのだと思います。

しかし、それを寄ってたかって非難され追い出されたものですから、獪岳は”寺の子供達に一時的に憎しみや怒りを抱いていた”とも考えられます。

寺の子供に怒りを抱いていたときにたまたま鬼と遭遇してしまい、”仕返しの意味も込めて家族を売った”または、追い出されたときにたまたま鬼が表れたので”自分が売られたと思った”可能性もあります。

 

 

それに絶望した獪岳が寺の家族を売ったと考えると、人間臭い獪岳の性格がより鮮明になってきますよね。

しかも獪岳が抱いた憎しみや怒りは一時的なもので、その惨劇があった後に後悔の念から鬼殺隊に入隊した」という流れも獪岳なら有り得そうです。

 

獪岳は寺の家族が命まで奪われるとは思っていなかった

そもそも寺の子供は鬼を見たことがないので、”獪岳が鬼の恐ろしさを分かっていなかった”とも考えられます。

鬼が本当に怖い存在だとわかっていれば、流石に寺の子供たちも獪岳は追い出していないと思われます。

獪岳を含む寺の子供たち全員が鬼の存在をナメていたのではないでしょうか?

で、寺の子供を脅かそうと思い鬼を寺に誘導したけど、結果的に取り返しのつかない状況になってしまったと考えることもできます。

ただ獪岳の人間性をみると、怯えや恐怖、怒りや憎しみといった感情で行動していることが多いので、上述したものよりは可能性は低そうですが・・・。

 

岩柱・悲鳴嶼(ひめじま)に化けた鬼が獪岳に藤の香を消すように指示した?

これは完璧な妄想ですが、獪岳を襲った鬼が”血鬼術を使って岩柱に化けていたのでは?”とも考えました。

その鬼が「寺の藤の香を消してくれ」的なことを言って獪岳は藤の香を消してしまった。

で、それが結果的に”獪岳が家族を売った形になってしまった”と1人で妄想していましたw

可能性的には低いですが、色々な異能の鬼がいますから実際この可能性もゼロではない気がしますがどうでしょうか?

関連:【鬼滅の刃】鬼は藤の花がなぜ苦手?嫌い・弱点の理由を考察

 

獪岳(かいがく)は岩柱・悲鳴嶼(ひめじま)の寺にいた子供?についてのまとめ

獪岳(かいがく)は岩柱の寺にいた子供でした。

獪岳は寺にいた子供たちに追い出されていますので、「言いつけを守らなかった」と言っている岩柱は多少誤解している部分がありそうです。

獪岳が寺にいる家族を裏切った理由は色々考えられますが、人間臭い性格の獪岳を踏まえると、 ”鬼への恐怖””寺の子供たちへの仕返し”などが濃厚です。

そこらへんの情報は詳しく書かれていないので、何かの機会に書かれることを期待したいところですね!

関連:【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)は上弦の陸になぜなれた?鬼になった理由も考察

 

 

コメント