下弦の鬼が解体された理由がかわいそう?パワハラ会議の真相考察!

鬼滅の刃に登場する下弦の鬼の殆どが鬼舞辻無惨の手によって消されてしまいました。

鬼舞辻無惨の手によって組織されたのに、鬼舞辻無惨の気分によって消された感がとてもかわいそうでした^^;

とくに何か失態を犯していなさそうでしたが、なぜ下弦の鬼は解体されたのでしょうか?

今回は下弦の鬼が解体された理由やパワハラ会議について書いていきます!

 

【鬼滅の刃】下弦の鬼が解体された理由がかわいそう!

鬼舞辻無惨によって急に招集された下弦の鬼たち。

わけも分からず招集されたついでにそのまま解体され、殆どの鬼が鬼舞辻無惨の手によって消されてしまいました。

鬼舞辻無惨のために動いていたのに、急に招集されてほぼ全滅って相当ヤバいですよね^^;

下弦の壱を除いてあっという間に解体された下弦の鬼ですが、その解体される理由があまりにも酷すぎと感じてしまいました。

では改めて下弦の鬼が消された理由を見ていきましょう。

 

下弦の鬼は弱いからと消される

下弦の鬼が消されたのは彼らが「弱いから」という理由でした。

下弦の鬼は頻繁にメンツが入れ替わるようで、頻繁に鬼狩りに倒されていたようです。

 

一方の上弦の鬼は100年以上メンツが変わっていないようですし、

柱を倒しているのも上弦の鬼だったことから「下弦の鬼は弱い」というレッテルを貼られて消されてしまいました。

変態的な強さを持つ上弦の鬼と比べたら弱いのは間違いないですが、下弦の伍の累クラスの強さなら普通の鬼狩りなら楽に勝てるはずです。

 

上弦の鬼が強すぎるために下弦の鬼の活躍が薄れてしまったとも感じられますが、まさかそのまま解体されるとは・・・。

招集されて早々に「なにゆえ下弦の鬼は弱いのか?」というパワハラ発言が、下弦の鬼の解体ショーの始まりとなってしまいました。

 

下弦の陸・釜鵺(かまぬえ):心を勝手に読まれて消される

下弦の陸である釜鵺は招集されて無惨に最初に消された鬼です。

恐らく響凱の後釜に下弦の陸となった鬼ですね。

 

 

彼は無惨の「なにゆえ下弦の鬼は弱いのか?」という問に心で反抗してしまったために消されました。

「そんなこと俺たちに言われても」というごもっともな思考ではありますが、向上心が欠けていたことが問題だったようです。

無惨は基本的に向上心がある鬼を好みますから、原因を自分に求めない姿が仇となりました。

でも勝手に質問して心の中を勝手に読んで、有無を言わさず処刑された可哀想な鬼です。

 

下弦の肆・零余子(むかご):鬼舞辻無惨の言葉を否定的で消される

下弦の肆を務める零余子は、鬼舞辻無惨に「お前は柱と遭遇したら逃げようと考えている」と言われ、それを否定したところ消されました。

上述したように無惨は鬼たちの考えがお見通しのようで、柱への恐れを隠すために強がったために消された感があります。

 

 

でも流石に「はい、柱が怖いので逃げようとしています!」なんて言えませんからね~。

上弦の鬼のようによほど肝が座っていなければ、多くの鬼が零余子のような回答をしてしまうと思います。

 

しかし、それが無惨には「自分の考えの否定」と受けとられてしまい消される羽目に・・・。

鬼舞辻無惨は女性の鬼でも容赦なしです。

関連:鬼舞辻無惨が擬態で変装する理由は?女性や子供に変身する意味についても

 

下弦の参・病葉(わくらば):逃げて消される

下弦の参の病葉は無惨のハラスメントに耐えかねて逃亡を図った鬼です。

心が読まれる、何を喋っても消される、戦っても勝てる見込みがない、とにかく生き残りたい、

そんな思いからの逃亡でしょう。

病葉も言っていましたが否定も肯定もダメな相手からは逃げるしかないです。

素早い身のこなしで逃げますが、気付くと無惨によって首を切られていました。

 

 

顔色ひとつ変えずに処刑したことから、無惨から逃げた時点で有無を言わさず消す存在になってしまったようです。

でも誰でも逃げたくなりますよね、こんな状況。

 

下弦の弐・轆轤 (ろくろ):無計画に無惨の血を欲して消される

下弦の弐の轆轤は「自分は無惨の血を貰えれば役にたてる」的なことを言って無惨の逆鱗に触れた鬼です。

生き延びたいがための”無計画な言動””無惨の血に頼ってパワーアップしようとした態度”が処刑の決定打になったようです。

 

 

向上心がある鬼を好む傾向がある無惨にしたら、轆轤の思考は虫酸が走るものだったみたいです。

アニメを見て思いましたが、1番無惨をキレさせてネチネチ言われていることが分かります。

しかし、手っ取り早く強くなるとしたら無惨の血によるドーピングですから、轆轤の考えも間違いではない気がしますが・・・。

 

【鬼滅の刃】下弦の鬼・パワハラ会議の真相を考察

上述した通り、下弦の鬼たちは処刑されるほどのことをしたわけではありません。

 

 

頭のネジがぶっ飛んでる下弦の壱は別として、それほどおかしいことも言っていません。

否定しても、肯定しても、逃げても、解決策を提案しても、結局処刑されるパワハラ会議の真意を考えてみました。

 

下弦の鬼をパワハラ会議に招集したのは最初から解体するため

下弦の鬼を無限城に招集したのは”最初から下弦の鬼を解体するため”だったと考えられます。

無惨の発言にもあるように、以前からパッとした功績をあげられない”下弦の鬼たちに嫌気がさしていた”ようです。

 

 

努力し続けて上弦まで上り詰めるなら良いですが、多くの鬼たちは十二鬼月に入りした時点で慢心してしまうのかもしれません。

そんな向上心がない鬼を生かしていてもメリットがないですから、無惨は解体どころか処刑を前提に招集したのでしょう。

 

下弦の鬼を解体する理由は何でも良かった?

処刑を前提に招集しているのですから個々人を消していく理由は何でもよかったことが想像出来ます。

否定しても、肯定しても、逃げても、解決策を提案しても処刑されていますから、下弦の鬼がどんな対応をしても消していた気がします。

ちなみに、下弦の参のように「もっともっと上にいきたい」という描写がある鬼もいます。

向上心があっても消されるということは、どんな理由があっても消す腹だったことが分かります。

ただ、下弦の壱の魘夢(えんむ)だけはヤバすぎる思考の持ち主だったため生かされました。

上弦の鬼になればなるほどイカれた思考の傾向があるので、ぶっ飛んだ思考の魘夢は素質を認められたと言えそうです。

関連:下弦の壱・魘夢(えんむ)の性別は女と男どっち?アニメのセリフや声で考察

 

鬼舞辻無惨のお気に入りの下弦の伍・累が倒されたから?

パワハラ会議で下弦の鬼を解体したのは存在意義が分からなくなったほかに、下弦の伍である累が倒されたからとも噂されています。

実は累は鬼舞辻無惨のお気に入りと言われており、劇中でも何度かそれを思わせる描写がありました。

そんなお気に入りの累が柱に倒されたことによって、いよいよ下弦の鬼の存在意義がなくなったのかもしれません。

 

 

下弦の伍の累が生きていれば下弦の鬼は解体されていなかった可能性も十分に考えられますね。

 

下弦の鬼の解体は無惨の八つ当たり?

上に書いたことをさらに深く妄想していくと、このパワハラ会議は累が倒された”八つ当たり”なのではないでしょうか?

 

散々上でも書きましたが、下弦の鬼が解体される大きな理由もないし、個人の鬼それぞれが処刑される程の対応を無惨にしているわけでもありません。

累が倒されて間もない時間の経過でパワハラ会議が開かれていますから、無惨の八つ当たり説もかなり真相に近いものだと考えられます。

 

【鬼滅の刃】下弦の鬼が解体された理由やパワハラ会議の真相まとめ

下弦の鬼が解体されたのは「下弦の鬼の存在意義がわからなくなった」からのようです。

下弦の鬼たちが命までも奪われた理由が無茶苦茶なものばかりなので、最初から解体する腹だったんでしょう。

また、このパワハラ会議はお気に入りである下弦の伍・累が倒されてすぐのことです。

お気に入りがいなくなったことの八つ当たりという可能性もありそうです。

そう言えば上弦の参の猗窩座にもあたりが強くて、猗窩座にあだ名がついていましたよねw

猗窩座のあだ名については別記事でまとめていますので、ぜひそちらもチェックしてみてください^^

関連:猗窩座は中間管理職の社畜?あだ名の由来や意味や理由について

関連:【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨は無能?頭が悪いと言われる理由

関連:鬼舞辻無惨が擬態で変装する理由は?女性や子供に変身する意味についても

その他の鬼滅の刃人気記事はコチラ!

>>>煉獄杏寿郎の柱での強さは何番目の順位?戦闘シーンやセリフから考察

>>>【鬼滅の刃】善良な医者はラスボス?黒幕と言われる理由

>>>炭十郎は病弱なのに子沢山?子供の数と子作りに励んだ理由を考察!

>>>鬼滅の刃の鬼がイケメンでかっこいい!見た目人気ランキング

>>>【鬼滅の刃】鬼の名前の由来と意味は?読み方と一緒に考察!

>>>鬼滅の刃の鬼が切ないし泣ける!元人間の悲しい過去シーンランキング

>>>鬼滅の刃のアニメで泣けるシーンは何話?感動する名場面を人気順にまとめ!

>>>鬼滅の刃のアニメ動画を全話無料視聴する方法!pandoraで高画質で見れる?

 

 

 

コメント