【鬼滅の刃】下弦の伍・累は弱い?本当の強さは上弦の鬼並だった?

鬼滅の刃に登場する下弦の伍・累は、水柱の冨岡義勇に斬られています。

割と呆気なく頸を斬られた姿をみて、「累って弱いの?」と思った人も多いはず。

そこでこの記事では、下弦の伍・累の強さについて書いていきます!

【鬼滅の刃】下弦の伍・累は弱い?

下弦の伍・累は、炭治郎との戦闘では圧倒的な強さを見せていました。

しかし一方で、冨岡義勇との戦闘では文字通り瞬殺されており、「累って強そうにみえて実は弱いの?」と思ってしまいます。

累の強さについては色々と考察されていましたが、「公式ファンブック・弐」の発売によって、彼の真の実力が明らかになりました。

結論からお伝えすると、下弦の伍・累はかなり強い鬼でした。

とはいえ、義勇さんに瞬殺されていますから、あまり強いイメージが浮かびませんよね。

累の真の実力とは一体どれほどのものだったのでしょうか?

 

実力は下弦の壱や弐に匹敵する強さ!

公式ファンブックによれば、下弦の伍・累の実力は「下弦の壱や弐に匹敵するほどの強さ」だったとのこと。

「下弦の伍」という”位”だけで考えれば、十二鬼月の中でもほぼビリ。

しかし実力や能力の高さでは、累の強さは下弦の鬼の中ではトップクラスだったんですね!(かなり驚きです!)

 

「累は無惨のお気に入り」ということは作中でも言われていましたが、鬼としての実力が高かったことも、気に入られていたポイントのようです。

関連:【鬼滅の刃】累は鬼舞辻無惨のお気に入り?過去や家族から理由を考察!

 

下弦の伍だったのは『入れ替わりの血戦』をしなかったから

累が下弦の鬼の中でもトップクラスの強さがあるなら、上の鬼に「入れ替わりの血戦」を挑んで、もっと上へ出世できたはず。

「なぜ出世をしなかったの?」と疑問に思うところですが、それについても新しいファンブックで明言されていました。

累が『下弦の伍』に甘んじていた理由は、ずばり「数字(位)にこだわっていなかったから」

累としては、鬼としての出世よりも「本物の家族の繋がり」を探すことが、優先順位としては上だったのでしょうね。

 

【鬼滅の刃】下弦の伍・累の本当の強さは上弦の鬼並だった?

累が下弦の鬼の中でも強いことが分かりました。

しかし、真の実力で言えば、上弦の鬼に迫るものだった可能性がありそう。

というのも、無惨が「累は柱を倒せると考えていたから」です。

ただ、下弦の鬼は弱い!と、言っていた無惨が、「累は柱に勝てる」という矛盾する考えを持っていたのでしょうか?

関連:下弦の鬼が解体された理由がかわいそう?パワハラ会議の真相考察!

 

家族に与えた血鬼術を集めれば柱といい勝負?

無惨が「累が柱を倒せる」と考えていたのは、累が家族に分けた能力と関係がありました。

累は家族に自らの血鬼術を分け与えることで、家族としての絆を構築しています。

一見すると、強い部下を増やしているようですが、その行為は累の強さを分散することに繋がっていると公式で明言されていたんです。

累が家族に分けた血鬼術や能力は、ざっと思い返しても結構ありますよね。

・父蜘蛛の能力→身体の強化
・父蜘蛛の能力→脱皮してのさらなる強化
・母蜘蛛の能力→糸を使った遠隔攻撃
・姉蜘蛛の能力→溶ける液を出す繭玉(まゆだま)の生成
・兄蜘蛛の能力→鼻がおかしくなるほどの刺激臭
・兄蜘蛛の能力→人間を蜘蛛にする毒
・兄蜘蛛の能力→斑毒痰(ふどくたん)

これらの能力が全て累に戻ったとしたら、確かにかなりの強さになりそう。

結果として、力を分散したまま義勇さんと戦いましたが、全ての能力を回収していたら、かなりいい勝負になっていたかもしれません。

関連:那田蜘蛛山(なたぐもやま)が臭いのはなぜ?異臭の理由は兄蜘蛛?

 

さらに強くなった可能性もある?

また、公式ファンブックによれば、全ての力を回収した累が「さらに強く変化できた可能性があった」とのこと。

確かに弱かった鬼が鬼殺隊とまともに戦えるくらい強くなれるのですから、その力が累のみに集中すれば恐ろしくパワーアップできるはず。

残念ながら作中では義勇さんに瞬殺された累ですが、全てを取り戻した姿であれば、ワンチャン勝てた可能性も本当にありそうですね!

 

【鬼滅の刃】下弦の伍・累の強さについてのまとめ

下弦の伍・累は、義勇さんに瞬殺されたため弱そうに感じます。

しかし、「実力は下弦の壱や弐に匹敵するほど強い」ということが、公式ファンブックで明言されました。

下弦の中でも上位の強さであれば、むしろかなり強い部類の鬼になります。

 

さらに、累は家族に分け与えた能力や血鬼術を回収すれば、さらなる強さを手にできた可能性もあるのだとか。

真の力を手にしていたなら、義勇さんともいい勝負をしたかもしれません。

仮に柱を倒せるほどの強さが累にあるとするならば、「上弦の鬼に近い強さがある」とも言えますね!

コメント