【鬼滅の刃】入れ替わりの血戦の決着方法は?その後はどうなる?

鬼滅の刃に登場する十二鬼月たちには、『入れ替わりの血戦』という制度が用意されています。

『入れ替わりの血戦』とは、位の低い鬼が上位の鬼に戦いを挑み、勝利すると昇格できるシステム。

簡単に言えば、「下剋上」ですよね。

十二鬼月たちはこのシステムを使って、さらに高い位を目指すわけですが、気になるのがその血戦の決着方法。

そこでこの記事では、『入れ替わりの血戦』の決着方法やその後について書いていきます!

【鬼滅の刃】入れ替わりの血戦の決着方法は?

皆さんご存知の通り、鬼は再生し続ける生き物。

傷が再生する鬼同士が戦うわけですから、読者的には「どうしたら決着がつくわけ?」と、単純に疑問がわきます。

結論からお伝えすると、『入れ替わりの血戦の決着方法』については謎のままです。

本編や公式ファンブックを改めて見てみましたが、血戦の決着方法については一切明らかになっていません。

 

ただ、明言はされていないんですが、『鬼舞辻無惨の力で鬼は再生できなくなる』という描写が、決着方法のヒントになっている可能性がありそう。

あくまで予想ですが、上記がどういったことなのか、簡単にご説明します。

 

鬼同士の戦いは基本的に『不毛』!しかし・・・

致命傷が与えられないので、鬼同士の戦いは意味がありません。

長年鬼として生きる珠世さんが言っているのですから、本当に無意味なんでしょうね。

しかしそれは基本的な話であって、鬼の始祖・鬼舞辻無惨だけは「例外的に鬼の細胞を破壊できる」とのこと。

確かに、単行本6巻で描かれた通称”パワハラ会議”でも、下弦の参が再生できなくて焦っていましたよね。

鬼には無惨の血が流れているため、彼のサジ加減によって再生の可不可も調節できる可能性はかなり高そう。

 

だとすると、入れ替わりの血戦の決着方法には、鬼舞辻無惨が関係していることも考えられます。

ということで、「入れ替わりの血戦に無惨がどのように関わっているのか?」についてさらに考えてみました。

 

鬼舞辻無惨が血戦のレフェリー?

可能性として考えられたのが、「無惨が血戦のレフェリーをしているのでは?」ということ。

仮に無惨が鬼たちの再生を意図的に止められるのだとすれば、彼が中間に入ることで文字通り待ったナシの”血戦”へと変わります。

再生ができない同士であれば当然決着もつきますし、「どちらの鬼が強いのか」が自他ともに明確に把握できますよね。

あくまで可能性の話ではありますが、鬼同士の戦いに決着をつける方法としては1番辻褄が合いそうです。

 

【鬼滅の刃】入れ替わりの血戦のその後はどうなる?

決着方法もさることながら、入れ替わりの血戦の”その後”についても気になります。

要は「決着の後はどうなるの?」ということですね!

血戦のその後についてですが、なんと公式ファンブック・弐で明言されていました。

ということで、ここでは入れ替わりの血戦のその後について見ていきましょう!

 

衝撃!弱い鬼が喰われて吸収される!

気になる入れ替わりの血戦の”その後”ですが、公式ファンブックにはかなり衝撃なことが書かれていました。

それがこちら。

上の画像には、猗窩座が黒死牟に入れ替わりの血戦を挑んだ時の様子が書かれています。

これを見る限り、負けた鬼が喰われて吸収されるとのこと。

 

かなり衝撃の事実ですね!w

”血戦”というだけあって、挑むほうも挑まれるほうも命懸けのようです。

猗窩座が童磨に入れ替わりの血戦をしないのも、「下手に挑むと命を失い兼ねないから」なのかもしれませんね。

 

吸収は無惨の許可制

とはいえなんですが、血戦に負けたほうが必ず喰って吸収されるわけでもないようです。

先ほどの画像にも書かれていましたが、吸収はあくまで鬼舞辻無惨の許可が必要とのこと。

 

確かに優秀な鬼は貴重ですから、負けたからといって毎回吸収させていたら、鬼狩りの排除や青い彼岸花の捜索に支障がでます。

とくに「上弦の鬼は作るのが難しい」と無惨も感じているので、上位の鬼ほど「血戦で負けたから絶対に吸収」ということはなさそう。

 

ただ、鬼舞辻無惨も好き嫌いがあるようなので、鬼によっては上弦の鬼でも吸収させてしまうかもしれませんし、下弦の鬼でも生かす可能性は十分にありそうです。

入れ替わりの血戦のその後についても、要は鬼舞辻無惨のサジ加減なんでしょうねw

関連:【鬼滅の刃】累は鬼舞辻無惨のお気に入り?過去や家族から理由を考察!

 

【鬼滅の刃】入れ替わりの血戦・決着方法とその後についてのまとめ

入れ替わりの血戦の決着方法については、公式で明らかになっていません。

しかし、無惨には鬼の再生を止める力があるので、その力を使って勝敗を決めている可能性は高そう。

 

そして血戦の決着後についてですが、「負けたほうが喰われて吸収される」という、かなりシビアなものでした。

ただ、吸収に関しては無惨の許可が必要とのことなので、血戦のその後については結局彼のサジ加減で決まるようですね^^;

関連:【鬼滅の刃】鬼の吸収の意味はなに?食べるとの違いも

その他、鬼滅の刃の人気記事はコチラ!

>>>煉獄杏寿郎の柱での強さは何番目の順位?戦闘シーンやセリフから考察

>>>【無限列車】魘夢(えんむ)は無惨の名前を口にした?呪いが発動しない理由を考察

>>>【最終選別】生き残りが4人しかいない?5人目の合格者は誰でどこ?

>>>【鬼滅の刃】炭治郎は縁壱(よりいち)の子孫?生まれ変わり説についても

>>>【鬼滅の刃】鬼の名前の由来と意味は?読み方と漢字を考察!

>>>【鬼滅の刃】炭治郎の強さは柱より上?最終的にどっちが強いのか考察

>>>【鬼滅の刃】アニメと漫画の差を比較!原作の絵が下手でひどいと噂?

>>>【鬼滅の刃】竈門家はなぜ襲われた?無惨が炭治郎の家族を襲撃した理由

コメント