那田蜘蛛山(なたぐもやま)が臭いのはなぜ?異臭の理由は兄蜘蛛?

鬼滅の刃のアニメでも名シーンが多い那田蜘蛛山(なたぐもやま)。

下弦の伍・累が仕切るこの那田蜘蛛山では、入山した炭治郎や善逸が、「臭い」「異臭がする」「刺激臭が…」といっていましたよね。

 

ただ、アニメではこの異臭や刺激臭の正体については明言されませんでした。

「結局なんの臭いだったの?」と思った人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では那田蜘蛛山の異臭について書いていきます!

【鬼滅の刃】那田蜘蛛山(なたぐもやま)が臭いのはなぜ?

冒頭でも触れたとおり、那田蜘蛛山では炭治郎や善逸が「謎の異臭」に悩まされているシーンが何度かあります。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス4巻より

 

「鼻が利く炭治郎ならただでは済まない」と善逸がいうほどの刺激臭は相当な臭さなんでしょうね。

アニメでは明かされていませんが、実はあの刺激臭、兄蜘蛛が関係していたんです。

 

「兄蜘蛛の体臭」が異臭の原因

那田蜘蛛山に漂う異臭の正体は、実は下弦の伍・累の家族の”兄蜘蛛”の体臭だったんです。

兄蜘蛛とはあのキショい奴ですね。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス4巻より

 

この兄蜘蛛の体臭が山全体に広がり、炭治郎や善逸を苦しめていたんですね。

兄蜘蛛が意図的に発しているのか、勝手に滲みでているのかは不明ですが、かなり迷惑な能力?ですよね。

 

 

人面蜘蛛という設定だけでもキツイのに、嗅覚にも訴えかけてくるとは…。

心身ともにダメージを与えてくる嫌な鬼ですねw

 

『臭い』については原作漫画でワニ先生公認

那田蜘蛛山の臭いの理由が兄蜘蛛だと判明したのは、原作漫画4巻でのことです。

作者のワニ先生が「兄蜘蛛が臭い」的な絵を描いていたことで発覚しました。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス4巻より

 

 

鬼滅の刃のアニメでは、那田蜘蛛山が臭い理由についてはっきりしていませんでした。

アニメ勢にとっては「なんのこっちゃ」って感じでしたが、実は上記のとおり公式でも異臭については触れていたんですね。

 

 

【鬼滅の刃】兄蜘蛛が臭い理由は?

那田蜘蛛山の異臭の原因が兄蜘蛛だということが分かったのはスッキリしました。

しかしながら、そもそもなぜ兄蜘蛛は臭いのでしょうか?

ということで、さらに踏み込んで兄蜘蛛がなぜ臭いのかついても調べてみました!

 

刺激臭を放つ理由は不明?

早速調べてみたんですが、どうやら公式でも触れられたいない部分のようです。

ググってもSNSで探しても、兄蜘蛛が放つ臭いついては明確な情報はありません。

 

 

原作漫画でも兄蜘蛛の臭いについて描かれているのは、さきほども触れた単行本の4巻のみ。

ですので、兄蜘蛛の体臭が臭い理由については現状不明ということになります。

 

このさき兄蜘蛛について公式が深堀りする可能性も低そうですし、彼の臭いについては永遠に分からないかもしれません。

まぁ、元を辿ればこの臭いも「累の能力」ということも考えられますよね。

ということは、最終的に「累が臭い」ということに行きつくのでしょうか?w

 

 

蜘蛛は実際に臭いの?

兄蜘蛛の臭いについての詳細は不明でしたが、「そもそも実際の蜘蛛も臭いのか?」という点も気になりますよね。

実際の蜘蛛も異臭がするのであれば、兄蜘蛛の臭いの謎も分かるかもしれません。

 

で、調べている中でヤフー知恵袋に分かりやすい質問&回答がありました。

それがこちら。

 

・質問

蜘蛛に臭いってありますか?

 

・回答

種類によります。 クモが成熟期に分泌する性フェロモンは人間の嗅覚では感知できません ただ、 トリノフンダマシ類 ワクドツキジグモ カトウツケオグモ などは 「瓶に入れて降ると臭う」といいます。 これらのクモは餌である昆虫(ガやハエ)を誘引するために臭いとも香ばしいともいえない変な臭いを出します。

引用:ヤフー知恵袋様

 

調べてみると、この回答者の方がいわれているとおり、基本的に蜘蛛は臭くないようです。

普段フェロモンはだしているようですが、人間には感じ取れないニオイとのこと。

それを踏まえると、多くの蜘蛛は無臭といってもいいですね。

 

ただ、

・トリノフンダマシ類
・ワクドツキジグモ
・カトウツケオグモ

といった一部の蜘蛛は、餌となる獲物をおびき寄せるために独特なニオイをだすのだとか。

 

 

どうやら鳥の糞に似た臭いを発し、その臭いに寄ってくる蛾やハエを捕食するみたいですね。

 

兄蜘蛛の臭いは刺激臭で炭治郎や善逸が嫌がるものでした。

効果は真逆ですが、このような「蜘蛛の捕食の習性」をモデルとしている可能性もあるかもしれません。

 

【鬼滅の刃】兄蜘蛛の縄張りがそもそも臭いのも原因?

兄蜘蛛の体臭については謎が多いですが、山を臭くさせている原因ということは確定です。

ただ、個人的には彼の体臭以外にも異臭の原因はあるのではないかと感じました。

 

というのも、アニメでは善逸が兄蜘蛛を倒した後なのに、隠が「ここすげーくせぇもん」といっていたからです。

兄蜘蛛の体臭以外に刺激臭の原因になっているものを少し考えてみました。

 

斑毒痰(ふどくたん)が理由?

まず臭いの理由の1つとして考えられるのが、兄蜘蛛が使う斑毒痰(ふどくたん)という技。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス4巻より

 

攻撃対象を溶かすほどの「強力な毒の痰」を相手に吹きかけるお下品な技です。

で、兄蜘蛛の縄張りにはこの斑毒痰が撒き散らかされ、それが刺激臭の原因になっているのではないでしょうか?

 

というのも、「刺激臭」というのはニオイではなく、鼻腔内の三叉神経を刺激する痛覚に近いものなんだとか。

 

刺激臭(しげきしゅう)とは、鼻を刺すようなツンとくるにおいのことである。

刺激臭は通常の嗅覚刺激のように嗅細胞によって感知されるのではない。刺激臭は鼻腔内の三叉神経への刺激である。すなわち、感知の機構的には痛覚に近いものである。そのため、嗅覚が失われた嗅盲の人であっても三叉神経が正常であれば感じとることが可能である。このように鼻腔の三叉神経はにおい感覚の一部を担っているため、副嗅覚系と称されることがある。

引用:ウィキペディア様

 

「鼻の粘膜を傷つける濃度の気体」や「揮発性の液体」は刺激臭になることが多いようです。

斑毒痰の描写をみると、木をも簡単に溶かしているし、めちゃくちゃ粘膜に悪そうですよねw

この技が鬼殺隊が来るたびに使われていたとしたら、刺激臭を放っている原因に一役買ってる可能性はあります。

 

蜘蛛化するときの鬼殺隊員の臭いも原因?

兄蜘蛛が倒されてからも臭いとなれば、蜘蛛化する鬼殺隊員たちの臭いの可能性も考えられます。

蜘蛛化する際に捕まった隊員が吊るされていますが、どうみても排泄物は垂れ流しの状況。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス4巻より

 

ネットの情報ですが、排泄物は空気中に放置すると細菌の働きでアンモニア臭を放つのだとか。

さきほど「刺激臭は鼻の粘膜を傷つけるもの」と書きましたが、アンモニアも刺激臭の代表格のような気体です。

 

アニメでの蜘蛛化した人間の多さからみても、排泄物の量も放置期間も長そうです。

これらが異臭の原因になっている可能性も少なからずありそうですね。

 

【鬼滅の刃】那田蜘蛛山(なたぐもやま)の臭い・異臭がする理由まとめ

那田蜘蛛山に異臭が漂っているのは「兄蜘蛛の体臭が臭いから」という理由でした。

ただ「なぜ兄蜘蛛が臭いのか」については、公式でも明言されていません。

実際の蜘蛛の習性を考えると、捕食のために臭いを出している可能性もありそうです。

 

ただ、鬼滅の刃のアニメでは兄蜘蛛が消滅しても刺激臭は残っているようでした。

なので、そもそも兄蜘蛛の縄張り一帯が臭かったのでしょうねw

 

あくまで妄想ですが、毒性の強い斑毒痰(ふどくたん)や人間の排泄物が鼻の粘膜を傷つけ、刺激臭となったのかもしれません。

 

コメント

  1. 吾峠呼緒呂春 より:

    もうちょっと細かく書いてください

    • アツキ アツキ より:

      吾峠呼緒呂春さんコメントありがとうございます!

      >もうちょっと細かく書いてください

      上記の件ですが、

      「記事の文を細かく」ということでしょうか?
      それとも「内容」のことを指しているのでしょうか?

      今後の参考にさせていただくので再度コメントいただければと思います。