那田蜘蛛山(なたぐもやま)の首のない鬼は何者?頭がないのになぜ消滅しない?

『鬼滅の刃』に登場する下弦の伍・累がいる那田蜘蛛山(なたぐもやま)には、「首のない鬼」が出てきます。

弱点となる首がないことで伊之助も焦っていましたが、読者からみてもあの鬼の正体が気になりますよね?

そこでこの記事では、那田蜘蛛山に登場する首のない鬼の正体について書いていきます!

【鬼滅の刃】那田蜘蛛山(なたぐもやま)の首のない鬼は何者?

那田蜘蛛山に登場する首のない鬼ですが、体格などから見てもただの鬼ではないように見えます。

炭治郎と伊之助の二人がかりで倒した鬼ですが、一体何者だったのでしょうか?

ここでは首のない鬼の正体についてまずは考えていきます。

 

首のない鬼の正体は普通に”鬼”

まず言えるのが首のない鬼の正体は普通に”鬼”です。

この首のない鬼が出てくる前には、人間である鬼殺隊員が操られていました。

 

何気なく見ていると「屈強だった人間の亡骸を操っているのかな?」とも思えてきますが、正真正銘の鬼ですし、そのことを炭治郎も伊之助も認識しています。

 

母蜘蛛の操り人形

そしてこの「首のない鬼」は、下弦の伍・累の母親役をしている母蜘蛛の操り人形

ここについては作中でも明言されているので、皆さんご存知ですよね。

人間の操り人形では無理に動かすとボロボロになってしまうことから、

最終手段として屈強な鬼の肉体を操り人形化し全力で操れるようにしたと考えられます。

 

過去の累の家族鬼?

そんな首のない鬼の腕を見てみると、腕が蜘蛛化しているのが確認できます。

累の家族となる鬼は、蜘蛛を連想させる能力を持っていたり、体の一部が蜘蛛化しています。

もしかすると、この首のない鬼も元々は累の家族のひとりだった可能性もありそう。

 

体格からすると父蜘蛛に非常に似ていますが、なにか関係があるのかもしれません。

あくまで想像ですが、何らかの理由で家族から除外され、母親の操り人形としてリユースされているとも考えられますよね。

 

なぜ首がない?理由は累の罰?

仮に首のない鬼が「元家族」だと仮定すると、何らかの理由で「累を怒らせたことで首無しになった」可能性もありそう。

というのも、作中の描写を見ると分かりますが、累の機嫌を損ねると家族には罰が与えられているからです。

あくまで予想ではありますが、この首のない鬼も何らかの失敗をしてしまい、その罰によって頭を失ったのかもしれません。

ただ、体がとても頑丈であったことから、体だけは生かされ、操り人形の状態になっているのかもしれません。

 

【鬼滅の刃】首がない鬼は頭がないのになぜ消滅しない?

鬼滅の刃の鬼といえば、いわずもがな首が弱点です。

ですが那田蜘蛛山に登場する首のない鬼はピンピンして操られていますよね。

なぜ消滅せずに操られているのでしょうか?

 

頭がないけど生きている

まず言えることは、「首のない鬼はまだ生きている」ということです。

先程上のほうに書きましたが、累に何らかの罰を与えられており、あのような状態で生かされている可能性が高いです。

そして頭が再生していないのは知能を奪われているか、頭だけは別で存在しているのかもしれませんね。

累は鬼舞辻無惨のお気に入りなので、無残のように鬼の再生能力を操れた可能性もありそうです。

ちなみに、父蜘蛛の顔が蜘蛛そのものだったり、兄蜘蛛の体が蜘蛛だったりしますが、もしかしたら「首無し鬼はどちらかの体だった」と考えるのも面白いですよね。

仮にそうだとしたら、体を入れ替えられた経緯も気になってきます。

関連:【鬼滅の刃】累は鬼舞辻無惨のお気に入り?過去や家族から理由を考察!

関連:那田蜘蛛山(なたぐもやま)が臭いのはなぜ?異臭の理由は兄蜘蛛?

 

日輪刀で首を斬られていない

そしてこの首のない鬼が首がないのに消滅していない一番の理由は、日輪刀で首を斬っていないからです。

初期に登場したお堂の鬼や愈史郎(ゆしろう)なども首がないだけでは消滅していないように、この鬼も何らかの理由で首を失ったのでしょう。

ただ伊之助の袈裟斬り(けさぎり)で消滅したことを見ると、弱点は普通の鬼と変わらないようです。

ですので、日輪刀以外にも、藤の花の毒や日光でもこの鬼は倒せるのでしょうね。

関連:【鬼滅の刃】鬼は藤の花がなぜ苦手?嫌い・弱点の理由を考察

関連:【日輪刀】色が黒いと出世できない理由は?炭治郎の場合についても

関連:【鬼滅の刃】黒刀は日の呼吸だけの色?赫刀(かくとう)になりやすい秘密がある?

 

【鬼滅の刃】那田蜘蛛山(なたぐもやま)の首無し鬼の正体と生きている理由まとめ

那田蜘蛛山(なたぐもやま)に登場する首無し鬼の正体は、ガタイのいい鬼が母蜘蛛の操り人形になった末路の姿です。

なぜそのようなことになったのかは公式でも明言されていないので不明ですが、累の家族役に上手く馴染めなかった罰なのかもしれませんね(あくまで想像ですが)

 

首がないのに生きているのは、普通の鬼と同じように日輪刀で首を斬られていないからです。

首がないとつい「なんで生きているわけ?」と思ってしまいますが、理由としては案外単純なものですね!

 

ちなみに、那田蜘蛛山は「臭い兄蜘蛛VS善逸」や「サイコロステーキ先輩」の面白いシーンが豊富です。

それらの関連記事も書いていますので、ぜひ合わせて楽しんでみてください^^

コメント