【鬼滅の刃】鬼は藤の花がなぜ苦手?嫌い・弱点の理由を考察

鬼滅の刃の鬼は藤の花が苦手で嫌いです。

しかし、作中で鬼が藤の花を嫌う描写はあっても、その理由は全く明かされていません。

一見そのままスルーしてしまいそうですが、よくよく考えるとなぜ藤の花が苦手で嫌いなんでしょうか?

この記事ではなぜ鬼が藤の花が嫌いで苦手なのかその理由について考察していきます!

※ネタバレ含みますのでアニメ派の人はご注意ください!

 

【鬼滅の刃】鬼は藤の花がなぜ苦手?

作品を見て分かるように鬼は藤の花が苦手です。

最終選別が行われた藤襲山(ふじかさねやま)でも藤の花が一年中咲いており、中に閉じ込められた鬼は藤の花が邪魔して山から出ることができません。

 

 

しかし冒頭でも触れたとおり、なぜ鬼が藤の花を苦手と思っているのかが作中では明かされていません。

 

 

 

鬼が藤の花を苦手とする理由については先ほど書いたように言及されてはいません。

鬼が藤の花を苦手と感じている理由としては、

・鬼は藤の花の匂いが嫌い

・藤の花の毒性や成分が鬼に効果的?

・藤の花は鬼の弱点の日光をたくさん浴びている

・藤の花はマメ科で「魔滅」の意味がある

などが考えられます。

ファンの間でも鬼と藤の花に関する考察はされており、上記のものがかなり有力候補として挙げられているようです。

ここからは上記の理由をさらに深堀りして考えていきます。

 

【鬼滅の刃】鬼が藤の花を嫌い・弱点の理由

藤の花の匂い毒性、太陽の光の吸収やマメ科ということなどを挙げましたが、これらが鬼にどのような影響を与えるのかが謎ですよね?

しかも胡蝶しのぶのように藤の花を上手く使えば、それこそ鬼の弱点の1つとして扱うことができますから、ますます鬼に対する藤の花の影響力が気になります。

では早速鬼と藤の花の関係や嫌いな理由を1つずつ見ていきましょう!

 

鬼は藤の花の匂いが嫌い?

まずは鬼は藤の花の匂いが単純に苦手ということが考えられます。

人間も不快な匂いには近づきたくないものですが、鬼にとって藤の花がそのような存在なのかもしれません。

 

 

そう言えば、響凱の屋敷にいた稀血の子供に、藤の花の匂い袋を持たせるだけで鬼除けになるといっていましたもんね。

また岩柱・悲鳴嶼行冥の過去に登場するお寺でも、藤の花のお香が消えたら鬼が侵入してきたということですので、匂い自体が相当苦手なんでしょう。

近寄れないくらい嫌いということは「本能的にやばい匂い」と鬼が感じている可能性もあります。

関連:獪岳(かいがく)は岩柱悲鳴嶼の寺にいた子供?鬼に家族を襲わせた理由も解説

関連:【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)は上弦の陸になぜなれた?鬼になった理由も考察

 

藤の花の毒性や成分が鬼に効果的?

本能的にやばいと感じる理由があるのであれば、やはり藤の花に含まれる毒性でしょうか。

実際に藤の花には毒があり、これは人間にも影響を与えるのだとか。

 

 

この毒は半不老不死とも言える鬼にも多大な影響を与え、弱い鬼は命さえ落としてしまいます。

上弦の弐である童磨にすら効き目があるんですから、鬼の体と藤の花の毒は相性最悪なのでしょう。

毒とは全く関係のない藤の花の成分が鬼に影響を与える可能性も考えられますが、胡蝶しのぶさんのセリフを見る限りでは「藤の花に含まれる毒」が鬼に影響を与える気がします。

 

 

流石に童磨にぶち込んだ量の毒を人間が受けても絶命するでしょうが、再生能力がある鬼に効くのはやはり凄いですよね。

場合によっては命を落とす危険性があるため、本能的に藤の花の匂いに鬼は敏感なのかもしれません。

関連:【鬼滅の刃】鬼に寿命はある?不老不死や老化の設定について

関連:童磨(どうま)は弱い?伊之助とカナヲに負けた理由もあっさりすぎる?

 

藤の花は鬼の弱点の日光をたくさん浴びている

藤の花をググってみると、太陽の光がとても大好きな植物であることが分かります。

どうやら「日陰では花が咲かない」とまで言われているくらい太陽の光が大好きなようですね。

太陽の光をたくさん浴びている藤の花は、日輪刀の原料のように太陽の光を吸収しており、鬼にとっては驚異の存在とも考えられます。

 

 

また、「藤の花がたくさん咲いている場所=日当たりの良いところ」ということも考えることができます。

鬼の最大の弱点といえば太陽の光ですから、藤の花の咲く場所を本能的に嫌っているのかもしれません。

 

藤の花はマメ科で「魔滅」の意味がある

鬼といえば節分、節分といえば”豆”ですよね。

豆は「魔滅」からきているとも言われており、鬼の撃退には有効と昔から言い伝えられてるようです。

「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」といのが語源のようです。

で、実は藤の花もマメ科の植物で、言い伝え的には鬼が嫌う植物の1つと考えることができます。

 

 

しかし節分の言い伝えによると、鬼に有効なのは”炒った豆”とのこと。

だとすると、藤の花ではなく大豆や小豆でいいよねって話にもなりますね・・・?

しかも、これはあくまで言い伝えというか節分に関してのことなので、これが鬼滅の刃の鬼になにか影響しているかと言われれば少し微妙な気もします。

ただ藤の花がマメ科というのは、現実の言い伝えを参考にして鬼が苦手とする理由の1つにしている可能性はありそうです。

 

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨の細胞が藤の花を恐れている?

上記のものが、鬼が藤の花を苦手と思う理由として考えられますが、なぜ藤の花が全ての鬼に対して弱点となりうるのかが疑問です。

個人的には、鬼舞辻無惨が藤の花に何らかのトラウマを持っているか、藤の花の毒が鬼舞辻無惨の体に大きな影響を与えると考えています。

ご存知の通り、全ての鬼は人間が無惨の血によって変化させられたもので、もはや無惨の細胞の一部と化しますよね?

下弦の鬼の解体シーンでも思考を読んだり、鬼の場所の特定をしたりと、鬼たちはもはや鬼舞辻無惨の分身のようなものです。

その分身たちが藤の花を恐れているのは、本体の鬼舞辻無惨が藤の花に何らかのトラウマや恐怖があるからにほかなりません。

鬼舞辻無惨が藤の花に恐怖やトラウマを抱えているとしたら一体どんなものなのでしょうか?

関連:下弦の鬼が解体された理由がかわいそう?パワハラ会議の真相考察!

 

藤の花は平安時代では喪服として使われていた

藤の花が鬼舞辻無惨のトラウマ説があるとするなら、藤の花が喪服として使われていたということでしょうか。

細かく言うと”藤のツルの皮を使った衣類”なんですが、平安時代の上流階級の間では「藤衣(ふじごろも)」として流行したそうです。

鬼舞辻無惨は平安時代から生きていますし、その時代に医者を呼べるくらいの貴族でしたので、藤衣の存在は知っている可能性は高いと思います。

そして鬼舞辻無惨は”生”に対して異常な程の執着をみせていますが、藤衣は病弱だった自身の絶命を連想させる嫌なものだったとも考えられます。

自身の病気が治らないことに苛立って医者を亡き者にしてしまうくらいですから、絶命を連想させる藤衣の流行は、無惨にとってはトラウマになるくらい耐え難いものだったのかもしれません。

 

鬼舞辻無惨の病気と藤の花は関係がある?

鬼舞辻無惨が人間時代に患っていた病気は藤の花に関係していたものとも考えられます。

ちょっと妄想気味の推測ですが、鬼舞辻無惨と産屋敷一族の病気は元々同じもので、その病気に藤の花が関係しているのではないでしょうか?

鬼舞辻無惨と産屋敷一族は同じ血筋だったことが作中で明らかになりましたが、この「血筋そのものが藤の花の毒に弱い家系」と考えるのも面白いですよね。

 

 

無惨が鬼になった呪いで産屋敷一族は短命と言っていましたが、そもそも無惨も20代で余命宣告を受けていましたから、一族そのものが遺伝的に何か問題がある気がします。

 

 

で、その遺伝的な問題の一部となっているのが藤の花と考えると、無惨の細胞を持つ鬼たちが藤の花の毒で絶命するのもある意味うなずけるものではないでしょうか?

 

【鬼滅の刃】鬼は藤の花が苦手で弱点の理由まとめ

鬼が藤の花を苦手とする理由はまだ明らかにされていませんが、考えられるものとして以下のようなものがあります。

・鬼は藤の花の匂いが嫌い

・藤の花の毒性や成分が鬼に効果的?

・藤の花は鬼の弱点の日光をたくさん浴びている

・藤の花はマメ科で「魔滅」の意味がある

どれもありそうな理由ではありますが、少し単純すぎますかね~^^;

ただ鬼全体が藤の花を嫌いなのは、「鬼舞辻無惨の細胞が藤の花を受け付けないから」というのは可能性としては高そうです。

そもそも無惨も産屋敷一族も病的に同じものの可能性もありますし、そこに藤の花が関係してくることも考えられます。

ちなみにファンブックも読みましたが、見落としているのか鬼と藤の花についてはあまり書かれていませんね^^;(字が多くて全て読みきれない)

ただ単に鬼は藤の花が嫌いという設定かもしれませんが、読者が引くぐらいの裏設定をワニ先生にはぶち込んでほしいです^^

関連:【鬼滅の刃】ワニ先生の名前の由来は?自画像の意味や理由も

関連:【鬼滅の刃】ファンブック電子書籍を購入するメリットや注意点は?内容やレビュー感想についても

コメント