【鬼滅の刃】柱の意味や由来はなに?人数が9人の理由も

鬼滅の刃では、鬼殺隊の『柱』という役職が急に登場します。

アニメでは急に登場しましたが、「えっ?そもそも柱ってなに?」と疑問に思った人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、鬼殺隊の『柱』という名前の意味や由来について書いていきます!

【鬼滅の刃】柱(はしら)の意味や由来はなに?

鬼滅の刃で急に登場した『柱』という存在。

とくにアニメでは解説もないので、炭治郎同様に「柱ってなんだ?」と思った人も多いはず。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス6巻より

 

 

公式ファンブックによると、『柱(はしら)』という名前の意味や由来は、文字通り『鬼殺隊を支える存在』とのこと。

 

出典:鬼滅の刃 公式ファンブック1巻より

 

最終選別編で少し触れられていましたが、鬼殺隊には階級があります。

その中でも「最も位(くらい)が高く圧倒的な強さを持った剣士たち」『柱』と呼ばれています。

 

 

『柱』は腕っぷしや正義感が強く、お館様や鬼殺隊のメンバーからの信頼もかなり厚いです。

癖の強いタイプが揃っていますが、不思議と安心感があり皆頼れる存在です。

 

そういえば、神様を数えるときに「1柱、2柱」という数え方をするのをご存知でしょうか?

鬼滅の刃には日本神話を感じさせる描写がところどころにあります。

「柱を武神に見立てた」というのが由来になっている可能性もあるかもしれません。

 

 

【鬼滅の刃】柱の人数はなぜ9人?

柱は全員で9人いますが、この9人という人数にもささやかな秘密があるんです。

実は『柱』という漢字の画数が9画あることから柱が9人となっているとのこと。

 

公式ファンブックにも以下のように記載されています。

 

出典:鬼滅の刃 公式ファンブック1巻より

 

 

「漢字の画数9画だから9人」というのは正直ダジャレっぽいですねw

 

 

で、さらに突っ込んで、「そもそもなぜ柱の漢字が9画なのか」についても調べました。

しかし目立った情報もなかったので、おそらく画数以上の大きな意味はなさそうです。

 

とはいえワニ先生のことなので、密かな設定があるかもしれません。

なにか新情報を見つけ次第追記していきます。

 

 

【鬼滅の刃】柱の名前の意味や由来についてまとめ

鬼滅の刃に登場する柱の名前の意味や由来は『鬼殺隊を支える柱的存在』です。

まさに「読んで字の如(ごと)く」って感じですねw

 

そして柱の人数は9人いますが、「漢字が9画だから」というのが理由になっています。

ちょっとダジャレっぽい設定ですが、作者であるワニ先生の遊び心かもしれません。

 

 

 

コメント