鬼舞辻無惨が擬態で変装する理由は?女性や子供に変身する意味についても

鬼の始祖・鬼舞辻無惨は男性の姿のほかに、女性や子供に化けているときがあります。

下弦の陸はそれを”擬態”と表現していましたが、そもそもなぜ無惨は姿をかえていたのでしょうか。

そこでこの記事では鬼舞辻無惨が擬態をする理由や意味について書いていきます!

 

※単行本ベースで書いていますので、アニメ派の人は注意してください。

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨が擬態で変装する理由は?

鬼舞辻無惨といえば、単行本2巻で初登場した”イケメン男性の姿”が思い浮かびますよね。

公式ファンブックによると「そもそも男性の姿も本当の姿ではない可能性もある」みたいです。

しかし戦国時代の姿が男性なので、デフォルトは若い男の姿なんでしょうね。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス2巻より

 

そんな無惨様ですが、ときに女性や子供の姿に姿を変えていることがあります。

無惨がわざわざ性別や年齢を変化させる理由とは何なのでしょうか?

 

炭治郎や鬼殺隊から逃げるため?

無惨が『擬態』で変装する理由としてもっとも可能性が高いのが、炭治郎をはじめとする鬼殺隊から身を隠して逃げるためだと考えられます。

 

とくに浅草では、縁壱さんと同じ耳飾りをした炭治郎に姿を見られていますから、トラウマを抱える無惨が隠れるために”擬態”を使うのは想像に難しくありません。

 

また、柱でも知らなかった姿を炭治郎に見られたことで、鬼殺隊に顔が割れたと内心ビビっていた可能性も高そう。

 

 

その証拠に、浅草で炭治郎と遭遇したしてから、短期間の間に女性や子供の姿に擬態しています。

 

下弦の鬼を一同に介したパワハラ会議で、下弦の陸が女性の姿に擬態した無惨に気づかなかったことを踏まえても、無惨が変装するのは久しぶりか珍しいことなのでしょう。

 

 

青い彼岸花の情報収集?

無惨が擬態を使う理由としては「青い彼岸花の情報収集」という役割も高いです。

というのも、無惨が”養子の子供”に擬態していたときの家が、薬を扱う会社、または製薬会社の可能性があるからです。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス8巻より

 

 

この描写をみるに、薬に関係する場所に身を置くことで「太陽の克服に必要」だと考える青い彼岸花が実際に手に入ったり、「情報が手に入れられる」と考えての無惨の擬態だったのでしょう。

 

女性の擬態のときも遊郭や花街などにいる感じの風格でしたから、

もしかすると情報を多く持った富裕層に接近しようとして、位の高い遊女?的な立場で活動していた可能性もありそうです。

作中の描写をみると、鬼を増やして情報を収集していたみたいですが、無惨自らも情報収集を率先していたのかもしれません。

 

 

【鬼滅の刃】無惨が女性や子供に変身する意味は?

無惨の擬態として明らかになっているのは、

・「月彦(つきひこ)」
・「着物の女性」
・「俊國(としくに)」

といった3つの姿です。

 

出典:鬼滅の刃 公式ファンブックより

 

 

この3つの擬態に変身することによって鬼舞辻無惨にどのような意味やメリットがあるのかが気になるところ。

作中では明言されていませんが、ここでは無惨が擬態で変身する意味について考えてみました!

 

お金(活動資金)を稼げる

まずは擬態を使うことによって、お金を稼げるというメリットや意味が考えられます。

とくに男性の姿の月彦は「貿易会社の経営」をしているようなので、無惨自身もお金を稼ぐという事を割と重視しているようです。

 

公式ファンブックにも「上弦の伍・玉壺の壺が高く売れる」と記載されていました。

それを踏まえると、鬼の無惨にもお金は重要な役割があったと推測できそう。

 

 

出典:鬼滅の刃 公式ファンブック1巻より

 

確かに青い彼岸花を探したり、鬼殺隊を滅ぼすのにある程度お金が必要になるでしょうね。

擬態によってある程度の活動資金を作ろうとしていた可能性はかなり高そうです。

 

 

薬や鬼殺隊の情報を聞き出せる

これについては上の方で書いたものとちょっと重複してしまいますが、擬態で変身することによって、

「青い彼岸花や関連する薬」、「鬼殺隊の情報」を収集しようとしていたのではないでしょうか?

 

子供の姿では薬に関係する会社の家庭に溶け込んでいますし、

本も熱心に読んでいることから、無惨は情報収集にも擬態を活用していたのが確認できますね。

出典:鬼滅の刃 コミックス8巻より

 

貿易会社を所有している月彦の擬態に関しても、「奥さんの本家の人脈を狙って近づいた」的な表現がありました。

おそらくお金以外にも、「情報の収集」といった部分にもかなり力を入れていたのでしょうね。

 

無惨がほしい情報と言えば、

「青い彼岸花」
「鬼殺隊の本部」
「刀鍛冶の里」

といった情報でしょうから、それらの情報を擬態を活用して収集していたのでしょう。

 

女性の擬態に関しても、綺麗で上品な格好をしていることから、裕福な男性を相手にする仕事をして情報を収集していたのかもしれません。

 

 

 

【鬼滅の刃】女無惨や子供の姿になる理由と意味まとめ

鬼舞辻無惨は擬態を使っていますが、浅草で炭治郎とかち合ってから擬態する姿を増やした可能性があります。

 

理由としては、「耳飾りをした炭治郎や鬼殺隊から逃げるため」というのが可能性としては高そう。

擬態して変身する意味については、ファンブックや作中の描写を見る限り、鬼の活動資金や情報収集のためというのが考えられそうです。

 

よく「頭が悪い」とファンに言われる無惨ですが、擬態を使っての情報収集などをみると、やはりキレ者ではあったのかもしれませんね。

 

コメント