【鬼滅の刃】ファンブック電子書籍の感想は?内容のレビューと購入の注意点も

紙媒体の鬼滅の刃のファンブックが手に入りにくい状態が続いています。

ネットでも入手は可能ですが、紙媒体のコミックには高い値段が付けられて売買されていますよね。

そこで僕はファンブックを電子書籍で購入してみました。

「鬼滅の刃のファンブックには興味があるけど高いお金を払う気はない」という人は多いかと思います。

そんなときは僕のように電子書籍での購入がおすすめです。

ただ「電子書籍で買って本当に大丈夫?少し不安・・・」とも思ってしまいますよね。

そこで今回は鬼滅の刃のファンブックを電子書籍で買った際の感想を書いていきます!

 

【鬼滅の刃】公式ファンブックの電子書籍を購入した感想は?

鬼滅の刃をアニメを見てハマった僕は、公式ファンブックにも興味を持ちました。

しかし、鬼滅の刃の人気が凄すぎて紙媒体の公式ファンブックが入手困難となっています。

ネットで入手はできますが、定価の倍くらいの値段で売られているか入荷待ちのショップばかり。

一方の電子書籍は値段はそのままですし、紙の媒体よりも若干安いためすぐに読みたい僕は即買いでいました。

冒頭でも触れた通り、「電子書籍ってどうなの?」と思っている人もいるでしょうから、ここではその感想をまとめました。

 

【鬼滅の刃】公式ファンブックの電子書籍はおすすめ!

鬼滅の刃のファンブックの電子書籍ですが、個人的にはとても”おすすめ”です。

おすすめの理由を簡単にまとめると以下の通り。

・購入後すぐに読める

・保管の場所がいらない

・パソコンのデカい画面でも読める

・目次から読みたいページにすぐに飛べる(FODの場合)

・紙の媒体よりもお得

 

気になってすぐに読みたい!ってことありますよね?

電子書籍の購入元にもよりますが、アプリやウェブ上で大体すぐに読みことができます。

また個人的に常々部屋に物を増やしたくないと思っている僕はデジタルで場所を取らない電子書籍がとても性に合っていました。

持ち物を増やさないミニマリストが増えていますが、そんな人には電子書籍はとても合っているようです。

 

パソコンのデカい画面で読むことができたり、僕が使っているFOD(フジテレビオンデマンド)では目次から読みたいページにすぐに飛ぶことも可能で、紙の媒体よりも読みやすいのも良い点でしたね~。

あと上でも少し触れましたが、電子書籍は若干紙の媒体よりも安いです。

ダウンロード先にもよりますが”〇〇%ポイントバック”などをやっているところも多いので、紙の媒体よりもお得に購入出来るのもかなり嬉しいところです。

上記のように電子書籍には意外とメリットが多く、鬼滅の刃のファンブックも例外ではありませんでした。

電子書籍の注意点に関しては後ほど書きますが、やはりメリットも多いので購入する時の選択肢の1つとしておすすめです!

 

【鬼滅の刃】公式ファンブックの内容をレビュー!

では今度は鬼滅の刃ファンブックの内容をレビューしていきます。

鬼滅の刃のファンブックはその名に恥じないような沢山の情報が詰め込まれていました。

僕も鬼滅の刃のファンブックを購入して読んでみたら、個人的に知りたい情報を網羅してくれていました。

鬼滅隊の歴史や日輪刀や呼吸法のことから始まり、かまぼこ隊や禰豆子、柱たちの能力や人間性、ウラ話も沢山書いてあります。

 

 

ちょっと見づらいですが、ファンブックの目次画像を貼っておきます。

 

 炭治郎たちの今までの軌跡を解説しながら振り返ったり、コミックの扉絵がカラーで載っていたりとファンには嬉しい内容が沢山あります。

煉獄杏寿郎が無限列車で食べていた弁当のことや、伊黒小芭内の蛇の名前など面白い小ネタも豊富でした。

また、かまぼこ隊や禰豆子、柱たちの鬼滅隊内での評判などが書いてあるのも地味に良かったです^^

 

【鬼滅の刃】公式ファンブックの中身は面白い!

個人的に1番興味深かくて面白い内容だったのが、鬼舞辻無惨率いる十二鬼月の情報ですね。

パワハラ会議で解体された下弦の鬼の名前や上弦の鬼の能力解説など、物語の中だけでは理解できない内容もファンブックを読んで知れることができました。

また上弦の鬼に対する鬼舞辻無惨の感情も掲載されており、思わず「へ~そうなんだ!」と言ってしまう情報が多かったように感じます。

 

そのほかにも「キメツ学園物語のファンブック特別編」や鬼滅の刃の前身となる「鬼滅の流(きめつのながれ)」の描き下ろしなども内容に含まれており、読み応えは十分にあります。

関連:下弦の鬼が解体された理由がかわいそう?パワハラ会議の真相考察!

 

【鬼滅の刃】公式ファンブック”鬼殺隊見聞録”は買うべき?

個人的な意見ですが、公式ファンブック”鬼殺隊見聞録”は鬼滅の刃ファンなら迷わず買うべきですね!

能力や人間関係など、コミックやアニメの中で分かりづらい点もファンブックで補てんされていて、鬼滅の刃への理解をより深められます。

ファンブックを読んでから鬼滅の刃を再読すると「ぁあ、ここはこういう意味を示しているんだな」と新たな視点で見ることができます。

例えば、猗窩座が無限城で無口になるのは「人間が好きだから」など書いてあり、猗窩座が煉獄杏寿郎と沢山喋っていたのも納得できます。

鬼滅の刃ではいちいち全て説明されているわけではないので、読む人によっては謎も多いでしょう。

鬼滅の刃のファンブックは、それらのモヤモヤした謎を解決してくれる辞書のような存在になってくれます。

電子書籍、紙のコミックでもどっちでも良いので、鬼滅の刃ファンなら一度は読んでおいて損はないはずです。

関連:煉獄杏寿郎は猗窩座(あかざ)より弱い?痣が発現したら勝てたのか考察

 

【鬼滅の刃】ファンブックの電子書籍を購入する時の注意点

個人的におすすめな鬼滅の刃のファンブック。

とくに電子書籍は、 値段がお得・場所をとらない・読みやすいと個人的におすすめです。

しかし電子書籍のファンブックには良いことばかりでなく、デメリットや使いづらい点もありました。

ここでは鬼滅の刃の電子書籍のマイナス点やデメリットを書いていきます。

 

【鬼滅の刃】ファンブックは文字が小さくてスマホでは見ずらい

電子書籍といえばスマホやパソコン、タブレットの端末があればどこでも楽しめるのがメリットです。

鬼滅の刃の公式ファンブック”鬼殺隊見聞録”も基本的に同じなんですが、このファンブックの文字がデフォルトで小さいために、スマホで読む際にはかなり文字が見ずらいです。

 

 

ズームして読んでもいいんですが、スマホ自体の画面が小さいことでかなり読みづらさがあります。

僕もスマホでファンブックを読んだんですが、スマホでズームすると操作性も悪くなり、まともに読むことができません^^;

鬼滅の刃のファンブックをスマホのみ観覧しようとしている人はちょっと注意したほうが良さそうです。

逆にパソコンで見ると小さい文字もはっきり見えるし操作性もいいでのストレス無く読むことができました。

 

「鬼滅の流(きめつのながれ)」が横向きでパソコンでは見ずらい

上でも少し触れましたが、ファンブックの内容には鬼滅の刃の前身の「鬼滅の流(きめつのながれ)」が掲載されています。

実はこの鬼滅の流が横向きで掲載されており、先程推奨したパソコンでは逆に見づらいです。

 

実際の電子書籍のスクショ↓↓

 

紙の媒体なら向きを変えれば良いでけですが、パソコンはそうもいきません。

鬼滅の流に限ってはスマホやタブレットの方がパソコンよりも読みやすかったですね。

ただスマホは向きは読みやすいですが、画面が小さくてやはり読みづらさはありました。

パソコンではキャプチャして保存し、向きを変えたり印刷して独自に綴じ込んだりすると見やすいかもしれません。(あくまで個人のみが見るようしましょう)

 

【鬼滅の刃】ファンブックの電子書籍はおまけの特別付録もデジタル

鬼滅の刃のファンブックには「無限列車記念乗車券」というおまけ付録がついています。

 

 

実は鬼滅の刃ファンブックの電子書籍ではおまけの乗車券もデジタルですw

実際の電子書籍のスクショ↓↓

 

この乗車券になんの用途があるのかは不明ですが、「鬼滅の大ファンなら現物で欲しい物かな?」とも思いデメリットの部分にさせてもらいました。

僕のように鬼滅の刃の内容だけ知りたい人は電子書籍でも良いですが、付録も現物でほしい人はやはり紙の媒体を買うべきでしょう。

関連:無限列車【下弦の壱】鬼の名前は?魘夢(えんむ)の漢字の意味や由来についても

関連:【鬼滅の刃】無限列車の意味や由来は?モデルになった機関車についても

 

【鬼滅の刃】公式ファンブックの電子書籍の感想と内容まとめ

鬼滅の刃のファンブックは電子書籍で購入すると、

・値段がお得

・すぐに読める

・文字が見やすい

・場所を取らない

などなど色々とメリットが多いです。

しかし、元から文字が小さいことや操作性を考えるとスマホのみで観覧するのはおすすめしません。

スマホのみで読む気なら少し高くても紙の媒体を購入したほうが良いですね。

また、特別付録の乗車券もデジタルなので、鬼滅の刃グッズを集めたい人も紙の媒体一択でしょう。 逆にパソコンを持っていて、僕みたいに「内容だけすぐに知りたい!」という人は電子書籍がとてもおすすめです。

ファンブック自体の内容は面白いし作品への理解も深まるので、鬼滅の刃が大好きな人は”絶対に買うべき”だと思いました!(偉そうにすいませんw)

 

コメント