【鬼滅の刃】無限列車の意味や由来は?モデルになった機関車についても

鬼滅の刃ファンの間でも非常に人気が高い「鬼滅の刃の無限列車編」。

その物語の舞台になるのが”無限列車という蒸気機関車”なんですが「無限列車」の名前の意味って気になりませんか?

今回は鬼滅の刃に登場する無限列車の名前の意味や由来・モデルなどについて書いていきます!

 

【鬼滅の刃】無限列車の名前の意味や由来は?

無限列車といえば性別がいまいち分からない下弦の壱・魘夢が操る夢列車。

鬼滅の刃では鬼の名前にも意味や由来があるため、無限列車にも何か意味が隠されていそうです。

ここでは無限列車の名前の意味や由来について触れていきます。

関連:下弦の壱・魘夢(えんむ)の性別は女と男どっち?アニメのセリフや声で考察

 

無限列車の名前に意味ない?

無限列車の名前に意味がありそうと思って調べて見たんですが、どうやらとくに何も意味がないようです。

上で少し触れた通り鬼の名前などにも意味や由来があるため、無限列車にも何かしらありそうかと思いましたが、何もないとは非常に残念^^;

鬼滅の刃のファンブックにも「モダンの世を彩る無限列車」という説明しか記載されていないことから、とくに意味がないことが分かります。

そうえいば、鬼の総本山となる「無限城」や「霞柱・無一郎の無も無限の無」と物語中で語られており、作中には無限という言葉が多く使われていますよね。

もしかすると、鬼滅の刃の作者が単に「無限」という字が好きでよく使っているだけの可能性もあります。

それに加えて今回は夢や幻を操る鬼がメインで登場しますから「夢幻列車」とかけているのかもしれません。

 

 

夢幻列車とかけているとすれば夢を操る魘夢に相応しい列車の名前と言えますね!

関連:【鬼滅の刃】鬼の名前の由来と意味は?読み方と漢字を考察!

 

無限列車の名前の由来は機関車番号が無限だから

続いて無限列車の名前の由来について触れていきます。

作中で炭治郎のカラスが急に「無限列車の被害拡大」なんて言っており、「どっから無限が出てきたわけ?」と思った人も多かったのではないでしょうか?

無限列車の名前の由来は、実は機関車番号が「無限」と表記されてるからです。

「無限」という表記はとくに目立つものではないので、意外と見落としている人も多そうです。

 

 

 

蒸気機関車には番号振り分けられており、列車を牽引する先頭車両に記載されています。

 

 

鬼滅の刃に登場する無限列車はその番号が「無限」になっているから無限列車と呼ばれているんですね~。

 

無限列車は無限城と関係ある?

無限列車と鬼の根城となる無限城にはどちらも「無限」が使われているため関係性が気になります。

無限城と言えば琵琶女こと”鳴女”が管理する異空間の城です。

 

同じ「無限」同士なにか繋がりがありそうだと思い調べましたが、こちらもとくに関係性はないようですね。

そもそも無限城の意味や由来も原作で明らかされておらず、ファンブックにも「鳴女が管理する鬼の根城」的なことしか記されていません。

ただ、鬼舞辻無惨は「永遠や不滅を夢見ている」ようで、有限というものを嫌っている様子が見られます。

それを考えると、無限城は鬼舞辻無惨が永遠や不滅といった意味を込めて無限城と名付けた可能性もありそうです。

そして鬼舞辻無惨は「月彦」という仮の姿で貿易会社を持っています。

月彦は大正時代に車を持っていたりと相当なお金持ちのだということが分かりますが、自分の貿易会社を通じて鉄道会社に出資し、色々と融通が効く存在だと考えるのも面白いです。

もしかすると無限列車も貿易会社を経営する月彦の口利きで名前を付けたという可能性もありそうです。

 無限列車と無限城に鬼舞辻無惨絡みの関わりがあるとすると、最初に書いた無限列車の名前の意味も「永遠や不滅を夢見ている」というものかもしれませんね。

 

【鬼滅の刃】無限列車モデルになったSL機関車は「ハチロク」

無限列車のモデルになったのは”8620形蒸気機関車”という機関車のようです。

日本で初めて本格的に量産された蒸気機関車のようで、愛称は「ハチロク」というそうです。

 

 

ハチロクは大正時代の標準形として製造され始め、大正3年から昭和4年までの間に672両も作られていたとのこと。

イカつい漆黒のボディがかなりかっこいいですよね~。

現在ではほとんど走っていないらしく、営業路線を走っているのは熊本県の”熊本駅~人吉駅”間を走る「SL人吉」のみのようです。

相当レアなSLということでSLファンから人気のようですが、鬼滅の刃効果でこれからますます人気になりそうです。

ちなみにSL人吉の中は新しく、鬼滅の刃に登場する無限列車よりも豪華な雰囲気を醸し出しています。

SL人吉の中の様子を貼っておきますね!

 

 

どうでしょうか?

かなり豪華な感じですが、大正時代の雰囲気も残ってて素敵な列車です。

鬼滅の刃ファンであれば一度はこのSLに乗って、かまぼこ隊や煉獄杏寿郎の気分に浸りたいものですね!

 

【鬼滅の刃】無限列車の名前の意味や由来・モデルについてのまとめ

鬼滅の刃に登場する無限列車の名前の意味はとくに明言されていませんが、貿易会社をやっている鬼舞辻無惨が絡んでいるとしたら、無限城と同じように「永遠や不滅」という意味が込められているかも知れません。

また普通付けられているはずの番号が「無限」となっていることから作中でも無限列車と呼ばれているようです。

SLのモデルは”8620形蒸気機関車”というもので、ハチロクという愛称があるカッコいいものです。

現在は熊本県でしか乗れないレアSLですが、鬼滅ファンとしては乗ってみたですよね!

時間とお金に余裕がある人はぜひ熊本県まで足を運んで見てはいかがでしょうか?

 

コメント