煉獄杏寿郎は痣を発現していた?透き通る世界が見えているのかについても

上弦の参・猗窩座と壮絶な戦いをくり広げた煉獄さん。

その戦いの中で「実は痣が発現して透き通る世界も見えていたのでは?」といったコメントを最近では多くみかけます。

 

本当に痣が発現していたとすれば、煉獄さんのファンにとっては衝撃ニュースですよね。

ということで、今回は煉獄杏寿郎の痣の発現について書いていきます!

 

※原作漫画をベースに書いていますので、アニメ派の人はネタバレに注意してください。

映画・無限列車【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎は痣を発現していた?

煉獄さんは、義勇さんが「修羅」と例える猗窩座と痣無しで、しかも1人で戦い皆を守り抜きました。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス8巻より

 

あの猗窩座と痣無し戦い抜いた描写から、「柱の中でも上位の強さがある」という見方をしている人は多いはずです。

 

しかし最近になって、『鬼滅の刃・無限列車編』をみたファンの間で「煉獄杏寿郎は痣者説」がささやかれ始めています。

 

 

結論からいうと、煉獄杏寿郎が痣を発現していた可能性はとても低いです。

たしかに「あの煉獄さんに痣が発現していたら…」と考えるとテンションが上りますけどね~。

さすがに痣の発現には至っていないのではないでしょうか。

 

ちなみに、「煉獄さんに痣が発現していない理由」として考えられるのは以下のようなもの。

 

・右頬が赤いのは血の影響
・アニメ19話で伊之助の手にも同じような模様がある?
・公式でも最初の痣者は炭治郎と言っている

 

上記についてもう少し深堀り解説していきます。

 

映画で右頬が赤いのは血の影響?

「煉獄さんに痣が発現した」といわれているは右頬の部分。

「猗窩座の攻撃を喰らっていない部分が赤く染まっている」ことから痣説が出ているようです。

 

 

攻撃を喰らっていないところが赤く染まるのは確かにおかしいです。

ただ、単行本の8巻でも同じ模様があるので、普通に原作に合わせるために書いた描写の可能性が高い気がします。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス8巻より

 

 

原作では猗窩座の「破壊殺・乱式」と煉獄さんの「炎虎」がぶつかった直後に右頬が赤く染まっています。

描写の流れ的に痣の発現というよりも、「煉獄さんの血or猗窩座の返り血」とみたほうが自然ではないでしょうか。

 

映画の無限列車では原作にない動きも多く付け加えられています。

原作の作画に合わせるために、多少辻褄(つじつま)の合わない部分もありそう。

 

また、映画では痣らしき模様が、コマによって出現したりしなかったりしていました。

痣らしきものが出たり消えたりすることも痣説を盛り上げているようです。

 

個人的には「角度の問題で見え隠れしている部分もあるのではないか?」と感じています。

 

アニメ19話で伊之助の手にも同じような模様がある?

煉獄さんの”痣らしき模様”ですが、実はアニメ「那田蜘蛛山編」19話で伊之助の手にも出現しています。

 

出典:アニメ鬼滅の刃19話 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 

伊之助に痣が発現していないのは確実なので、一連の模様は血の描写とみて間違いなさそう。

 

煉獄杏寿郎の右頬は劇場版「無限列車編」のPV映像でも確認できます。

映像を何度見比べても、伊之助の血の模様と同じようにしかみえません。

 

 

また、原作漫画を改めて確認すると、伊之助以外にも割と同じ模様が確認できます。

そしてそのすべてが紛れもない血の跡。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス11巻より

 

 

それらを踏まえると、このような血の描き方はワニ先生の癖というか、独自の描写である可能性が高いです。

アニメーションを手掛けた「ufotable」もそれに合わせていると考えられますよね。

 

そもそもですが、仮に煉獄杏寿郎に痣が発現したのであれば、ほかの柱のようにくっきりした形がでていてもおかしくありません。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス14巻より

 

 

そもそも「”炎の痣”がこんなに丸みを帯びた”ボヤけたダサい痣”になるのか?」と思ってしまうのは筆者だけではないはず。

 

煉獄さんに痣がでるなら、「燃えたぎる炎の形の痣」にならないとおかしいですし、そもそもいちファンとしてなんか嫌…いや、絶対に嫌w

 

 

公式でも最初の痣者は炭治郎と言っている

作中では「痣は共鳴するかのように伝染する」といわれています。

で、最初に本格的な痣が発現したのは遊郭編での炭治郎です。

 

炭治郎が最初の痣者ということは、公式ファンブックでもはっきりと明記されています。

 

 

 

炭治郎に共鳴するように、時透無一郎や甘露寺蜜璃にも痣が発現しました。

単行本の15巻の柱合会議でも、それについてしっかりと書かれています。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス15巻より

 

 

煉獄杏寿郎が猗窩座と闘ったのは炭治郎が痣を発現する前です。

その事実を踏まえると、煉獄さんに痣が出ていた可能性はかなり低そう。

 

一方で「煉獄さんが最初の痣物で炭治郎に伝染したのでは?」という考えもできます。

しかし、以下の描写をみると、やはり痣の発現は可能性が低そうです。

 

・戦闘を一部始終みていたカラスが本部に報告していない
・義勇さんの痣発現に対する猗窩座の反応

 

出典:鬼滅の刃 コミックス17巻より

 
上記を踏まえると、やはり痣の発現は炭治郎から始まっていると考えるのが普通です。
 
 

 

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎は透き通る世界が見えている?

痣の発現と同じくらいに話題になってきたのが、「煉獄杏寿郎の”透き通る世界”が見える説」ですよね。

 

 

炭治郎の破けた血管の位置がわかったりと、確かに透き通る世界を見ている可能性もゼロではなさそう。

ということで、ここでは「煉獄さんは”透き通る世界”がみえていたのか」について考えてみました。

 

煉獄さんは透き通る世界が見えていない?

もう否定ばっかりで煉獄ファンから苦情が来そうですが、彼は透き通る世界を見えていなかった可能性が高いです。

 

理由は単純で、「見えていたら猗窩座の頸を斬れていた可能性が高いから」です。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス18巻より

 

 

単行本18巻では、”柱級の強さ”を持った炭治郎が、透き通る世界を使って猗窩座の頸を斬っていました。

仮に煉獄さんが透き通る世界をみていた場合、「柱の中で上位の強さ」とされる彼が猗窩座の頸を斬れていないのもおかしいですよね。

 

さらにいうと、透き通る世界が見えていたら、無限列車と同化した魘夢の頸もすぐにみつけられていたはずです。

 

 

至高の領域に近いので感じることはできた?

とはいえ、炭治郎の血管のシーンをみる限り、煉獄さんが確実に”なにか”を感じていたのは紛れもない事実。

 

猗窩座曰(いわ)く「透き通る世界=至高の領域」とのことですが、煉獄さんはその「至高の領域に近い」という描写がありました。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス8巻より

 

 

血管の描写、猗窩座のセリフなどを踏まえると、透き通る世界がみえないにしても、”それに近い力”はすでに獲得していたのでしょうね。

 

「透き通る世界に近いものを感じられたからこそ、猗窩座とも1人で戦えた」

 

上記のように考えると、作中での力関係もバランスがとれてきます。

 

 

【鬼滅の刃】煉獄さんの痣の発現や透き通る世界の考察まとめ

煉獄さんの「痣の発現」や「透き通る世界を見ている」などが話題になっています。

しかし、原作漫画の描写や表現をみる限り、どちらも可能性としては低そう

 

とくに痣の発現に関しては、作中でも「炭治郎をキッカケに伝染した」と明言されています。

なので、それよりも前に煉獄さんが痣者になっているとは考えづらいですよね。

 

とはいえ、痣なしでも猗窩座から大勢を守り抜いたりと、煉獄さんは”透き通る世界”に近い場所に身を置いていたのでしょう。

やはり我らが煉獄の兄貴、只者ではありません。

 

コメント