【鬼滅の刃】煉獄・父親が柱をやめたは理由は?なぜ挫折してクズ廃人になった?

煉獄さんの父親・煉獄槇寿郎(しんじゅろう)は”元柱”です。

作中では体は割と元気な様子でしたし、「動けるのになぜ柱を引退したの?」と感じた人も多いのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、煉獄さんの父親が柱を辞めた理由について書いていきます!

単行本ベースで書いているので、アニメ派の人はネタバレに注意してください。

【鬼滅の刃】煉獄・父親は柱をやめた理由は?

煉獄さんの父親は、炭治郎と喧嘩するほど元気でした。

強くて元気な彼をみると、「なぜ柱を引退する必要があったの?」と思いますよね。

 

煉獄槇寿郎(しんじゅろう)が柱を辞めた理由については、実は公式でもはっきりと明言されていません。

ただ、作中の描写を踏まえると、以下のものが引退に繋がった理由のようです。

 

  • 無気力になったから
  • 任務中に酒を飲むようになったから
  • 鬼殺隊を辞めさせられたから?
  • 杏寿郎が柱になったから

 

ここでは上記について深堀りして解説していきます。

 

無気力になったから

柱を辞めた理由を1つに引っくるめると、煉獄父が無気力になったからです。

 

すべてがどうでもよくなり、

「任務を受けなくなった」、もしくは「鬼狩りをする気がなくなった」

のどちらかの状態になったようですね。

 

どちらにしても、無気力になったことで「任務をまともにこなすことができなくなった」煉獄さんの父。

身体的には元気ですが、メンタル面が影響して柱の引退に至ったようですね。

 

任務に酒を携帯するようになったから

上述したよう、本人の意思で「任務を受けなくなった」という可能性が高いです。

一方で、鬼殺隊から「任務を貰えなくなった」ということも考えられました。

 

理由は「任務中に酒を飲むようになったから」です。

”煉獄杏寿郎外伝”の話にはなりますが、実際に槇寿郎は任務中でも酒を持ち歩いていました。

 

 

当たり前ですが、アルコールを常に持ち歩いている人間に任務は任せられません。

とくに鬼殺隊の任務は、1歩間違えると大惨事になりかねませんからなおさらです。

 

しかし仕事中に酒を持ち歩くとは、もはやアル中の域ですねw

メンタル面の弱さを、アルコールで誤魔化そうとしていたんでしょうね~。

身体が強い元柱といえど、心は我々一般人と変わらず脆(もろ)いようです。

 

 

鬼殺隊から柱を辞めさせられたから?

なんなら、鬼殺隊の本部から「柱を辞めさせられた」ということもあったかもしれません。

 

よく考えたら、

無気力な人間が、
お酒を飲んで酩酊し、
刀を持ち歩いて徘徊している。

と考えたら、控えめにいっても怖すぎて雇いたくありませんよねw

 

なにか問題起こす前に、柱という役職から煉獄父を下ろした可能性も十分にありそうです。

 

とはいえ、物語の後半ではお館様の護衛をするなどしていますから、鬼殺隊には所属しているのでしょうね~。

育手の人たちと同じような立場といった感じかもしれません。

 

 

杏寿郎(きょうじゅうろう)が柱になったから

作中では、「基本的に柱は忙しい」といわれていました。

いくら煉獄父がダメ人間になったとしても、前述してきたように、「槇寿郎に任務を与えない」という選択は鬼殺隊としてはマイナスです。

 

とくに煉獄父が1番堕落していたときは、彼を含めて”柱が6人しかいなかった”ようです。(煉獄父含め)

 

✅少し前の柱のメンツ

  • 煉獄槇寿郎
  • 悲鳴嶼行冥
  • 不死川玄弥
  • 宇髄天元
  • 胡蝶しのぶ
  • 冨岡義勇

※煉獄外伝での描写です。

 

ただでさえ忙しいですから、本心では「酒にまみれた煉獄父でも使いたかった」でしょうね~w

 

そんな中で、息子の煉獄さんが柱に昇格することで、父親の穴埋めをすることができました。

呼吸も同じ煉獄さんが柱になったことで、鬼殺隊も槇寿郎の引退に踏み込めた可能性は高そう。

 

逆に煉獄さんが柱になっていなければ、槇寿郎をまだ柱として起用していたかもしれませんね~。

 

 

【鬼滅の刃】煉獄さんの父が挫折してクズ廃人になった原因

煉獄さんの父親が「柱を辞めた大まかな理由」は上述したとおりです。(少し考察も混じっていますが)

 

「メンタル面が弱っていた」なんて誰にでもあることですし、まぁ仕方がないですよね~。

しかしながら、「そもそもなんで病んでいたの?原因はなに?」と疑問に思った人も多いはず。

 

そこで今度は、煉獄父が「挫折してクズ廃人になった流れ」について考えてみました。

作中の描写を踏まえると、以下のようなものが原因のようです。

 

  • 『炎の呼吸』が『日の呼吸』の劣化版だと知ったから
  • 強さの限界・無能さを悟ったから
  • 妻・瑠火(るか)の病死

 

ここでは上記について深堀りしてみていきます。

 

『炎の呼吸』が『日の呼吸』の劣化版だと知ったから

煉獄父が挫折したのは、

『炎の呼吸』が『日の呼吸』の劣化版だった

という事実を知ったことがキッカケです。

 

煉獄家に伝わる書物にて、自分の扱う炎の呼吸が「始まりの呼吸のほんの一部でしかない」ことを知ったことで”絶望した”ようですね。

 

その事実を知るまでは、

  • 己の強さ
  • 柱になるまでの努力
  • 煉獄家という名家に産まれたこと

などなど、自尊心に満ち溢れていたんでしょう。

 

”井の中の蛙だった”ということを痛感したことで、煉獄父は奈落の底まで落ちていきました。

 

 

強さの限界・無能さを悟ったから

「自分が苦労して極めた呼吸が劣化版だった」

 

たしかに絶望してもおかしくありませんよね~。

 

さらには、煉獄家に伝わる書物には、

「縁壱さんと無惨の戦い」の話をきいた炎柱の祖先が”次元の違いに自身を失った”

ということが書かれていたのだとか。

 

縁壱さんといえば、始まりの呼吸の剣士といわれる最強の剣士。

その最強の剣士が倒せなかった無惨を、「自分がどうやって倒すんだ?」と感じた可能性はかなり高そう。

 

ましてや”日の呼吸の劣化版”の呼吸を使っている状態ですし、「派生を使う自分が勝てるわけがない」と思うのは当然のことです。

 

炎柱の書を読んだとき、煉獄父は「己の強さの限界と無能さ」を痛感したのでしょうね。

 

 

妻・瑠火(るか)の病死

自信を打ち砕かれた煉獄パパ。

人一倍マジメだったからこそ、受けたショックも大きかったと思います。

 

そんな中、最愛の妻である”瑠火(るか)”が病死。

精神的に追い込まれた状態だったところに、”もっともキツイこと”が起こってしまいました。

 

たしかにこれはキツい、キツすぎる…。

クズ廃人になる気持ちも分かりますよね~。

 

 

奈落の底に突き落とされて、さらに上から巨大な石を落とされる感覚でしょうか。

控えめにいっても辛すぎますね~。

 

【鬼滅の刃】煉獄槇寿郎(しんじゅろう)が剣士を引退した理由まとめ

煉獄槇寿郎(しんじゅろう)が柱を辞めた理由は、無気力になり酒クズなったからです。

仕事をしなくなったこともあるのでしょが、逆に任務を貰えなくなった可能性も高そう。

 

そもそも人生に絶望した原因は、

  • 『炎の呼吸』が『日の呼吸』の劣化版だと知ったから
  • 強さの限界・無能さを悟ったから
  • 妻・瑠火(るか)の病死

といったものです。

 

まぁ、挫折する気持ちもたしかに分かりますよね。

キッカケになった「炎柱の書」は、煉獄父がボロボロにしたようですが、煉獄さんが読まなくて本当によかったです。

 

コメント