黒死牟は縁壱の笛をなぜ持っていた?兄弟の関係から理由を考察!

上弦の壱の黒死牟が消滅するとき、弟の縁壱にあげた笛を黒死牟が持っていたことが分かりました。

縁壱に凄まじいほどの嫉妬をいだき、憎んだ黒死牟がなぜ縁壱が持っていた笛を数百年も持ち続けていたのでしょうか?

また逆に、鬼堕ちした兄から貰った笛を持ち続けていた縁壱の心境もかなり気になるところです。

そこで今回は、黒死牟と縁壱がそれぞれなぜ笛を持ち続けていたかについて書いていきます!

 

 

【鬼滅の刃】黒死牟(こくしぼう)は縁壱(よりいち)の笛をなぜ持っていた?

ご存知の通り、黒死牟は子供の頃から縁壱に激しい嫉妬心を抱いており、憎んですらいましたよね。

 

しかし、憎むべき対象の縁壱が持っていた笛を、黒死牟は数百年も持ち続けていました。

あれだけ憎んでいたにも関わらず、最終的には縁壱の笛を持っていたということは黒死牟のなかで縁壱への何かしらの思いがあったはず。

ただ、笛をなぜ持ち続けていたかについてはっきりしないままに黒死牟は消滅してしまったため真相は闇の中です^^;

答えはワニ先生のみぞ知るって感じですが、ここらへんのところも”大正コソコソ噂話”などで真意が明らかになれば嬉しいんですが・・・。

とはいえ、作中で描かれている兄弟の関係の描写から色々と考察や妄想は可能です。

黒死牟が笛を持ち続けた理由について個人的に考えたのは、

  • 黒死牟は縁壱のことが好きだった
  • 本当は嫉妬や憎しみはなかった
  • 笛を持つことで縁壱に近づけると思った

という感じのものです。

次の項ではこれらを解説・深堀りしていきます。

関連:【鬼滅の刃】ワニ先生の名前の由来は?自画像のなぜと意味・理由も

関連:ワニ先生は本物の鬼の王?ひどい・残酷と言われる理由!

 

【鬼滅の刃】兄弟の関係から笛を持っていた理由を考察!

ここでは黒死牟と縁壱の兄弟関係の描写から、笛を持っていた理由について書いていきます。

大まかなものは上述した通りですが、ここからはさらに深堀りして考えてみましょう!

 

黒死牟は縁壱のことが好きだった

まず考えられるのが、黒死牟は縁壱のことが本当は好きだったのではないか?と言うことです。

「気味が悪い」「憎い」と言っておきながら、子供の頃から縁壱を突き放す素振りは見せないし、大人になってからも割と縁壱と一緒に行動しています。

 

もちろん嫉妬や憎しみはあったんでしょうが、黒死牟の根底には縁壱への愛情があった気がしますがどうでしょうか?

”赤い月の夜”に縁壱を斬ったときも涙を流していましたし、とても心から憎んでいたとは思えません。

「老いぼれた弟をみて複雑な気持ちになった」みたいな描写もありますし、やはり肉親として大切な気持ちが黒死牟の中にはあるのでしょうね。

それが「何百年も笛を持ち続けている理由」になっている可能性は少なからずありそうです。

ちなみに個人的な意見ですが、黒死牟の憎んでいたのは縁壱というよりも、自分自身(黒死牟自身)だったのかもしれませんね~。

それを認めたくないがために、長年「縁壱への憎しみ」という感情を使って自分の本当の考えを隠し、自我を保っていたのかもしれません。

関連:黒死牟(こくしぼう)は嫉妬の化け物?弟を恨む理由を考察!

 

縁壱への嫉妬や憎しみは本当はなかった?

これも考察というよりも妄想に近いんですが、

人間時代の黒死牟は、そもそも縁壱への嫉妬や憎しみは感じていなかったのではないでしょうか?

というのも、縁壱側の回想では黒死牟は割と良き兄上だったからです。

 

縁壱にあげた笛だって、父親に殴られながらも「助けて欲しい思ったら吹け」という物凄く優しい想いが込められた笛ですし、

黒死牟が鬼狩りになるときも、縁壱側の回想だと「力を貸してくれた」という感じになっており、黒死牟の回想とは全然違っています。

もしかしたら、黒死牟側の回想は鬼になってから記憶で、嫉妬や憎しみも黒死牟が鬼化するときに、鬼舞辻無惨が作った記憶なのではないでしょうか?

黒死牟が縁壱の兄弟だってことは無残も知っているでしょうし、縁壱を憎む対象として記憶を植え付けていた可能性も少なからずありそうです。

黒死牟が縁壱の顔しか記憶にないのも、もしかすると無残の細胞によって仕組まれたものかもしれません。

で、笛を持ち続けたのは微かに残った人間時代の黒死牟の記憶がそうさせたとか?

ちょっと妄想気味ですが、猗窩座を始めとする鬼の記憶がないのに、黒死牟だけがあるのも引っかかったため可能性の1つとして挙げました。

そう言えば善逸や、善逸の師範に恨みを募らせた獪岳も記憶がありましたよね?

人間時代の恨みなどの記憶は人間への復讐として利用できるので、消えないようにできているのかもしれませんね^^;

関連:獪岳(かいがく)は岩柱悲鳴嶼の寺にいた子供?鬼に家族を襲わせた理由も解説

関連:【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)は上弦の陸になぜなれた?鬼になった理由も考察

 

笛を持つことで縁壱に近づけると思った

黒死牟は縁壱の強さや人格に憧れを抱いていました。

消滅する間際では「縁壱になりたかった」とまで言っていますから、その想いは相当なものです。

 

縁壱が笛を持ち続けていたことを知った黒死牟は、縁壱と同じように笛を持ち続ければ縁壱の考えに近づけるという漠然な考えがあったのかもしれません。

人間時代の黒死牟は縁壱のことをつねづね「気味が悪い」と思っていましたよね?

気味が悪いというのは「理解ができていないから」というのはよく聞く話ですが、黒死牟なりに縁壱の考えを理解したかった可能性はありそうです。

憧れの人をモデリングして、相手の思考や行動を自分に落とし込むという「ニュービヘイビア・ジェネレーター」という手法が現実にありますが、黒死牟もそれと近い行動をとっていたのかもしれませんね。

 

【鬼滅の刃】縁壱が笛を持ち続けていた理由は?

黒死牟の笛を持っていた理由もはっきりしませんが、逆に縁壱もなぜ鬼堕ちした黒死牟の笛を持ち続けていたのかが気になりますよね。

縁壱に関しては作中の描写をみても、「本当に兄上の事を尊敬し、好きだった」のだと言うことが分かります。

黒死牟は自分の事を縁壱よりも劣っていると思っていましたが、逆に縁壱にとって黒死牟は「努力家で優しい兄」に写っていたのかもしれませんね~。

色んな面で兄よりも秀でていた縁壱ですが、弟なりに兄に対して強い憧れがあったの可能性はありそう。

それが家を出るときの「この笛を兄上だと思い・・・」という言葉になって、表現されているのかもしれません。

言葉通り日々精進したことで、強くて人格的にも素晴らしい縁壱に成長できたんでしょう。

黒死牟は「なんのために生きていたのか?」と自分の人生を空虚な物としていましたが、あんがい縁壱の強さや人格形成にかなり大きな影響を及ぼしていた可能性はありそうですね。

 

【鬼滅の刃】黒死牟と縁壱が笛を持ち続けていた理由の考察まとめ

黒死牟が縁壱の笛を持っていた理由は。作中でも明かされていません。

ただ黒死牟と縁壱の兄弟関係の描写を見ると、

  • 黒死牟は縁壱のことが好きだった
  • 本当は嫉妬や憎しみはなかった
  • 笛を持つことで縁壱に近づけると思った

ということが考えられ、これらが笛を持ち続ける理由になっている可能性はありそうです。

とはいえ少し妄想気味の考察なので、原作漫画の「大正コソコソ噂話」などで真相が明らかになるのを期待したいところですね!

関連:【鬼滅の刃】伏線が未回収で謎のまま?最終回まで明かされなかったことまとめ

その他の鬼滅の刃人気記事はコチラ!

>>>【鬼滅の刃】ファンブック電子書籍を購入するメリットや注意点は?内容やレビュー感想についても

>>>【鬼滅の刃】鬼の名前の由来と意味は?読み方と漢字を考察!

>>>【鬼滅の刃】伊之助が猪の被り物をするのはなぜ?素顔をマスクで隠す理由

>>>【鬼滅の刃】アニメと漫画の差を比較!原作の絵が下手でひどいと噂?

>>>鬼滅の刃の鬼が切ないし泣ける!元人間の悲しい過去シーンランキング

>>>鬼滅の刃のアニメで泣けるシーンは何話?感動する名場面を人気順にまとめ!

>>>鬼滅の刃のアニメ動画を全話無料視聴する方法!pandoraで高画質で見れる?

 

コメント