【鬼滅の刃】最終回(205話)がひどい?駄作でつまらない・オチが最悪と言われる理由

社会現象を巻き起こした大人気漫画『鬼滅の刃』。

その原作漫画もファンに惜しまれながら最終回(205話)を迎えました。

 

そんな最終回となる205話なんですが、評判がいまいち良くないです。

 

SNS上でも、

「ひどい」「駄作」「がっかりした」「つまらない」

などという意見が結構多いんです。

 

なぜ鬼滅の刃の最終話はつまらないといわれるのでしょうか?

今回は鬼滅の刃最終回205話について書いていきます!

 

※最終話のネタバレも含みますので、アニメ派の人は本当に注意してください。

【鬼滅の刃】最終回(205話)がひどいし微妙?

冒頭でも触れましたが、鬼滅の刃の最終回205話が、

「ひどい」「駄作でつまらない」「オチが最悪」「微妙すぎる」

とSNSやネット上で話題になっています。

 

人気が高い作品とは思えないほど酷評の感想が多数ありました。

 

 

鬼滅の刃はもはや多くの国民が知っている大ヒット作品です。

「面白い!」「泣ける!」といった感想が大多数だったと思いますが、最終回では一転して「内容がひどいし微妙」とディスられています。

 

まぁ、読者自体も多いので、そもそも皆が納得する最終回はないんでしょう。

とはいえ、一体なぜこのように批判が多いのでしょうか?

次の項では最終回のオチがつまらないといわれる理由について考えていきます。

 

【鬼滅の刃】最終回が駄作でつまらない・オチが最悪と言われる理由

最終回205話が駄作と言われる理由はSNSを見る限り、以下の理由が主な原因のような感じがします。

 

  • 時代が現代に移った
  • 世界観が一気に変わりすぎ
  • 既存のキャラ達が出てこない
  • 伏線の回収がされていない

 

パッとみただけでも「ぁあ、たしかに…」と思った人も多いのではないでしょうか?

ここからは上記についてさらに深堀りしてみていきます。

 

時代が現代編に移った

皆さんご存知のとおり、鬼滅の刃は大正時代の物語。

その少し古い時代背景が、鬼滅の刃の独特の空気感を生んでいたようにも思います。

 

 

しかし、最終回での物語は現代へと一気に舞台を移します。

時代が変わったことで、鬼滅の刃の「どこか古臭くて良さげな空気感」がなくなってしまいました。

 

 

原作漫画ではときおり『鬼滅学園』というパロディ作品が描かれていましたよね。

『鬼滅学園』の舞台も現代を思わせる時代背景でしたが、まさか本編も現代に移るとは…。

パロディ作品もおもしろいのですが、「本編までそっちに寄せんの?」というモヤモヤは残ります。

 

「最終回だからこそ大正時代で終わってほしかった」というファンがとても多かったようです。

それが今回の酷評に繋がっているということですね。

活躍したメンバーたちで締めくくれば、”鬼滅らしさ”は残っていたかもしれません。

 

世界観が一気に変わりすぎ

前述したものと付随するんですが、時代背景が変わったことで鬼滅の刃の世界観もガラッと変わってしまいました。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス23巻より

 

現代編では主要キャラ達の「子孫」や「転生者」が登場します。

平和な描写はもちろん喜ばしいことですが、読者としては「学園モノの違う作品」を読んでいるようで妙な気分になります。

これに関しては筆者も「あれ?ワニ先生の新しい作品なのか?」と戸惑ってしまいましたw

 

・「鬼との命のやり取り」
・「鬼の切ない過去」
・「鬼への同情」
・「グロさ」

 

などなど、鬼滅の刃の魅力ですよね。

しかしながら、現代編へ移ってからは”そういった要素”が1つもありません。

 

 

鬼を倒した平和な世界を描いているので当然ではあるんですが、正直”読者がついていけていない感”は否めません。

 

ワニ先生はたびたび「鬼のように残酷だ」といわれていました。

今度は「ついに世界観まで壊しにかかってきた!」なんていわれそうですw

 

 

子孫達がメインで主要キャラが出ない

子孫が登場するのはいいんですが、最終回では今まで活躍したキャラがほぼ登場していません。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス23巻より

 

「主要キャラの鬼を倒したその後」を”じっくり”、そして”しんみり”と噛み締めたかったファンも多かったでしょう。

 

しかし最終話ではそういった部分がほぼなかったことも、鬼滅ファンには悲しみだったようです。

主要キャラのやり取り自体は204話で少しありましたが、わりと駆け足で描かれている感じがありますね。

 

冨岡義勇や不死川実弥、かまぼこ隊やカナヲなど、「主要キャラ同士の絡みをもっとみたかった」いう意見はSNSでも多いです。

 

 

まぁ、ワニ先生の伝えたいことはそういった矛盾の外にあるのでしょうね。

とはいえ、「今までの物語はこの学園シーンに繋がっていたの?」と考えると、やはりモヤモヤはします。

 

 

伏線の回収がされていない

鬼滅の刃は最終回を迎えましたが、作中での多くの謎や伏線が明かされていないし回収もされていません。

例えばですが、以下のようなものがあります。

 

・「鬼と藤の花の関係」
・「産屋敷一族の病気の謎」
・「善逸の母親や出生の謎」
・「鬼舞辻無惨を鬼に変えた医者の正体」

 

上記はほんの一部で、細かいものも合わせればもっと数多くの謎や伏線がそのままなんですよね。

 

 

原作漫画が最終回を迎えてしまったので、作中の多くの謎たちが今後スポットライトを浴びる機会もなさそうです。

「公式ファンブックの完全版」や「外伝」などの別冊で、明かされなかった謎が補完されればファンとすれば嬉しいのですがどうなるのでしょうか。

 

ちなみに、物語である意味最大の謎だった「青い彼岸花」については非常にあっさりしたものでしたねw

「そんな花を永遠と探していた鬼舞辻無惨って一体…」って感じですねw

 

 

 

【鬼滅の刃】最終回発情期(ファイナルファンタジー)と呼ばれる理由は?

上述したもの以外にも、鬼滅の刃のファンの一部からは、

「鬼滅の刃も「最終回発情期(ファイナルファンタジー)」になってしまった…」

と、残念がる声も多くでていました

 

✅『最終回発情期(ファイナルファンタジー)』の意味は?

長期連載漫画の主人公やヒロイン達が最終回に近づくに連れて、どんどんカップリングしていくさまをいい表している。

 

「最終回発情期(ファイナルファンタジー)」とは、少年ジャンプに連載された人気漫画「銀魂」の74巻に出てきたフレーズです。

 

出典:銀魂 コミックス74巻より

 

 

あるブログでは「『NARUTO』や『BLEACH』でも同じ道を辿った」と書かれていました。

よくよく考えると確かにそうかもしれませんねw

 

で、鬼滅の刃も”もれなく同じような道を辿ってしまった”ということで、がっかりしたファンも多かったようです。

 

 

『炭治郎×カナヲ』、『善逸×禰豆子』などは、そもそもカップルにしようとする描写があったのでまだ分かります。

 

しかし、『伊之助×アオイ』の組み合わせは、ファンの間での妄想カップルだったはず。

その妄想が作中で急に実現してしまい、多くのファンが「あの野生児が恋愛!?」とプチパニックに陥ったわけですねw

 

ただ伊之助に関しても、”急速に心が成長していくさま”が描かれていました。

それを踏まえると、確かに人との恋愛もありえない話ではありません。

 

とはいえ、「鬼をぶった斬る鬼滅の刃がまさか恋愛漫画化して終了するとは・・・」と感じた人はやはり多かったのでしょうね。

で、それが最終回の評価に繋がったといえそうです。

 

 

【鬼滅の刃】最終話の205話が面白い・感動したという感想も多い

「駄作でつまらない」といわれる反面で、「面白い、感動した」という読者も実は結構います。

 

 

鬼がいなくなった世界で子孫達が繁栄してく様子は、「命を賭して鬼と戦った鬼殺隊員の象徴」でもあります。

 

・炭治郎を鼓舞した錆兎や真菰
・かまぼこ隊の運命を変えた煉獄杏寿郎
・無限城で命を張った胡蝶しのぶや時透無一郎

 

上記のような、いろんな”犠牲があって現代に繋がっている”のは事実です。

 

「生死を分ける戦いに身を投じていたからこそ、命を繋いでいくことに大きな意味がある」

そう考えると、最終回は感動できる話なんですよね。

 

最終回では、たしかに”今までの鬼滅の刃の空気感”はなくなりましたが、「読み手がワニ先生の意図をどう捉えるか?」によって大きく意見は変わりそうです。

 

少し解釈を変えて見ることで、実は素晴らしい最終回と感じることができるかもしれません。

 

 

最終巻23巻の加筆が素晴らしい!書き足しが感動するとの声も多数!

2020年12月4日に鬼滅の刃最終巻となる単行本23巻が発売となりました。

 

 

最終巻ではジャンプ本誌の内容に加えて、加筆ページが追加されています。

その内容は、ジャンプ本誌ですでに最終回を読んだ人にも読み応えのあるものでした。

 

残念ながら、残された伏線や謎といったものは今回も回収されません。

しかしながら、ジャンプ本誌で評価の悪かった「現代編へ移行する流れ」や「子孫たちの感情」などがより細かく描かれ、ジャンプ本誌よりも受け取るものが多い内容になっています。

 

出典:鬼滅の刃 コミックス23巻より

 

書き足されたページでは犠牲になっていった者たちの姿とともに、「生きることの尊さ」「本当の仲間の大切さ」などを伝える描写がありました。

本誌には描かれなかった素敵なシーンが目頭を熱くさせてくれます。

 

 

最終巻の発売前は「鬼滅の刃の最終回は面白くない」という評判が多数でした。

しかし新たな追加ページを含めたら世間の評判はかなり良くなりそうです。

 

実際に筆者もジャンプと最終巻を読み比べましたが、最終巻の方が圧倒的に感動しました。

最終回にマイナスイメージを持っている人も、23巻を読むことで評価が変わる可能性はかなり高いです。

 

依然として謎や未回収の伏線は多いですが、そこらへんは新しい公式ファンブックに記載されることを期待しましょう^^

ワニ先生!素敵な感動の追加ページありがとうございました!

 

 

 

【鬼滅の刃】最終回205話が駄作でつまらない?内容についてのまとめ

鬼滅の刃の最終回は「駄作でつまらない」といわれています。

理由としては、以下のものが挙げられ酷評されていました。

 

  • 時代が現代に移った
  • 世界観が一気に変わりすぎ
  • 既存のキャラ達が出てこない
  • 伏線の回収がされていない

 

上記に加え、「最終回発情期」といわれる”お決まりのパターン”で終了したことも、評価を下げた理由の1つのようです。

 

ただ、「犠牲になった命が繋がって現代に繋がっている」と考えると、また少し見方が変わってきます。

上記のように解釈した読者的には感動の最終回だったようです。

つまんないと思った人も、少し解釈を変えて読むことで205話のイメージが変わるかもしれません。

 

ワニ先生いい作品を世に生んでくれてありがとうございました!

伏線や謎のの回収だけは、別冊やスピンオフでどうかよろしくお願いします。(願いよとどけ)

 

コメント

  1. 読者 より:

    最後はファンに媚びちゃった感じがしてガッカリしました。
    作者が鬼のように冷酷だと言われた事を気にしてこのような結末にしてしまったのではないかとすら思えます。
    ファンに媚びる事がファンを裏切る事になるのに…
    物語が最初からシリアスで心に響く描写があっただけに、ハッピーエンドな結末よりも悲しくてももっと感動する結末を望んでいた人が多かったのではないでしょうか。
    そして何より少年ジャンプでカップリングだらけの終わり方はないだろうと思いました。
    恋愛漫画が読みたいなら初めから少女漫画を読みます。少年漫画を読んでいる人達は恋愛よりももっと違う感動を求めているのでは…。
    絵柄も最後の方は少女漫画のようになってしまっていたし、最後の数話は本人じゃなくアシスタントの方が描いたのでは?と思えてしまいます。
    これだけ人気があり評価されていた作品だっただけに非常に残念でなりません。
    最終回で全てを台無しにしてしまったように思います。
    アニメ2期の発表がないのもこれが原因なのかなと思いました。

    • アツキ アツキ より:

      読者さんコメントありがとうございます^^

      やはり最終回については意見が別れますよね^^;

      ハッピーエンドが悪いわけでは無いし、
      「鬼のいない世界で子孫が命を紡(つむ)ぐ設定」は感動ですが、、
      鬼滅の「いい意味でダークな部分」が急に”すっぽり無くなった”感は否めませんよね~。

      そして絵のタッチですが、読者さんが仰る通り急に変わりましたよねw(正直僕もかなり気になりました)
      最終話に近づくにつれて、目がくりくりで全体的に丸みを帯びた絵にはちょっと違和感がありました。

      炭治郎が鬼になったときに、伊之助の泣く「わーん」とか頭を叩く「ポカポカ」の描写では確かに違う漫画を見ている気にはなりましたね^^;

      アニメの2期ですが、ここまで話題になったらやるのではないでしょうか?
      ここまで話題になった作品を、関係する大人たちが放り出すとは到底思えませんが・・・。

      アニメは絵が綺麗で面白いので、個人的にはアニメに期待しています!

      • 読者 より:

        ご返信ありがとうございます。
        ハッピーエンドが悪いわけではないですよね。そうなんです。
        ただ同じハッピーエンドでも204話が最終話でその後書き下ろしへと続く感じでよかったのかなと思います。
        ジャンプの担当者の方は何故205話を番外編として入れなかったのか不思議でなりません。
        205話はどうしてもファンが描いた二次創作にしか見えなくて…正直物凄くショックでした。
        ファンの妄想カップリングを公式にしてしまったのもキツイなと感じます。

        ufotableさんが制作してくれたらまた印象が変わるのかもしれませんね。
        無惨戦で亡くなった柱達の最期が駆け足で描かれていたので、その点などもアニメで丁寧に描写してくれる事を願っています。

      • 読者 より:

        ご返信ありがとうございます。
        ハッピーエンドが悪いわけではないですよね。そうなんです。
        ただ同じハッピーエンドでも204話が最終話でその後書き下ろしへと続く感じでよかったのかなと思います。
        ジャンプの担当者の方は何故205話を番外編として入れなかったのか不思議でなりません。
        205話はどうしてもファンが描いた二次創作にしか見えなくて…正直物凄くショックでした。
        ファンの妄想カップリングを公式にしてしまったのもキツイなと感じます。

        ufotableさんが制作してくれたらまた印象が変わるのかもしれませんね。
        無惨戦で亡くなった柱達の最期が駆け足で描かれていたので、その点などもアニメで丁寧に描写してくれる事を願っています。

        • アツキ アツキ より:

          読者さんご返信ありがとうございます^^

          確かに、204話から鬼滅らしい終わり方で締めつつ、205話分は違う形での出版のほうが、
          ダークな部分を好きな鬼滅ファンにはさらに刺さった可能性は高そうですね^^;

          ファン妄想のカップリングも、義勇としのぶさん以外はほぼ成立してしまい、
          「作者は最初からこの構成を持っていたのか」が疑問には感じるところです。

          仮に作者の構想がファンの影響で変わったとしたら、
          読者さんや僕が感じる違和感は「作者のぶれ」によるものかもしれませんね~。

          ただ、作者が書いたものが当然ながら「正解」となるので、
          その正解を僕らが柔軟に受け止めるのも、鬼滅の刃の醍醐味なのかなとも感じます。

          また柱たちの最後に関してですが、柱と言わず全体的に駆け足感は凄かったですよね^^;

          読者さんが仰った、「柱の最期」の描写はもちろん、上弦の鬼の過去など、
          物足りない部分は多いですが、そこらへんはufotableさんに期待して気長に待ちたいところです。