【鬼滅の刃】人気が下火で落ちた?ブームが終わったのは本当?

「最近でもっとも流行った漫画やアニメなに?」

この質問に多くの人が「鬼滅の刃」と答えるのではないでしょうか?

老若男女を巻き込んで爆発的にヒットした鬼滅の刃ですが、最近では人気がかなり落ち着いた様子。

各メディアでもあまり話題に上がりませんし「もう鬼滅ブームは去った?早くない?」と感じた人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、鬼滅の刃の人気具合について書いていきます!

【鬼滅の刃】人気が下火で落ちた?

「〇〇の呼吸!」というセリフとともに、大勢の人に鬼滅の刃の人気は広がりましたよね。

1つの社会現象をも巻き起こした鬼滅の刃ですが、最近では「人気が落ちた」「鬼滅はオワコン」なんて評判もよく目にするようになりました。

 

 

そういえば、TVやSNS、ブログ記事といった各メディアでも、「鬼滅の刃」という単語を見かけることが少なくなった気がします。

劇場版「鬼滅の刃・無限列車編」は、歴代の映画作品をゴボウ抜きして興行収入トップになるほどの人気ぶり。

 

そんなモンスター作品がなぜ急に人気が下火になったのでしょうか?

個人的にも気になったので「鬼滅の刃の人気がなぜ落ちたのか?」について調べてみると、以下のような理由が浮かび上がってきました。

 

1・原作の連載が終了している
2・アニメ2期の制作発表や放送が遅い
3・呪術廻戦など新しい作品に人気が移った

 

ここからは上記についてもう少し深堀りして見ていきます。

 

理由1・原作の連載が終了している

鬼滅の刃の原作は2020年5月に連載を終了しています。

連載を終了した時期辺りが、鬼滅の刃が世間的に盛り上がりを見せた時期でした。

 

原作が終了すると当然新しい展開もありませんから、既存のストーリーで盛り上がるしかありません。

鬼滅の刃には未回収の伏線や設定も多いので、ファンの間で考察したりと長く盛り上がれました。

 

ただ既存のネタをイジることにも限界がありよね。

原作が終了して1年を過ぎた頃では、流石に多くのファンも飽きてきます^^;

仮に原作が続いていたら、おそらく「鬼滅の刃オワコン」なんていわれていないでしょうね。

 

 

理由2・アニメ2期の制作発表や放送が遅い

鬼滅の刃は原作よりもアニメが人気です。

原作の連載が終わって1年経つのに鬼滅の刃が親しまれているのは、アニメの影響もかなり大きいはず。

 

しかし人気のアニメも1期が終了してから長い間、続きとなる2期の制作や関連情報も一切なし。

無限列車の映画化については情報が出ていましたが、「映画以降の告知」がなさすぎて熱が冷めてしまったファンも多いようです。

 

 

2020年10月から放映された「無限列車」を長く引っ張ったあと、2021年2月14日にようやく2期「遊郭編」のアニメテレビ化の告知がされました。

 

 

ただ先ほども書いたとおり、すでに原作は終了しています。

一部の超コアなファン意外は、正直熱量を保つことができません。

 

 

理由3・呪術廻戦など新しい作品に人気が移った

「じゃあ世間が持っていた熱量はどこへ行ったの?」という話になりますよね。

その答えはかなり単純で、呪術廻戦などの「新しい人気作品に関心が移っていったから」ようです^^;

 

 

筆者はよくSNSで漫画やアニメの情報をチェックしますが、確かに呪術廻戦だけではなく様々な作品に世間の関心が移っているように感じます。

最近では『無職転生』や『ウマ娘』、『東京リベンジャーズ』といったアニメもかなり話題になっていますよね。

 

「連載もないしアニメの続きも発表もない」

鬼滅がそんな状況の中、面白い人気作品があればそっちに関心がいくのは当然と言えば当然

 

とくに今は情報の伝達が凄まじく人気の移り変わりも早いです。

タイミングを逃すと、あっという間にファンの熱量は拡散されるようですね。

 

 

【鬼滅の刃】ブームは本当に終わった?

ネットでは「鬼滅の刃」という単語を極端に見なくなった気がします。

現に最近では鬼滅の刃よりも、呪術廻戦など他の作品名をSNSで目にする機会も増えました。

 

とはいえ、興行収入1位まで盛り上がった鬼滅の刃です。

そんな大人気の作品のブームは本当に終わってしまったのでしょうか?

 

呪術廻戦やワンピースとの比較

上のほうではSNSのコメントを元にして色々と書いてきましたが、今度はデータに基づいて見ていきましょう。

グーグルトレンドというツールで、

・「鬼滅の刃」

・「呪術廻戦」

・「ワンピース」

といった人気作品を比較していきます。

 

 

赤色の鬼滅の刃は原作が終了となる4月~5月あたりに、大きくデータが伸びているのが分かります。

国民的漫画として愛されるワンピースすらも大きく上回っており、人気の高さが伺えますよね。

 

で、鬼滅の刃が更に大きく跳ね上がったのが劇場版「無限列車」の放映直後。

ワンピースも呪術廻戦も意に介さないほど、鬼滅の刃の強烈な人気がデータからみてとれます。

 

その後は徐々に落ち着きをみせ、年明けぐらいに人気が上がってきた呪術廻戦と並ぶ形に。

2月の後半にはさらに失速し、3月には完全に呪術廻戦と入れ替わっていますね^^;

 

このように鬼滅の刃の人気は着実に下火になっていることが、グーグルのデータでここまで明確になっています。

 

ちなみにワンピースはほぼほぼ一定を保っていますが、さすがベテランの人気作品といったところでしょうか。

 

 

まだまだ話題性はある?

データでも人気が下火になっていることが確認できた鬼滅の刃。

しかし先ほどのグーグルのグラフを見ると分かりますが、人気が落ちたと言ってもワンピースと同じくらいのトレンド感を持っているんですよね。(データ上は)

 

鬼滅の刃のコラボ商品物も物によっては需要があり、売り切れの情報もまだまだあるようです。

 

 

ワンピースに影響力があるのは言わずもがなですが、鬼滅の刃にも影響力がまだまだあることが分かります。

むしろ今までの盛り上がりが異常すぎたのかもしれません^^;

 

 

「人気が下火」「鬼滅の刃オワコン」なんていわれていますが、データ上はまだまだ話題性が高いです。

アピールの仕方によっては、アニメ2期で人気が再燃する可能性は十分にありそうです。

 

 

鬼滅の刃の”その後”の人気の推移・・・2021年9月7日追記

記載しているデータを載せてから日が経っていたので、その後の人気を改めて調べてみました。

 

改めてグーグルトレンドで、

・「鬼滅の刃」

・「呪術廻戦」

・「ワンピース」

といった作品たちを再度比較していきます。

 

 

(※表示されない場合コチラから該当データが見れます)

 

ワンピースの上を推移していた鬼滅の刃ですが、4月以降はほとんど下回っていますね。

9月7日現在ではワンピースの半分ほどのトレンド感しかありません。

また驚いたことに、あれだけ人気だった呪術廻戦のトレンド感もかなり下がっています。

 

呪術廻戦はアニメの終了や休載が原因でしょうか。

こうやってみると、やはり「トレンドはあっという間に移り変わっていく」のが分かります。

 

流石にここまで下がったら「下火」といわれても仕方がないですね。

制作の大変さや大人の事情があるのでしょうが、やはり機を逃した感は否めません。

 

アニメの2期が始まりますが、そこでどれだけ巻き返せるかが気になるところです。

筆者自身が鬼滅のファンなので、再度盛り上がってくれたら個人的にも嬉しいですが。

動きがあればまた追記していきますね。

 

【鬼滅の刃】人気・ブームが終わってオワコン?についてのまとめ

鬼滅の刃は一時に比べてメディアで取り上げられる機会が随分減りました。

ネット上でも「鬼滅の刃オワコン」なんて言われています。

 

理由として浮かび上がったのは以下のもの。

 

1・原作の連載が終了している
2・アニメ2期の制作発表や放送が遅い
3・呪術廻戦など新しい作品に人気が移った

 

「アニメ2期や目新しい情報がない」といったところに面白い作品が台頭すれば、ファンの皆さんの熱も冷めてしまったり、目移りするのは当然といえば当然^^;

 

とはいえ、グーグルのデータを見ると「根強いトレンド感」を示しており、まだまだ影響力があることが分かります。

アニメ2期の盛り上がり次第では、鬼滅の刃”熱”が再び燃え上がる可能性は高そうですね^^

 

 

コメント