【鬼滅の刃】炭治郎の鬼化は上弦の零なの?漫画の公式設定?

無惨との最終決戦で炭治郎が鬼化しました。

ネット上ではその鬼化した炭治郎を『上弦の零』と呼んでいる人もいるとかいないとか。

上弦の鬼といえば無惨直属の最強戦力ですが、鬼化した炭治郎もその一員と呼べるのでしょうか?

そこでこの記事では、

・鬼化した炭治郎は「上弦の零」なのか

・そもそも上弦の零とはなんなのか

という2点について書いていきます!


【鬼滅の刃】炭治郎の鬼化は上弦の零なの?

ネット上では上弦の零と呼ばれている鬼化した炭治郎。

しかし結論から言うと炭治郎は上弦の零ではありません。

ここではその理由についてまとめました。

 

そもそも上弦の鬼は6体だけ

というのも、そもそも上弦の鬼は上弦の壱~陸までの6体だけです。

炭治郎が上弦の零と言うなら、上弦の鬼は全部で7体。

 

そう考えると十二鬼月の設定自体がおかしくなりますよね。

さらに言うと、ネット上では「下弦の零」もいるのでは?なんて噂も出ているとのこと。

仮にこの噂が本当だとすると十二鬼月ではなく「十四鬼月」ということになりますねw

 

上弦の鬼は鬼舞辻無惨が作った

ご存知の通り、上弦の鬼を含む十二鬼月は鬼舞辻無惨によって組織されました。

何なら十二鬼月の名前まで無惨が名付けており、公式ファンブックによっても明かされている事実。

 

要は「無惨に十二鬼月と認めた者」「名付けられた者」というのが上弦の鬼となるわけです。

 

しかし、炭治郎は文字通り十二鬼月入リを無惨から命じられたわけでもないし、名前を貰ったわけでもありません。

ということは、「炭治郎=上弦の鬼」という認識自体がちょっとおかしなものになってきますよね^^;

 

そもそも炭治郎が鬼化したのは無惨が消滅した後です。

十二鬼月を組織した無惨様が消えたのであれば、上弦の鬼という概念もなくなるのではないでしょうか?

関連:【鬼滅の刃】鬼の名前の由来と意味は?読み方と漢字を考察!

関連:鬼舞辻無惨の最終形態が赤ちゃんなのはなぜ?パクリと言われる理由も

 

鬼化した炭治郎は『鬼の王』

上弦の鬼に該当しないなら「鬼化した炭治郎は何者なのか?」ということになりますよね。

 

炭治郎は結局人間に戻ったので炭治郎そのものなのですが、鬼化した状態に呼び名があるとすれば『鬼の王』ということになります。

作中でもあの無惨様が「自分を超える最強の鬼の王になりうる」的な描写がありましたよね。

愈史郎も「炭治郎の鬼の素質は最強」的なことを言っていましたし、もはや”上弦”という域には収まらないようにも感じますよね。

 

鬼になりたての炭治郎の強さはさておき、無惨のセリフや日光や赫刀の克服など考えると、上弦の零よりも「鬼の王」としての呼び名が相応しいように感じます。

関連:愈史郎(ゆしろう)が画家になった理由は?瑠璃の花と珠世の絵の意味も

関連:【鬼滅の刃】炭治郎の鬼化は無惨より強い?最強の鬼の王はどっち?

関連:【鬼滅の刃】黒刀は日の呼吸だけの色?赫刀(かくとう)になりやすい秘密がある?

 

【鬼滅の刃】上弦の零は漫画の公式設定?

単行本で無惨が炭治郎を「鬼の王」としてして呼んでいるのであれば、「炭治郎=上弦の零」という呼び名はどこから発生したのでしょうか?

上弦の零と呼ばれる鬼の片鱗(へんりん)が作中にあったのかどうか、原作漫画を改めて調べてみました。

 

公式設定では上弦の壱までしかいない

原作漫画を改めて見ましたが、やはり上弦の鬼は上弦の壱の黒死牟までしか存在しません。

黒死牟より上は鬼の始祖・鬼舞辻無惨がいるのみなので、上弦の零という設定自体がやはりないようです。

 

ということは、上弦の零という概念はどこからきて、どのように広まったのかがさらに疑問^^;

とにかく公式設定ではないので、上弦の零という呼び名は公式以外のものというのはほぼ確定です。

 

ちなみに、「黒死牟よりも前に鬼にした者を上弦の零と呼ぶ」というネットの意見も多少ありました。

ただ作中の描写を見ると、十二鬼月の1番の古株は黒死牟や上弦の参・猗窩座。

確かに黒死牟よりも早くに鬼になった者はいるんでしょうが、十二鬼月結成前の鬼を”上弦の鬼”として扱うのはやはりちょっと違いますよね^^;

関連:【鬼滅の刃】黒死牟(こくしぼう)の目の数が6つで多いのはなぜ?縁壱との関係が理由?

関連:童磨(どうま)と猗窩座(あかざ)強さはどっちが上?血鬼術や能力から考察!

 

上弦の零は二次創作漫画のキャラクター

上弦の零は公式漫画でも設定として存在していないのに、なぜここまで噂になっているのでしょうか?

そう感じて調べたところ、上弦の零はそもそも鬼滅ファンの人たちが二次創作で書いたキャラクターとのこと。

二次創作で描かれていた上弦の零がネット上で広まっていき、それが新たな鬼滅ファンの目にとまり、「え?上弦の零なんているの?それって鬼化した炭治郎?」という感じになっているのが現状のようですね。

 

上弦の零はワニ先生?

上弦の零はファンの二次創作キャラクターでしたが、「実は作者のワニ先生が上弦の零だよね」ということもファンの間では言われていたようです。

最終決戦では鬼や鬼殺隊の命・手足が容赦なく奪われていきますが、「それを描いているワニ先生が1番ヤバくない?」というのが理由のようです。

 

ちなみにジャンプ連載時には上弦の零を超えて、「ワニ先生が本物の鬼の王だったのではないか」とも言われていましたw

それだけ鬼との戦闘が過酷だったということを伝えたかったのでしょうね。

関連:ワニ先生は本物の鬼の王?ひどい・残酷と言われる理由!

関連:【鬼滅の刃】ワニ先生の名前の由来は?自画像のなぜと意味・理由も

 

【鬼滅の刃】上弦の零の正体についてまとめ

鬼化した炭治郎が上弦の零と呼ばれることも多いようですが、十二鬼月という設定を踏まえると上弦の零という言い回しはやはり不自然。

また”上弦”という言い回しは無惨の配下を意味しますが、無惨に「鬼の王」と称された炭治郎はもはやその域を超えています。

 

それを踏まえると、やはり鬼化した炭治郎は上弦の零よりも鬼の王という呼び名が合っているのかもしれません。

そもそも上弦の零とファンの作った二次創作のキャラクターなので、それは流石に公式の原作には反映されませんよね^^;

 

とはいえ上弦の零という鬼がいたら面白いのも事実。

外伝やアニメオリジナルなんかで描かれたりなんかしたら鬼滅ファンとしては胸アツですですね^^


コメント