【最終選別】義勇は厄除の面をしていた?手鬼から生存できた理由

最終選別の藤の花の山で、手鬼は鱗滝の弟子を執拗に狙い命を奪っています。

鱗滝左近次の弟子は根こそぎ喰っているようで、厄除の面を目印に襲っていると言っていましたよね。

しかし、水柱の冨岡義勇も鱗滝左近次の弟子なのに、最終選別を無事突破して生存できています。

もしかしたら、冨岡義勇は厄除の面を付けていなかったんでしょうか?

この記事では、冨岡義勇が最終選別で手鬼に狙われずに生存できた理由について書いていきます!

※ネタバレ含みますのでアニメ派の人はご注意ください。

 


鬼滅の刃【最終選別】冨岡義勇は厄除の面(やくじょのめん)をしていた?

冒頭で触れたように、手鬼は鱗滝左近次の弟子を執拗に襲って喰っています。

手鬼曰く、「鱗滝左近次の彫った厄除の面を目印にしている」ようで、厄除のお面を着用した弟子はみんな喰っているとのこと。

しかし、冨岡義勇も鱗滝の弟子でありながら、無事に最終選別を突破して柱として活躍しています。

厄除の面をしていたら手鬼に狙われてしまうはずですが、なぜ義勇だけ助かったんでしょうか?

 

 

「もしかして義勇は厄除の面を貰わなかった?」とも思ったんですが、冨岡義勇と同期の錆兎が付けているのでそれは考えづらいです。

錆兎は厄除の面をしっかりと着用していますので、冨岡義勇も狐のお面を貰って最終選別に臨んでいると推測できます。

 

ちなみに、原作漫画の扉絵にも冨岡義勇が厄除の面姿が描かれていますので、義勇も鱗滝さんからお面は貰っている確率は非常に高いです。

 

「鱗滝左近次の弟子を全て襲う」と決めている手鬼から逃れ、最終選別を生存して突破できたのはなぜなんでしょう?

関連:鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)は厄除の面をなぜ渡す?狐面の理由・真相を考察

関連:錆兎(さびと)は弱い?強さ・実力をセリフや登場シーンから考察

 

鬼滅の刃【最終選別】冨岡義勇が生存できた理由

手鬼は大型の異形の鬼なので、最終選別を受ける候補生には荷が重い相手です。

逃げるのもかなり難しそうな相手ですが、冨岡義勇が狙われずに生存しているのがとても不思議です。

ここでは冨岡義勇が手鬼から逃れて生存できた理由を書いていきます!

関連:【鬼滅の刃】異能の鬼(いのうのおに)ってなに?異形の鬼との違いも

 

義勇の狐のお面が割れていた

冨岡義勇が手鬼から逃れられた理由でもっとも大きいのが、冨岡義勇の狐のお面が割れていたからです。

気づきにくいですが、実は原作漫画でも冨岡義勇の割れたお面が少しだけ書かれているのが確認できます。

 

 

この画像の左下にお面が映っていますが、割れて壊れているのが見て取れます。

炭治郎も狐のお面が割れた後に捨てたようですが、義勇も割れたお面はそのまま捨てた可能性が高いです。

狐のお面がなければ手鬼が義勇を率先して狙う理由もなくなりますから、生存確率はグッと上がります。

 

手鬼に鱗滝左近次の弟子だとバレなかった

目印になる厄除の面がなければ、手鬼に鱗滝の弟子だとバレることはありません。

手鬼と遭遇したとしても、鱗滝の弟子だと分からなければ手鬼も執拗には追ってこないと考えられます。

もちろん手鬼から逃げるのは至難の業ですが、お面の破損後は攻撃の対象外なので、しつこく追ってこなければ最悪逃走できます。

 

 

義勇は最終選別中に気を失っていた描写も醸し出されていますから、仲間に運ばれながら手鬼から逃げていた可能性もありそうですね。

また、気絶しているところを手鬼に見つかっても、狐のお面を付けていないのでスルーされて助かったのかもしれません。

厄除の面が壊れたとしても、「なんで人を喰う手鬼にスルーされるの?」って疑問が残りますが、それについては次で解説します。

 

手鬼は人をあまり喰えない

実は手鬼はそもそも人をあまり喰わない(喰えない?)ようです。

藤の花の山に閉じ込められて47年ほど経過しているようですが、喰った人数は50人ほどと言っています。

一見すると多いように感じますが、1年に1人くらいのペースですので、そこまで大食いではないことが分かります。

元・下弦の鬼の響凱が「段々と人が喰えなってきた」と言っていましたが、手鬼も人を喰える限界値に達していて、喰うペースがとても遅くなっていたのかもしれません。

仮に人間をあまり喰えなくなった手鬼が気を失った義勇を発見しても、

「錆兎を喰った後だから人はしばらく喰えない」「鱗滝の弟子じゃないから興味がない」という理由でスルーされたとも考えられます。

手鬼以外の鬼は錆兎が無双していますので、手鬼さえ襲ってこなければ生存して最終選別をクリアできます。

 

鬼滅の刃【最終選別】義勇が手鬼から生存できた理由まとめ

冨岡義勇も錆兎と同じように最終選別では厄除の面をつけていました。

厄除の面をつけていれば鱗滝に強い恨みを持つ手鬼に襲われそうですが、冨岡義勇はなんとか回避できたようです。

最終選別で冨岡義勇が手鬼に狙われずに生存できた理由は、

・義勇の狐のお面が割れていた

・手鬼に鱗滝左近次の弟子だとバレなかった

・手鬼は人をあまり喰えない

などが考えられます。

単純に手鬼と義勇が遭遇しなかった可能性もありますが、 狐のお面が割れたことで弟子だとバレなかったことや、手鬼が人をあまり喰わないのが理由としてはデカそうです。

最終選別はかなりひどいものですが、手鬼に狙われないことだけでも生存確率はグッと上がりますね!

関連:【鬼滅の刃】最終選別がひどいし残酷?残った人数が少なすぎる理由

関連:【鬼滅の刃】手鬼はなぜ放置されている?セリフから理由を考察!

関連:【鬼滅の刃】錆兎(さびと)は手鬼になぜ負けた?刀の摩耗が理由?


コメント