【鬼滅の刃】宇髄天元・柱の引退後はどうなった?脱退したその後について

宇髄天元・柱を引退したその後 鬼滅の刃

音柱・宇髄天元は上弦の陸との戦いで負傷し、柱を引退しました。

 

その後大きく取り上げられることもないですし、

  • 「柱を引退した後、宇髄さんはどうなった?」
  • 「その後は鬼殺隊に所属しているの?」

と、感じている人も多いのではないでしょうか?

 

原作漫画を読んだ人はご存じでしょうが、アニメ派の人には気になる部分ですよね。

そこでこの記事では、音柱・宇髄さんの引退後について書いていきます。

 

※原作ベースで書いていますが、なるべくアニメ派の人にネタバレのないように書いていきます。

【鬼滅の刃】宇髄天元・柱の引退後はどうなった?

宇髄さんは妓夫太郎・堕姫との戦闘で、左腕と左目を負傷、

 

片腕・片目を失ったことで、柱を引退しました。

作中でも「俺は引退する」と、蛇柱・伊黒さんに伝えていましたよね。(単行本11巻)

 

 

で、気になるのが宇髄さんの引退後の生活です。

彼のその後について早速みていきましょう。

 

元音柱として鬼殺隊に所属している

大まかな結論をさきにお伝えすると、宇髄さんは鬼殺隊に所属しています。

 

「音柱を引退した=鬼殺隊も抜けた?」

 

上記のように捉えた人もいるかもしれません。

しかし、宇髄さんは柱を引退しただけで、鬼殺隊にはしっかり所属していたんですね。

 

実際に公式ファンブック1巻でも、

「柱引退後も鬼殺隊に所属」

という記載もされています。

 

 

作中では、「上弦の鬼を倒したら一線を退く」的な話を奥さんをしていました。(単行本11巻)

その会話どおり、”忍んで暮らす”のかと思いきや、鬼殺隊に在籍しています。

>>>公式ファンブックを安く読む方法

 

柱稽古で隊士たち実力アップに貢献

鬼殺隊に残ってくれたことは嬉しいですが、
「鬼殺隊に在籍してなにをなっているの?」

という疑問も生まれますよね。

 

実は宇髄さんは、柱引退後も隊士たちの実力アップ貢献していました。

作中ではのちに、”柱稽古”なる描写が登場します。(単行本15巻)

 

 

柱稽古は簡単にいうと、柱が隊士を極限までしごきあげる地獄の特訓w

宇髄さんはその地獄の特訓で、「基礎体力向上」といった部門を担当しています。

 

一線を退いても元柱ですから、一般の隊士より遥かに強いですからね~。

その強さや経験を、鬼殺隊の後輩たちにしっかりと伝えてあげています。

 

 

最終決戦では産屋敷邸の護衛を務める

柱引退後も、鬼殺隊の強さの底上げに貢献していた宇髄さん。

そのほかにも、産屋敷邸の護衛を務めるといった描写もあります。(単行本17巻)

 

 

産屋敷邸といえば、ご存知のとおり鬼殺隊の要(かなめ)。

そこの護衛ですから、重要度の高い任務を任されていることが分かります。

 

ここらへんも強さと経験を買われてのことでしょうね~。

さすが元柱といったところでしょうか。

 

ちなみにその護衛には、煉獄さんのお父さんも一緒に抜擢されています。

煉獄父も元柱ですから、強力な2人が産屋敷邸を護衛していたことになりますね。

 

 

3人の嫁のその後はどうなった?

宇髄さんのその後もさることながら、

「あれ?3人いた嫁はどうなったの?」

とも感じますよね。

 

実は3人の嫁さんたちも、宇髄さんと同様に鬼殺隊に尽力しています。

さきほど触れた柱稽古のシーンにも登場しており、訓練にはげむ隊士たちの食事係をしていました。

 

最終決戦後には仲良く温泉に入るなど、ずっと仲が良いようですね。

 

 

【鬼滅の刃】音柱を脱退したその後についてまとめ

音柱・宇髄天元は、柱を脱退した後も鬼殺隊に所属しています。

 

  • 柱稽古への参加
  • 産屋敷邸の護衛

など、引退後も割と重要な任務を任されています。

鬼殺隊の勝利のために、別の角度からしっかりと組織を支えてくれています。

 

また、3人の奥さんたちも、宇髄さん同様に鬼殺隊に尽力していました。

魅力的な男には、魅力的な女性がついてきてくれるようです。(うらやまし)

 

 

コメント