千と千尋の神隠し・ハクの橋での魔法・呪文は何?桜を吹く技と私が時間を稼ぐの意味について

千と千尋の神隠しでハクが迷い込んだ千尋を橋から逃がすシーンがあります。

 

「私が時間を稼ぐ!」と言いつつ、桜のようなものを吹いて魔法をかけているシーンですね。

 

このシーンには色々と謎が多いですが、一体ハクは何をしていたのでしょうか?

 

ということで、今回はハクが橋の上で使った魔法について書いていきます!

 

 

千と千尋の神隠し・ハクの橋の魔法・呪文は桜を吹く技?

ハクが息を吹きかけて桜吹雪のようなものを出したのは、油屋(湯屋)に紛れ込んだ千尋を助けるための魔法です。

 

提灯に明かりが灯ると千尋には不利なことが起こるようで、「私が時間を稼ぐ!」と言って千尋を逃します。

 

何かの効果はあったのかは謎ですが、一応あの魔法のおかげで千尋は一時的に助かったのでしょう。

 

ハクは湯婆婆に弟子入りした魔法使いですので、物語中でも様々な魔法を使います。

 

橋の上の魔法のほかにも、脚が動かない千尋を俊足にしたり、おにぎりにまじないをかけたりと魔法使いらしい活躍です。

 

しかし、1番謎を呼ぶのが橋の上で桜を吹く仕草の魔法でしょう。

 

あの技は一体なんなんでしょうか?

 

関連:千と千尋の神隠しのおにぎりで泣く理由は?涙とまじないの意味を考察

 

関連:千と千尋の神隠しのハクが魔法使いになった理由は?湯婆婆の弟子になったのはなぜ?

 

 

千と千尋の神隠し・ハクの橋で吹いていたのは鱗(ウロコ)

ハクは一見桜吹雪を吹いているように見えますが、調べてみたらあれは”鱗(ウロコ)”のようです。

 

 

ハクが自分の名前を千尋から伝えられて、体中の鱗が全て剥がれ落ちるシーンがあります。

 

橋で吹く物体はあの剥がれる鱗と同じものみたいです。

 

 

桜吹雪の魔法と思っている人も多いようですが、あの物体はハクの鱗が正解とのことです。

 

 

私が時間を稼ぐ魔法・呪文の意味は?

で、気になるのがその”鱗の呪文になんの意味があったか”ということです。

 

桜か鱗かも気になりますが、1番気になるのはやはり橋でかけた呪文の効果ですよね。

 

 

 

ジブリの公式でも、橋での魔法の効果は明らかにされていませんが、ここではその効果について考察していきます。

 

では早速見ていきましょう!

 

 

時間を遅らせる

「時間を稼ぐ」というハクの言葉通り、あの橋での呪文は”時間を遅らせる意味があった”と考えられます。

 

ハクの鱗には時間を止める意味があるのではないか?という考えもあり、そのような意味合いで呪文を使った可能性はあります。

 

 

千尋が橋に来たとき、ちょうど油屋(湯屋)に提灯に明かりが灯り始めたときです。

 

恐らく提灯が灯ることによって従業員や神様達が動き始めるのでしょう。

 

ハクはその時間を少しでも遅らせて千尋を逃がそうとしたのかもしれません。

 

ただ、ハク1人で抑えられるものではなく、結局すぐに日が暮れてしまった可能性があります。

 

 

千尋(人間)のニオイを消す

時間を遅らせるという事以外に”魔法で人間のニオイを消したのではないか?”という考えもあります。

 

喋るカエルが千尋のニオイに気付いたように、人間のニオイはあの世界ではかなり強いものなのでしょう。

 

 

橋は油屋(湯屋)へと入る入口でもありますから、千尋のニオイが残っていると大騒ぎになるのかもしれません。

 

人間のニオイを消して、湯婆婆や従業員にバレないように千尋を逃がすという思惑があったのかもしれません。

 

関連:千と千尋の神隠し・油屋の従業員の正体は?ナメクジやカエルがモデルの理由!

 

 

千尋(人間)の姿を見えなくする

ニオイのほかにも”千尋の姿を見えなくする効果”もあの魔法にはあった可能性があります。

 

結局ニオイではバレてしまいましたが、千尋の姿自体は油屋(湯屋)に入るまでハク以外にはバレていません。

 

これを考えるとあの鱗は姿を隠す効果もあるのかもしれません。

 

”目から鱗が落ちる”という言葉がありますが、ハクは鱗を使って千尋を見えなくしたと考えられます。

 

 

鱗の魔法の意味はあったのか?

なんやかんや書きましたが、結局あの鱗の魔法は意味があったのか?という事が皆さん引っかかっているようです。

 

「私が時間を稼ぐ!」なんて言っておきながら、あっという間に日は落ちて帰れないし、魔法の意味がないのではないか?とも思ってしまいます。

 

 

 

あくまで予想ではありますが、湯婆婆や油屋(湯屋)の影響力をハクがあの橋で止めたのかもしれません。

 

本来あの時間帯になったら湯婆婆の影響力が全てを包むのでしょうが、その影響力を橋だけで止めたという意味があの鱗の魔法にはあったのではないでしょうか?

 

ハクの魔法がなければ橋以外でも大騒ぎになって千尋は助かっていなかったかもしれません。

 

現に「橋で息をすると魔法が切れる」的な表現がありましたから、ハクの魔法自体にはしっかりと意味があったのでしょう。(何故かカオナシは見えていたようですが)

 

 

まぁ、結局豚になった両親がいて千尋が迷い込んでいることがバレてしまいますが、千尋だけなら隙きを見てあの世界から出られていたかもしれませんねw

 

何回見ても千尋の両親の頭の弱さにはがっかりしますが、ハクの魔法があったことで結果として両親も助かったということになります。

 

関連:千と千尋の神隠しの両親は非常識?冷たいしクズなセリフやシーンまとめ

 

関連:千と千尋の神隠しのお母さんが冷たい?態度や声・セリフが怖い理由は?

 

 

まとめ

千と千尋の神隠しでハクが橋の上で使った魔法は鱗を使った呪文でした。

 

「私が時間を稼ぐ」というだけで、どれほどの効果や意味があったかは明確ではありませんが、

 

・時間を遅らせる

・千尋(人間)のニオイを消す

・千尋(人間)の姿を見えなくする

 

という効果があったのではないかと推測できます。

 

結果としては見つかってしまいましたが、ハクの魔法がなければまた違った形になっていたのは間違いなさそうです。

 

物語中のハクが冷たいという意見もあるようですが、やはり千尋をかばう優しい存在なのかもしれません。

 

関連:千と千尋の神隠しのハクが冷たい?態度が二重人格の理由はエレベーター内が原因?

 

コメント