千と千尋の神隠しのお母さんが冷たい?態度や声・セリフが怖い理由は?

映画・千と千尋の神隠しで序盤と終盤に出てくる千尋の両親。

 

お父さんもお母さんもどこか千尋に冷たいと言うか、向き合っていない感じがします。

 

とくにお母さんの方は千尋に対してかなり冷たいような気がします。

 

今回はなぜ千尋のお母さんが千尋に冷たいのか調べてみました。

 

 

映画・千と千尋の神隠しのお母さん(母親)が冷たい?

千と千尋の神隠しで登場する千尋の母親は、千尋に対してかなり冷たい態度をとっています。

 

登場している時間は短いのですが、千尋のお母さんに対して嫌悪感を抱いた人も多いのではないでしょうか?

 

例えば、

 

・「千尋は車で待っていなさい」と山道に置いていこうとする。

 

・トンネル内で怖がる千尋に「あんまりくっつかないでよ、歩きにくいわ」的な言葉を言い放つ。(しかも行き帰り共)

 

・川を渡る時に自分は旦那の肩を借り、上手く渡れない千尋に「千尋、早くしなさい」と冷酷に言い放つ。(しかも待たずに進んでいく)

 

・歩くスピードを子供に合わせない。(千尋が速歩きして合わせる)

 

などなど、あの短い出演時間で随分ひどい言動を千尋にしています。

 

というか、これって普通なんでしょうか?w

 

絶対千尋に対して冷たいですよね?

 

こんなに冷たくした千尋に後で助けてもらうことになるとはつゆ知らず、好き勝手言いなさる母親。

 

自己中過ぎる父親もどうしようもないですが、母親の言動には違和感しかありません。

 

しかもこの母親、旦那にはちょっと女を見せるのがまた怖いw

 

一体この母親は何を考えているのでしょうか?

 

 

態度や声やセリフが怖い理由は?

旦那に女を見せるつつ子供の千尋には強く当たる母親は、もはや怖いとしか言いようがありません。

 

態度も吐くセリフも怖いし、千尋と喋る声もトーンが低くなって怖いです。

 

千尋はお母さんの冷たい態度に慣れていますので、小さいときからこんな感じで接していたんでしょうね~。

 

しかし、なぜこのような冷たい態度やセリフで千尋に接するのでしょうか?

 

ここでは千尋のお母さんの態度やセリフが怖い理由について考えて見ました。

 

 

千尋が嫌い

まずは単純に”千尋が嫌い”ということが考えられます。

 

千尋に対してあまり愛情が感じられませんから、可能性はゼロではないと思います。

 

ただ、子供が嫌いな親なんてほぼいないでしょうし、食事をする際も「千尋も食べな」的なことを2度くらい言っています。

 

一応は気にかけているようなので、千尋が嫌いというよりは”あまり好きではない”といった方が近いかもしれません。

 

 

妊娠している

ジブリ公式の情報かは不明でしたが、”千尋のお母さんは妊娠している”とう情報もネットで見かけました。

 

妊娠するとホルモンバランスの乱れが起こるというのは有名な話ですが、千尋のお母さんもイライラして冷たかったのかもしれません。

 

ただ、裏設定のような感じで書かれていましたし、公式での情報ではないので信憑性は低いです^^;

 

 

自立を求めている

お母さんは”千尋に自立を求めていた”のでは?というネットでのコメントも多かったです。

 

湯婆婆と坊の関係を見てみると分かるように、甘やかし続けても子供の精神的な成長は望めません。

 

もしかしてお母さんは、千尋に自立してほしいと思ってあえて突き放しているのかもしれません。

 

まぁ、これがあえての突き放しだとしたら、かなり視点がズレた突き放し方ではありますがw

 

関連:千と千尋の神隠しの坊の年齢は何歳?大人になれないのは魔法や呪いや病気が理由?

 

 

旦那との恋人気分を味わいたい

千尋のお母さんは旦那さんとの”恋人気分をまだまだ味わいたい”のかもしれません。

 

お母さんが度々旦那に対して女を見せますが、その態度からもなんとなく分かりますよねw

 

旦那に声をかけるときも声のトーンがちょっと上がりますし、この可能性は大いにあります。

 

本当は旦那とイチャつきたいのに千尋がいるからちょっとイライラしているんでしょうか?

 

ちなみに、知恵袋では、

 

お母さんの声を出す沢口靖子さんが 『旦那さまとはまだまだ恋人気分を味わっている女性』と語っています。

 

という情報もありました。

 

極論を言えば、旦那に好かれるために子育てしている可能性もあるかもしれませんね^^;

 

 

千尋のお母さんは人間的に成熟していない

上述したものは、映画を観ている側の推測でしかありませんが、感覚的には遠くない気がします。

 

冷たい理由をザッと見ても、千尋のお母さんは人間的に成熟していないのが分かりますね~。

 

自立を促しているようにも見えますが、そもそもの自立を促すポイントがズレているのもこのお母さんの特徴です。

 

”突き放すのが自立”という偏った考えがあるのかもしれません。

 

また、父親同様にお店の許可も取らずに食事をするところも、人間としての未熟さや非常識さを感じます。

 

人間的に成熟してくれば、自然に千尋に対する態度も変わっていくんでしょうが中々難しそうです^^;

 

子供は親を選べないんですから、最低限の礼儀をもって千尋とも接してほしいものです。

 

関連:千と千尋の神隠しの両親は非常識?冷たいしクズなセリフやシーンまとめ

 

 

まとめ

映画・千と千尋の神隠しの千尋のお母さんが冷たい理由について考えてみました。

 

考えられる理由としては

 

・千尋が嫌い

・妊娠している

・自立を求めている

・旦那との恋人気分を味わいたい

 

などがが考えられ、多分どの理由もハズレではなさそうです。

 

言ってしまえば、千尋の母親が人間的に成熟していないということが原因ですねw

 

自分の未熟な部分と向き合って、成長できれば千尋にも少しは優しく接することが出来ると思いますが・・・。

 

千尋のためにも両親の心の成長を願うばかりです。

 

コメント