【呪術廻戦】禪院直哉は高専に通っていた?五条や夏油との面識についても

呪術廻戦の単行本16巻で、禪院直哉の年齢が五条悟の1個下だったことが明らかになりました。

「1個下ということは高専でも面識があったのでは?」と考えた人も多いはず。

確かに高専出身なら夏油やナナミンとも面識がありそうですが、実際のところどうなのでしょうか?

そこでこの記事では、禪院直哉が高専に通っていたのかについて書いていきます。

※単行本ベースで書いていますので、アニメ派の人はネタバレに注意してください。

【呪術廻戦】禪院直哉(ぜんいん なおや)は呪術高専に通っていた?

結論からお伝えすると、禪院直哉は呪術高専に通っていません。

高専に通っていない理由としては、禪院直哉が『特別1級術師』の等級を与えられているからです。

 

『特別1級術師』とは高専関係者以外の術師に割当られる等級を指します。

上記の文は公式ファンブックに記載されているもの。

 

この表記をみると、術師としては活動しているけど、高専には通っていない者は「特別〇級」として評価されているのでしょう。

確かに高専出身であれば、ナナミンや冥冥、九十九由基のように”1級術師”や”特級術師”と呼ばれるはず。

それを踏まえると、禪院直哉は高専とは無関係に術師をやっていることがわかります。

 

ちなみに、26代目当主・禪院直毘人や真希の父親の禪院扇も、特別1級術師として評価されていました。

禪院真希や真衣、加茂憲紀は高専に在籍していますが、御三家のなかでは高専に所属しないほうが主流なのかもしれません。

 

【呪術廻戦】五条悟や夏油傑、ナナミンとの面識はあった?

高専に在籍していない可能性がかなり高い禪院直哉です。

しかし、139話では五条悟を「悟くん」呼びしており、まるで知り合いのような口ぶり。

五条悟は術師として有名なので知っているのは当然ですが、高専にいなくても面識自体はあったのかが気になります。

ここでは年齢が近い五条悟や夏油傑、ナナミンなどと面識があったのかを考えてみました。

 

五条悟とは面識があった可能性が高い

禪院直哉は五条悟とは面識があった可能性がかなり高そう。

理由は五条悟が伏黒恵の件で禪院家に足を運んでいたからです。

 

直哉は伏黒恵の顔も知っていたようでしたし、禪院家に訪れた五条悟とも会っている可能性は十分にあります。

とはいえ興味があったのは禪院直哉のほうだけで、五条悟は彼をこれぽっちも覚えていなさそうw

「えっ?キミ誰?」みたいな絵が簡単に浮かびますw

 

夏油傑は認識だけしていた?

禪院直哉が高専に通っていない場合、夏油傑とは面識がなかったでしょうね。

五条が伏黒恵と禪院家を訪れたのは夏油傑が闇堕ちしてからですし、それ以前に高専の生徒が御三家に立ち入る理由がほぼないからです。

 

ただ、夏油傑は数少ない特級呪術師の1人。

最強の一角なので、禪院直哉が夏油傑を把握していても不思議ではありません。

むしろ格上は知っていて当たり前といったところでしょうか。

逆に「夏油傑は禪院直哉を知っていたのか?」というと・・・やはりちょっと考えづらいですねw

 

ナナミン(七海建人)とは京都百鬼夜行で会っていた可能性も?

五条悟の1個下といえばナナミンもいますよね。

まるでタイプの違う同年代ですが、ここらへんも面識があったのかが気になりますよね。

あくまで予想ですが、ナナミンに関しては禪院直哉と会っている可能性があります。

 

というのも、ナナミンは闇堕ちした夏油の仕掛けた『京都百鬼夜行』に出向いており、京都で呪霊と戦闘しているからです。

新宿・京都百鬼夜行では御三家にも声がかかっていたため、現地で顔を合わせていると考えたほうが自然ですよね。

 

ちなみに、ナナミンは禪院家当主の直毘人と渋谷事変で共闘しています。

お互いを認識している感じですし、おそらく面識はあったのでしょう。

上記も踏まえると京都でナナミンが禪院家の人間と会っており、そこに直哉もいた可能性はかなり高そう。

 

ただ、直毘人の術式を初めてみた感じでしたので、あくまで顔と名前だけ認識していたといったところでしょうか。

大人のナナミンは、禪院家のクズさをみてなにを思ったのでしょうか。

 

【呪術廻戦】禪院直哉が呪術高専に通っていたのかについてまとめ

禪院直哉は五条悟の1個下の27歳です。

五条や夏油、ナナミンと歳が近いですが、禪院直哉は高専に通っていない可能性が高いので面識はほぼなさそう。

 

面識があるとすれば、

・禪院家に足を運んだ五条悟
・百鬼夜行で京都に向かったナナミン

が、可能性としては考えられます。

夏油に関しては、特級術師⇨特級呪詛師という目立つ存在なので、一方的には知っているでしょう。

 

仮に高専に通っていたとすれば、交流戦で五条・夏油の最強コンビに圧倒されているシーンを見てみたいものです。(禪院直哉がクズで嫌いなので)

関連:【呪術廻戦】禪院真希の母親はなぜ直哉を刺した?産んでよかったの意味も

コメント