【呪術廻戦】五条悟は甘いものが好物?甘党になったきっかけについて

呪術廻戦に登場する五条悟は、仙台のお土産『喜久福』を買ったり、飲み物に角砂糖を入れたりと、甘いものがとても好きなようです。

スタイルも良いし、甘いものを食べなさそうに見えますが、実際は相当な甘党のようですね。

なぜ五条悟はそんなに甘いものが好きなのでしょうか?

そこでこの記事では、五条悟が甘党になったきっかけについて書いていきます!

【呪術廻戦】五条悟は甘いものが好物!

五条悟は甘いものが好物です。

あまり公になっていることではありませんが、作中でも甘党を匂わせる描写が割と確認できます。

 

仙台のお土産『喜久福』が大好き!

五条悟の甘党っぷりは、呪術廻戦の単行本1巻ですでに明らかになっていました。

宮城県の仙台市には『喜久福』というお菓子があり、お土産としてかなり有名になっています。

で、その仙台のご当地お菓子『喜久福』が五条悟は大好きなようです。

実際そこまで甘い食べ物ではないですが(大人に程よい甘さ)、おそらく大福の中に入っているコクのある生クリームが五条悟を惹きつけたのでしょう。

 

喜久福については別記事でまとめているので、気になった人はそちらの記事を参考にしてくだささい。

 

コーヒーに角砂糖をボチャボチャ

五条悟は飲み物にも角砂糖を大量に入れるほどの甘党。

上の画像を見ると、おそらく角砂糖を4個は入れていますよね?

角砂糖は1個あたり3~4gなので、4個入れていたとすればこの飲み物だけで12~16gもの砂糖を摂取する計算になります。

 

WHO(世界保健機関)が定めている1日の砂糖の目安摂取量25g程なので、1杯のコーヒーで1日の半分の砂糖を摂っていることが確認できますね。

五条悟の都会的な見た目”としては、「ブラックコーヒーを片手に」的なイメージがありますが、実際は割と”お子様の舌”なのかもしれません。

 

ちなみに補足の情報なんですが、角砂糖について調べていたら、手軽な飲み物にもかなりの砂糖が入ってることが分かりました^^;

・いろはす温州みかん555ml→23.8g
・コーラ500ml→
56.5
ファンタグレープ500ml→57.5g
・マックシェイクのチョコレート(Lサイズ)→111g

あのヤクルトの小さい飲み物ですら角砂糖が3個ほど入っているとのこと。

これらの飲み物を飲んだだけで、1日の目安摂取量なんて一気に超えちゃいますねw

 

五条悟の甘党っぷりを吊るし上げようと思って書き始めた記事ですが、「意外と多くの人が五条悟以上の砂糖を摂取しているのでは?」と思わずにはいられません^^;

 

『甘味展開焼菓子』というお菓子も発売

作中の甘党具合もファンに認知されてのことか、最近では『五条悟の甘味展開焼菓子』なんてお菓子も売り出されていましたw

「なんやそのふざけた名前は!」なんて言葉も聞こえてきそうですが、五条悟の人気に波乗りした結果でしょうねw

 

とはいえ、上記のように五条悟は正真正銘の甘党です。

彼の能力があれば、実際に「甘味展開」なんてふざけた技もできるかもしれませんw

 

嫌いな食べ物はアルコール

基本的に甘党の五条悟ですが、逆に嫌いな食べ物も存在しています。

彼の嫌いな食べ物はなんと『アルコール』。

公式ファンブックにも記載されている情報ですが、元々五条悟は下戸(お酒が飲めない人)。

酒の種類によっては甘いものもありますが、アルコール類は甘いとか甘くないとか以前に体が処理できないようです。

五条悟は自他ともに認める『規格外』の存在ですが、そんな最強の彼にも「アルコールを処理できない」という人間らしい一面があるのはちょっとほっこりしますよねw

 

【呪術廻戦】五条悟が甘党になったきっかけは?

上記のように、五条悟は甘いものが好きです。

意外に可愛らしい一面を持つ五条悟ですが、そもそも「甘党になったきっかけ」もファンとしては気になるところ。

ということで、今度は五条悟のが甘党になったきっかけについて調べてみました!

 

頭を回すために甘いものを食べていた

五条悟の甘党になったきっかけについても、単行本1巻で軽く触れられていました。

五条悟の甘党になったきっかけはかなり単純で、

「頭を回すために甘いものをよく食べていたら、そのまま甘党になった」とのこと。

 

甘いものには中毒性があり、「マイルドドラッグ」なんて表現されることは割と有名ですが、最強の五条悟も甘味の誘惑には勝てないようですね。

「甘党になったきっかけ」なんて言い方をすると可愛らしいですが、要は「砂糖中毒に陥っている」というのが正しい表現かもしれません。

 

そういえば、五条悟って最強の存在ですが、糖質の摂り過ぎで病気になったりするんでしょうか?

最強の存在が肥満や糖尿病になったとしたら、それはそれでファン的には複雑ですよねw

 

無下限呪術をオートにしたのが理由?

五条悟が甘いものを食べるのは「頭を回すため」ですが、何にそこまで脳を使っているのかが気になります。

それについては公式で明言されてはいなかったのですが、もしかしたら「無下限呪術」が影響している可能性がありそう。

 

無下限呪術とは『無限』を現実に持ってくる呪術で、五条悟の最強バリアが分かりやすい能力ですね。

で、その無下限呪術は元々五条悟がマニュアルで発動させていたのですが、それをオートでやるようになったことで脳への負担が増えたのではないでしょうか?

家入硝子も「出しっぱなしは脳が焼き切れる」なんて言っていますし、術式を発動し続けるのはそれだけ頭への負荷が大きいのでしょうね。

五条悟は反転術式を使って脳を回復しながら、術式を発動し続けているようですが、それでもある程度の負荷はかかっているのかもしれません。

 

「脳の疲労を和らげるために甘いものを食べ、その結果甘党になってしまった」のだとすると、きっかけの根っこには五条悟の術式が関係していると言えそうです。

 

【呪術廻戦】五条悟が甘党になったきっかけまとめ

仙台のお菓子『喜久福』を買ったり、コーヒーに角砂糖をボチャボチャ入れていたりと、五条悟は甘いものが好物です。

甘党になったきっかけは「頭を回すために甘いものをよく食べていたから」とのことですが、最強の男も多少の「砂糖中毒」になっているのかもしれませんねw

 

「なぜ頭を回す必要があったのか?」ということまでは、公式でも明言されていません。

もしかすると、五条悟が無下限呪術をオートにしたことで、脳が疲労しやすくなっているのが、甘いものを欲する理由になっている可能性はありそうです。

コメント