千と千尋の神隠し・釜爺のモデルの生き物は蜘蛛?正体や何者なのかについても

千と千尋の神隠しで千尋をサポートしてくれるキャラクターの1人の釜爺。

 

とても優しいおじいさんではありますが、見た目のインパクトが凄まじいキャラクターです。

 

そんな釜爺ですが、一体なんの生き物をモデルとして描かれているのでしょうか?

 

今回は千と千尋の神隠しに登場する釜爺のモデルになった生き物について書いていきます!

 

 

映画・千と千尋の神隠しの釜爺のモデルになった生き物はザトウムシ(座頭虫)

千と千尋の神隠しに登場する釜爺のモデルになった生き物は”ザトウムシ(座頭虫)”という虫です。

 

あんなに腕がいっぱいあるのは虫くらいなので、虫と予想していた人は多いでしょうねw

 

釜爺には長い手が6本もついており、まさに虫らしい姿です。

 

その手を使って、薬草の調合やレバーやハンドルの操作などを同時進行でこなす釜爺。

 

やることが多いボイラー室での作業を1人でこなすとはかなりの仕事人と言えます。

 

しかし、人間の僕らからしたら、長い手を伸ばして薬草を取る姿は結構恐怖でしかありませんw

 

ザトウムシ(座頭虫)とは一体・・・?

 

 

釜爺の正体・ザトウムシ(座頭虫)とは?

釜爺の正体はザトウムシ(座頭虫)でしたが、一体どのような虫なのか気になります。

 

ザトウムシ(座頭虫)の動画があったので張っておきます。

 

 

動画を観ると”釜爺そのもの”なのが分かります。

 

釜爺がザトウムシ(座頭虫)がモデルになっている事は間違いありませんねw

 

ウィキペディアを見てみると、

 

ザトウムシ(ザトウムシ類、座頭虫、Harvestman)は、鋏角亜門・クモガタ綱のザトウムシ目(Opiliones)に属する節足動物の総称である。

非常に脚の長いものがあり、豆に針金の足をつけたような独特の姿をしている。

長い脚で前を探りながら歩く様子から、座頭虫の名がある。

 

参考:ウィキペディア様

 

と書いてあります。

 

前を探りながら歩くから盲人を意味する”座頭”という言葉が名前に使われているんですね~。

 

最大の特徴である長い脚は長いもので”18cmを記録する個体もいた”ようです。

 

これは日本での一例なので世界的にはもっと脚が長い個体も存在すると思います。

 

流石に18cmは脚が長すぎてちょっと気持ち悪いですね~w

 

ザトウムシ(座頭虫)は4億年以上も前から存在していたと言われており、人間よりも遥か太古から地球で生活していたことが分かっています。

 

また種類も実に多く、世界で4000種類以上のザトウムシ(座頭虫)が発見されているようです。

 

 

ザトウムシ(座頭虫)は蜘蛛ではない?

脚が長く一見するとザトウムシ(座頭虫)は蜘蛛なのかな?と思いますよね。

 

でも実はザトウムシ(座頭虫)は蜘蛛とは別の生き物のようで、どちらかと言えば”ダニ”や”カニムシ”と近い存在とされています。

 

少し前までは「サソリなどとも近いのではないか?」とも言われていたようですが、未だにはっきりとした結果が出ていない生き物のようです。

 

釜爺はパッと見は蜘蛛にしか見えませんし、釜爺=蜘蛛という情報も出回っていますが、調べてみるとそれは誤った情報ということが分かります。

 

正直素人の目にはザトウムシ(座頭虫)は蜘蛛も同じにしか見えないので混同しがちですが、実は全然違う存在なんですね~。

 

釜爺の話題になった時にはくれぐれも「釜爺は蜘蛛だよね」と言わないように気をつけないといけません!w

 

 

結局釜爺は何者なの?その素顔は?

釜爺の正体が蜘蛛ではなく”ザトウムシ”がモデルになっていることがわかりました。

 

たださらに気になるのが「結局釜爺は何者なの?」ってことです。

 

気になりはするものの、釜爺が何者かというのは公式でも語られていないようです^^;

 

ネットの考察記事では、釜爺は油屋(湯屋)に相当古くからいる人物なのではないかと推測されています。

 

油屋(湯屋)に欠かせないボイラー室の仕事を任されていることや、湯婆婆の姉の銭婆の住処を知っていることなど、湯婆婆達とは古くから知り合いだったんではないでしょうか?

 

クサレ神が来たときも、独断で千尋とリンに最高の薬湯をおごってあげるなどしてましたから、ある程度大目に見てもらえる仲の人物なのかもしれません。

 

銭婆の住んでいるところを知っていたので、個人的には”銭婆の元カレ?”とも想ったんですがどうでしょうか?w

 

サングラスをしているので素顔もはっきりわかりませんが、正直イケメンの確率は低そうですね~。

 

あの風貌で目だけがかっこよくても逆に怖いですから、釜爺はかっこよくなくても良いですよねw

 

ちなみに、ザトウムシ(座頭虫)は視力が弱いようで、代わりに触覚が発達しているようです。

 

ザトウムシ(座頭虫)は第二脚が触覚のような機能を果たすらしいですから、釜爺も手が触覚の代わりになっている可能性もあります。

 

暗闇でサングラスをしているということは、視力にあまり頼らない生活を送っているのかもしれません。

 

ただ、物語を観ている限りでは、釜爺はしっかり周囲が見えている気がしますので、ただのおしゃれサングラスというオチもありそうですw

 

まとめ

千と千尋の神隠しに登場する釜爺のモデルになった生き物はザトウムシ(座頭虫)でした!

 

脚がとても長く見るからに物語に登場する釜爺そのものです。

 

蜘蛛とも似ていますが、ザトウムシ(座頭虫)と蜘蛛は別の生き物なので混同しないようにしないといけません。

 

釜爺の姿から”釜爺=蜘蛛”と考えている人も多いですがそれは誤った情報ですのでご注意を!

 

コメント