【チェンソーマン】コベニの契約悪魔の正体はなに?秘密にしている理由も考察!

チェンソーマンに登場する東山コベニは謎が多い人物です。

とくに彼女が契約している悪魔については、原作漫画の第1部では明らかにされないままでした。

コベニはいったいどんな悪魔と契約していたのでしょうか?

今回は東山コベニの契約悪魔や秘密にしていた理由について書いていきます!

【チェンソーマン】コベニの契約悪魔の正体は?

結論からさきにお伝えすると、コベニの契約悪魔はチェンソーマンの第1部では明らかになっていません。

契約悪魔について公式で明言されていないことから、ファンの間ではさまざまな憶測や考察がされていました。

たくさんの情報がある中で、わりと多かった情報が以下のものです。

・秘密の悪魔
・ゴキブリの悪魔
・ナイフor包丁の悪魔
・悪魔と契約していない

ここでは上記の情報について考えていきます。

 

秘密の悪魔

「コベニは『秘密の悪魔』と契約しているのではないか?」

調べているなかで、この情報を1番多く目にしました。

このようにいわれている理由は、コベニ自身が「契約悪魔は…秘密で」といっていたからです。

 

出典:チェンソーマン コミックス3巻より

 

一見すると、「契約悪魔の正体は秘密」といっているようにみえます。

しかし、少し視点を変えると「契約悪魔は秘密(の悪魔)」とも取れるセリフですよね。

セリフの言い回しからみると確かにあり得そうな悪魔の正体です。

しかしながら、「秘密の悪魔と契約するメリット」について考えると、ちょっと微妙なところではあるんですよね。

仮に秘密の悪魔がいたとして、デビルハンターとして役立つ能力を与えてくれるとは思えないのが正直なところ。

 

ゴキブリの悪魔

わりとありそうだなと思ったのが「ゴキブリの悪魔」という考えです。

・ヘビのしっぽ攻撃をかわした身のこなし
・音もなく敵の背後にたつ隠密性など

などなど、”ゴキブリ”といわれれば、確かにコベニはそれに近い動きをみせていました。

 

出典:チェンソーマン コミックス4巻より

 

 

もともとのコベニのもつ運動能力のおかげかもしれませんが、普通の人間の動きではないことは確かです。

また、なんだかんだ”しぶとい”という点も、ゴキブリの生存能力の高さを表している気もします。

戦闘描写などをみると、さきほど書いた秘密の悪魔よりはありえそうな悪魔ではないでしょうか。

 

・ナイフor包丁の悪魔

1番現実的なのは「ナイフ、または包丁の悪魔」との契約です。

実はコベニはナイフや包丁といった武器を持っていることが多いんですよね。

・永遠の悪魔にホテルに閉じ込められたとき(単行本2・3巻)
・サムライソードとの戦闘したとき(単行本4巻)
・ヘビ女の背後をとったとき(単行本5巻)
いつも携帯しているからなのか、戦闘シーンの場面ではいつも刃物を持っている印象です。
 

 

ナイフの悪魔といえば、岸辺隊長も契約している悪魔ですよね。

狐の悪魔のように複数の人物と契約しているのであれば、コベニが力を使えてもおかしくはありません。

ただ、仮に刃物系の悪魔と契約しているのであれば、秘密にする理由が謎です。

味方にも手の内を明かしたくないという気持ちがあったのでしょうか。

 

実は悪魔と契約していない?

「コベニって実は悪魔と契約していないんじゃない?」

このように考えている人も多かったです。

 

 

前述した、「ゴキブリの悪魔の身体能力」も、素の身体能力の可能性もあります。

刃物だってつねに携帯しているのであれば、戦闘のときに使っていても不思議ではありません。

いわれてみれば、彼女がなにかアクションを起こして悪魔に代償をさしだしているシーンがないんですよね。

 

アキは皮膚を差し出して狐を呼んでいましたし、姫野先輩は右目を捧げて幽霊の手を使っていました。

また岸辺は悪魔を長年使っていることで、内蔵が”スカスカ”とのこと。

コベニがなにかを差し出している描写は一切ないので、もしかすると悪魔と契約していない説はワンチャンありそうです。

 

それか誰かの命を捧げることでパワーアップするとか?

だとすれば秘密にする理由にも繋がりますよね。

ん~、でもそれは考えすぎか。

 

【チェンソーマン】コベニが契約悪魔を秘密にしている理由を考察!

そもそもなんですが、コベニなぜ契約悪魔の名前を隠したのでしょうか。

ここでは上述した悪魔たちだった場合、秘密にした理由を考えてみました。

※半分妄想なので、気楽にみてください。

 

秘密の悪魔の場合:秘密にしていない

コベニの契約悪魔が「秘密の悪魔」だった場合、秘密にしているという事実はなく、しっかり公表していることになります。

 

 

この場合は、読者側が藤本タツキ先生にしてやられたということになりますねw

とはいえ、やはり「秘密の悪魔ってなに?」って思ってしまいます。

仮にそんな悪魔がいたとして、戦闘で役に立つ能力を発揮してくれるのかが疑問です。

 

ゴキブリの悪魔:女性としては恥ずかしい

仮にゴキブリの悪魔だった場合、秘密にしていたのは「恥ずかしいから」という見方ができます。

男でも「俺はゴキブリの悪魔と契約している」なんて公言したくないものです。

それが20歳の女性であれば、なおさら恥ずかしくていえたものではありません。

 

 

でも契約悪魔がゴキブリだった場合、ちょっとコベニがかわいそうですね^^;

「私の契約悪魔はゴキブリです!」

……やっぱり絶対いいたくないですねw

 

ナイフor包丁の悪魔:岸辺と被っているのが嫌?

ナイフや包丁の悪魔と契約していた場合、秘密にしている理由がまったくわかりません。

岸辺隊長と被っているのが嫌だったのでしょうか?

でもデビルハンターのトップと同じ悪魔と契約していたら、むしろ公言したくなりそうですが…。

 

考えられるとしたら、「手の内を教えたくなかった」といったところでしょうか。

刃物系の悪魔だった場合、秘密にした理由が非常に気になりますね。

 

悪魔との契約なし:レゼと同じスパイ?

そもそも悪魔と契約していない場合、レゼ(ボムの悪魔)のようなスパイだった可能性もありますよね。

レゼはソ連のスパイとして育てられ、素の状態でも高い身体能力を持っています。

コベニもスパイもしくは改造人間として育てられ、試験的に結成された特異4課に配属されたと考えても面白いです。

 

出典:チェンソーマン コミックス6巻より

 

スパイや改造人間だった場合、自分の力で戦えるので契約する悪魔も必要ないのかもしれません。

その場合は、「マキマや政府機関に口止めされている」と考えたほうが自然ですね。

 

【チェンソーマン】コベニの契約悪魔の正体についてのまとめ

コベニの契約悪魔は秘密のままです。

少ない情報のなか、読者が予想している悪魔は以下のとおり。

・秘密の悪魔
・ゴキブリの悪魔
・ナイフor包丁の悪魔
・悪魔と契約していない

どれも考えようによってはあり得そうなものばかりです。

上記のどれかだとすれば、「秘密で」といった理由もなんとなくわかります。

 

ただ、刃物系の悪魔だった場合は秘密にした理由がほぼ思い浮かびませんね^^;

第2部でしっかり明かされることを期待したいです。

コメント