【チェンソーマン】コベニカーのモデルの車種・車名はなに?愛車の値段も調査!

チェンソーマンに登場するコベニの車は、読者の間でなぜか人気です。

車でありながら『コベニの愛車』として、キャラの人気投票7位にランクインするほどw

とてもかわいい外観なので、モデルになった車が気になった人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、”コベニカー”のモデルになった車について書いていきます!

※単行本ベースで書いていますので、アニメ派の人はネタバレに注意してください。

【チェンソーマン】コベニカーのモデルの車種・車名はなに?

チェンソーマンの57話で登場した東山コベニの車。

読者の間では『コベニカー』や『コベニの愛車』なんて呼ばれています。

どんな車がモデルになっているのか早速みていきましょう。

 

コベニの愛車はフィアット500(チンクエチェント)?

「コベニの愛車のモデルでは?」といわれているのは、『フィアット500(チンクエチェント)』です。

舌を噛みそうな車名ですが、日本ではそのまま「フィアット”ごひゃく”」と呼ばれることも多いです。

下の画像のとおり、めちゃくちゃかわいいくてコベニカーにそっくりな車。

 

フィアット(FIAT)は、1899年にイタリア北部のトリノで誕生した車メーカーです。

みなさんも街中で『FIAT』のロゴがついた車はみたことがあるかと思います。

 

そのフィアットが1936年に製造した車が『500(チンクエチェント)』という車。

「チンクエチェント」はイギリスで数字の”500”を意味しているらしいですよ。

で、その”500”は「エンジンの排気量が500cc前後だから」という理由で名付けられたとのこと。

 

ちなみに、「コベニの愛車=フィアット500」とチェンソーマンの公式で明言したわけではありません。

しかしここまで似ているのであれば、フィアット500をモデルにしている可能性はかなり高そう。

今はモデルチェンジして形も変わっていますが、旧モデルは本当に外観がそっくり。

もしかして藤本タツキ先生が好きな車だったりするのでしょうか?

 

ルパン『カリオストロの城』でも有名な車

フィアット500は、じつはアニメの『ルパン三世』でも有名な車です。

名作といわれる『カリオストロの城』で登場している車なので、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

作中では、垂直に近い崖を走ったりと、パワフルな走りをしていたのが印象的ですよね。

ルパンが運転することで物理法則すらも関係なくなるようですw

「物理エンジンくん」というYouTubeチャンネルでの検証がおもしろかったので、興味があるかたは御覧ください。

 

ちなみに、フィアット500はアニメ版のルパンにしか登場していない車なのだとか。

モンキー・パンチ先生が描かれた原作では登場していないらしいですよ。

 

アニメ版ではフィアット500以外にも、

・メルセデス・ベンツSSK
・フォルクスワーゲン・タイプ181
・アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ

といった、おしゃれなクラシックカーが登場しています。

 

【チェンソーマン】コベニの愛車の値段を調査!

「コベニの愛車」がフィアット500をモデルにしているのはほぼ確定です。

実際に存在する車であれば、そのお値段も気になるところ。(お高いんでしょう?)

コベニの愛車がフィアット500だった場合、購入金額はいくら位になるのか調べてみました。

 

FIAT500の旧式モデルの場合

上のほうでも少し触れましたが、コベニのモデルになっているフィアット500は旧モデルです。

現在は製造していないので中古の値段になります。

で、気になる値段ですが、安いもので200万円、状態がいいものだと300万円ほどでした。

旧車で希少価値が上がっているため、排気量が小さくてもやはりそれなりの値段がするようです。

さらに値段がついていない「ASK(応相談)」の表示も多くみられました。

もしかすると、コアなフィアット500ファンの間では、さらに高値で取引されている可能性もありそうです。

コベニカーの認知度とともに、フィアット500の値段がさらに価格が上がったりすることもあるかもしれませんね。

 

EV化したものはさらに値段が高い

旧モデルのフィアット500ですが、外観はそのままにEV化されたものが発売されているようです。

EV化を実現したのは、私設の自動車博物館「チンクエチェント博物館」さん。(愛知県名古屋市)

 

 

エンジン音が好きという人も多いでしょうが、”静かになるEV化”も魅力的ではないでしょうか。

かわいい外観はそのままに中身が快適になるのは、むしろ今の時代に合っている気もしますよね。

そんなEV化されたフィアット500のお値段は、506万円~550万円とのこと。

5.5kWhのリチウムイオン電池を1個搭載したタイプと、2個搭載したタイプで値段が変わるようです。

 

✅「ONE BATTERY」タイプ
航続距離は約40㎞⇨506万円

✅「TWO BATTERY」タイプ
航続距離は約80㎞⇨550万円

魅力的な車だけに、なかなかのお値段がしますねw

とはいえ、フィアット500の旧車を快適に乗れるのはファンとすればたまらないはず。

好きな人からすれば、全然出せる金額なのでしょうね~。

 

【チェンソーマン】コベニの車のモデルや値段についてのまとめ

コベニの愛車のモデルは、『フィアット500(チンクエチェント)』といわれています。

ルパンが『カリオストロの城』の作中で乗っている車ですね。

公式で明かされたわけではありませんが、形状からみてもモデルにしているのはほぼ間違いなさそう。

価格については中古価格で200万~300万円前後、状態がいいものであればさらに高値で取引されているようです。

コベニの愛車は作中で大破しましたが(おそらく廃車)、わりと高価な車が壊されていたんですねw

 

コメント