【呪術廻戦】狗巻棘の呪印の意味はなに?口元と舌の模様を考察!

呪術廻戦に登場する狗巻棘(いぬまき とげ)の口元には、独特な模様が描かれてますよね。

模様は呪言師・狗巻家特有の呪印で、彼の術式に大きく関わっているようです。

その模様をみて、「狗巻棘の呪印は何を意味しているの?」と思っている人も多いのではないでしょうか?(筆者も非常に気になっております)

そこでこの記事では、呪言師・狗巻棘の呪印の意味について書いていきます!

【呪術廻戦】狗巻棘(いぬまき とげ)の呪印の意味はなに?

結論からお伝えすると、狗巻棘の口元の呪印については公式でも明言されていません。

ただ単行本0巻では、狗巻家の呪印の模様は『蛇の目』と『牙』を表してることが判明。

✅口の端の模様⇨蛇の目
✅口の中の模様⇨牙

 

『蛇の目』と『牙』の模様には、一体どのような意味が込められているのでしょうか?

ネット上の情報やSNSを漁(あさ)ったところ、色々と面白い情報が出てきました。

 

口元の模様は『蛇の目(じゃのめ)』

まずは狗巻棘の口元の左右にある丸い模様から触れていきます。

彼の口元の両端にのにあるのが『蛇の目(じゃのめ)』という模様。

 

蛇の目は、熊本城を築城した加藤清正が家紋として使っていたことでも有名とのこと。

※加藤清正(かとうきよまさ)は、安土桃山~江戸初期まで活躍した武将

加藤清正と狗巻家になんらかの繋がりがあるかは不明でしたが、”蛇”という生き物には特別な信仰や想いが込められているようです。

調べてみると、蛇は古来より「神の使い」として扱われる神聖な生き物とのこと。

「神様を”祀(まつ)る”」という字も元をたどれば、『巳(へび)を示す』と書きますし、蛇を水神として崇めている神社も多いようです。

 

またネットの情報では「ヘビの目には真実を映し、悪いものを退ける力がある」という説もありました。

このようなことを踏まえると、呪言師である狗巻家の模様は、呪霊(魔)を祓うのにうってつけの呪印かもしれません。

 

蛇の目は三大呪符紋の1つ

さらに調べると、蛇の目は『日本の三大呪符紋』の1つとして扱われていました。

「三大呪符紋とはそもそもなんなのか」については調べきれませんでしたが、古来より呪いの力を込めた模様として認知されているようです。

 

「呪符」そのものには、

・『法術のための文字や符号を記した札』
・『一種のおまじない』

的な意味があり、一説では”中国に由来がある紋様”ともいわれています。

 

で、その『日本の三大呪符紋』には、蛇の目の他に以下のような呪符紋があります。

・『直違紋(すじかい紋)』→災が進入してくるのを禁止する呪い印

・『十字紋(じゅじもん)』→十字を切る行為が災厄を打ち払い福を招く

直違紋(すじかい紋)の模様は『✕』の模様で「禁止」を表し、十字紋は文字通り『+』の模様で「福を呼ぶ」とのこと。

 

 

そして蛇の目は、上記の2つ呪符効果を合わせもった最強の呪符紋といわれています。

「邪を禁じて福を呼ぶ」という効果は確かに呪言師っぽいですよね~。

あくまで考察ではありますが、蛇の目の意味にだいぶ近づけたのではないでしょうか。

 

そもそもは『弦巻(つるまき)』とも呼ばれていた

少し”呪い”から外れた見方をすると、口元の模様は蛇の目と呼ばれる前は「弦巻紋(つるまきもん)」と呼ばれていました。

「弦巻紋」とは、予備の弓弦を巻いておく輪である「弦巻」を表したもの。

弓と狗巻は関係なさそうですが、『狗巻と弦巻』といった語呂が非常に似ていることが気になります。

呪言師なので、相手に『言葉を射る』なんて意味もあったりするのでしょうか?

ここらへんについては新しい情報を見つけ次第追記していきます。

 

口の中・舌の模様は『牙』

さて、今度は口の中の「舌にある『牙』の模様」について見ていきましょう!

で、結論から言うと、舌の牙模様については調べまくって情報がまったくありません^^;

「蛇の牙」もしくは「狗(いぬ)の牙」を意味していると思うのですが、調べても出てくるのは牙のキーホルダーの情報ばかり・・・。

簡単な想像をすれば、「言葉を牙にして攻撃する」といったところでしょうか?

 

ただ、関係があるかは不明ですが、『歯牙(しが)』というおもしろい言葉を見つけました。

で、その『歯牙(しが)』には以下のような意味があります。

歯牙 
①歯。また、歯ときば。[漢書、東方朔伝] 
②口の端。論議。言葉。

引用:横浜市立大学学術機関リポジトリ様

『歯牙』という単語には、

・「口の端」
・「言葉」
・「論議」

という意味があり、呪言師ととても関わりがありそう。

 

とくに「口の端」「言葉」といったものは、まさに呪言師に直結する部分ではないでしょうか。

「『舌に描かれた歯牙』で言葉を発し、『口元の蛇の目』で呪いを増幅させる

このように考えてもおもしろいですね!

 

【呪術廻戦】狗巻棘の呪印模様や意味まとめ

狗巻棘の呪印の模様は「蛇の目」と「牙」を表しています。

しかしその意味は公式では触れられていません。

ただ、

・「蛇がそもそも神聖な生き物」
・「蛇の目は『日本三大呪符』の中で1番強力な紋様」

という情報が割と多いので、そこらへんを呪印の元ネタにしている可能性はありそう。

 

牙の模様に関しては直接関連する情報はありませんでしたが、「歯牙(しが)」という単語が少し気になります。

歯牙には「口の端」「言葉」「論議」という意味があり、呪言師になにかしらの関係はありそう。

狗巻家の呪印はまだまだ謎だらけなので、新規の情報があれば追記していきますね^^

関連:【呪術廻戦】電子書籍が安い・お得なサイトはどこ?最安で読む方法!

関連:【呪術廻戦】狗巻棘の術式・呪言の技一覧!言霊の効果も紹介!

コメント