車の割り込みでお礼がないとむかつく?マナー違反の心理と対処方法や思考まとめ

車の運転をしていると、前に別の車が割り込む事はよくあります。

 

急な割り込みにも、快く車を入れてあげると大抵の車は、

 

・ハザードランプ(サンキューハザード)

・クラクション(短いクラクション)

・会釈、手をあげる

 

などしてあなたにお礼をしますよね。

 

ただ、中にはお礼をしない人もいます。

 

お礼は義務でありませんが、急な割り込みでお礼がないとやはりムッとしますよねw

 

そこで今回は、車で割り込みしたのにお礼をしないドライバーへの対処や思考法などについて考えてみましたよ!

 

 

車の割り込みでお礼がないとむかつく?

冒頭でも書いた通り、急な割り込みをしてきてた車からお礼がないとむかつくという人も多いと思います。

 

しかし、公道での運転はお互い譲り合いが必要なため、

 

「譲られて当然」、「いちいちお礼なんてしてられない」

 

という人も中にはいます。

 

お礼をしない人達が自分が割り込まれても何も思わないかは不明ですが、正直配慮に欠けている感じはします。

 

割り込みを入れる方からしたら「急な割り込みを入れてやったのに簡単なお礼もないの?」と思います。

 

とても気分が良く、なんでも許せちゃう!という日なら良いですが、気分が悪い時はかなりムカつきます。

 

どんな温厚な人でも、精神的に弱っているときに急に割り込まれてお礼の1つもされないとかなり腹が立つでしょうねw

 

ツイッターでも割り込みのお礼がなくてむかついているであろう人が結構つぶやいています。

 

 

 

 

 

お礼をしない人に言い聞かせてやりたいところですが、運転マナーでの口論は過激なものになりやすいですから、軽率に文句を言うのも考えものです。

 

ましてや、お礼をしない人の中には頭が弱い人も多くいる可能性があるので注意が必要です。

 

しかし、なぜこのような人達は簡単なお礼も出来ないのでしょうか?

 

 

割り込みをしてお礼がないマナー違反の心理

お礼が当たり前という人からすると、なぜ簡単なお礼すら出来ないのか不思議ですよね。

 

ここではお礼が出来ない人が”なぜ簡単なお礼も出来ないのか”について考えてみました。

 

 

お礼は必要ないと思っている

まずはお礼が必要でないと思っている人が少なからずいるという現実があります。

 

僕の父親の話なんですが、あり得ないくらい運転マナーがなっていません。

 

で、この父親は急な割り込みをしてもなんのアクションも起こさない人です。

 

以前「なぜこんな急な割り込みをしてお礼をしないのか?」と聞いたところ、

 

「お礼ってなんのお礼?車線変更しただけでお礼が必要なの?」って返ってきましたw

 

確かに、普通の車線変更ならお礼なんていりませんが、渋滞での車線変更や急な割り込みでは話が別です。

 

このような”割り込みにもお礼はいらない”と考える人間は一定数存在しています。

 

父親を接していて思いますが、このような人間は鈍感過ぎて色々説明しても理解することが出来ません。

 

偏見かもしれませんが、団塊世代の老人に多い気がします。

 

 

お礼をする余裕がない

車の運転にいっぱいいっぱいになり、お礼をできない人もいます。

 

運転技能が未熟すぎて、周囲に気を配ることができない人ですね。

 

このような人は運転に精一杯でお礼なんてことに気が回りません。

 

仮にこのような人が「お礼をしないと!」と思ったとしても、運転技能が低いため運転しながらのお礼は困難を極めます。

 

しかも、何が危ないかも分かっていないので、簡単に割り込んだり急ブレーキをかけたりするのもこのような人達の特徴かもしれません。

 

サンデードライバーや主婦、初心者に多い気がします。

 

 

イキがっている

運転した途端にイキがる人も基本的にお礼はしないです。

 

僕の同僚にこのタイプがいますので間違いありませんw

 

お礼する余裕もあるし、心の中ではお礼しないとと思っていても何故かイキがってしまって出来ないんです^^;

 

同僚を見ていても「お礼?そんなの知らねーよ」的な態度と運転です。

 

このタイプの人は本気で怖い思いや痛い思いをしないと変わらないでしょうね~。

 

こののタイプは表面だけイキがっており実際は臆病な人が多い気がします。

 

イキがっても何も得はないんですけどね~、自分に自信がない表れなのかもしれません。

 

 

うざいマナー違反への対処方法と思考

様々な人が運転をしているので、上述したような”お礼をしないタイプの人間”は道路には大勢います。

 

急な割り込みだってお礼をされれば、入れた方はいくらか気持ちが楽ですがそれすらないとむかつきます。

 

では、このような最低限のマナーすら守らないうざい車にはどのように対処したら良いでしょうか?

 

 

礼儀よりも安全第一と考える

まずは安全第一と考えると気持ちが楽です。

 

お礼をされれば急な割り込みのイラッと感も薄れますが、中には上述したようなお礼をしない輩もいます。

 

イラッとして車間距離を詰めたり、クラクションを鳴らしたりすると新たな火種になり色々と危険です。

 

つい、頭にきて色々とアクションを起こしたくなりますが、色んな意味で「安全第一」が1番です。

 

お礼をされなくても「安全のために仕方ない」と思えば結構気が楽です。

 

 

お礼よりも流れ優先

割り込みされたら「お礼ぐらいしろ!」と思ってしましますが、相手がお礼をすることに気を取られすぎて流れが乱れることも多いです。

 

お礼は期待せずに割り込み車や後続車との距離などに配慮し、車の流れを守ったほうが渋滞も事故も起こりづらいです。

 

割り込まれた方がそこまで考えるのもおかしな話ですが、人としての成熟度が違うのは誰が見ても明らかです。

 

お礼を期待しても、どうせお礼をしない輩はお礼をしませんから、マナーを守れる人同士で迷惑の連鎖が広がらないようにするのが良さそうです。

 

 

お礼は一切期待しない

割り込みされるとむかつきますし、お礼をされないととても損した気分になります。

 

急な割り込みに関しては安全面が脅かされるムカつきではありますが、お礼に関しては一切の期待を捨てるとかなり楽です。

 

そもそも相手にムカつくのは、自分の意図と反したことをしてきたときです。

 

ですので、”割り込みしていたんだからお礼は当然”という意識を自分の中から無くすとむかつくこともありません。

 

かなり難しい心構えではありますが、会得すると運転全般でストレスが溜まりにくいです。

 

とくに”運転時間が多い”、”運転のストレスが半端ない”という人はこの思考を持つと運転に余裕が出ます。

 

運転以外でもそうですが、相手に期待しないことで色々とストレスが軽減されますので、是非試してみてください!

 

関連:車の運転は時間の無駄でもったいない?自分でしたくないときの解決法

 

 

まとめ

車の割り込みはむかつくし、さらにお礼をされないのはもっとむかつきます。

 

しかし、精神的な未熟さや運転技能の低さなどで、そこまで考えが至らない人も実際に多いです。

 

このような人に何かを期待してもむかつくだけですので、期待は捨てたほうがいいでしょう。

 

うざい運転をする人のどうでもいいお礼よりも、安全や車の流れを気にしたほうが、運転も気持ちも余裕がでるのは間違いなさそうです。

コメント