【特攻の拓】最終回が意味不明!ペガサスのその後を調査!

『特攻(ぶっこみ)の拓』といえば伝説のヤンキー漫画。

おもしろい作品なのは間違いないのですが、下記のように感じた人も多いのではないでしょうか?

  • 「最終回が意味不明すぎる…」
  • 「乱闘後のその後はどうなったの?」
  • 「拓から出てきたペガサスは結局なんだったの?」

特攻の拓はたまに「???」と感じる描写がありました。

しかし最終回はさらに意味不明w

そこでこの記事では、特攻の拓の最終回とその後について書いていきます!

【特攻(ぶっこみ)の拓】最終回が意味不明すぎる!

冒頭でもお伝えしたとおり、特攻(ぶっこみ)の拓の最終回は意味不明なシーンが多いです。

とくに意味不明だったシーンといえば下記のものでしょうか。

  • 拓からでてきたペガサス
  • ラストに拓がみたキャラの幻影

まぁ、みなさんご存知の謎シーンですが、改めておさらいしていきます。

浅川拓からでてきた『ペガサス』が謎すぎる

大乱闘がおこったB突堤(ビートツ)に現れた拓は、海に向かって爆走。

あわや転落か?と思われた瞬間、拓と単車はギリギリで停止しました。

で、その拓から突如現れたのが『謎すぎるペガサス(天馬)』。

突然すぎるペガサスの登場に、筆者を含めた多くの読者は混乱したようです。

なぜペガサスなのか、そして意味しているのか、というかなんで現れたのか。

もう頭の中は動物園です。

そもそもシンプルにだれが生き残るかみたかったんですけどね…。

そしてB突堤(ビートツ)での乱闘も終わり、いよいよラストシーンへ移ります。

ラストは拓がみた幻影?

大乱闘があったB突堤(ビートツ)にたたずむ拓ちゃん。

その拓を迎えに来たかのように、マー坊や武丸などのボス級連中が登場。

拓を中心にみんな仲良くなり「物語はハッピーエンドか?」と思いきや、我にかえると実際にはだれもいません。

当時はこのシーンが本当に謎でしたね~w

「結局拓はなにをみたの?」

「そもそも乱闘すらも幻だったの?」

多くの読者が頭を抱えたと思います。

このラストについては様々な考察がされ、最終的には「すべて拓の夢オチだったのでは?」なんて意見も多かったです。

すべてが夢オチだとすれば、読者は拓の夢をひたすらみてたことになりますねw

【特攻(ぶっこみ)の拓】最終回のその後は小説で書かれていた!

モヤっとする特攻の拓の最終回ですが、その後については小説で描かれていたんです。

巻数についても『Version28』からとなっており、原作漫画の続きということを表しているようです。

(※小説は『Version32』まであります)

ここでは謎だった「原作のその後」について簡潔にまとめてみました。

ペガサスはみんながみたイメージ

まずは謎すぎるペガサス(天馬)についてです。

結論からお伝えすると、ペガサスはB突堤に集まった人間が拓から感じ取ったイメージ。

拓の想いや走りが、あそこにいる人間に「ペガサスの幻をみせた」といったところでしょうか。

みんなが”なにか”を感じ取るほど、あのシーンの拓には特別な力が宿っていたんでしょうね~。

天羽時貞や十字架も幻想

ペガサス以外にも、天羽時貞や十字架?などもラストのシーンに登場していましたよね。

実はあれもみえていた人間が数人いたようです。

  • ペガサスをみた者
  • 微笑む天羽をみた者
  • 十字架をみた者

意見はバラけたものの、みなそれぞれ上記のいずれかを目撃したようです。

天羽は拓の想いによって映し出されたのか、はたまた亡き天羽が拓を呼んでいたのかは謎です。

もしくはその両方で、引き合う力が不思議な体験に繋がったのかもしれません。

原作の最後は夢オチだったのか?

夢オチと噂されていたラストですが、半分当たりで半分はハズレです。

というのも、ラストでボス級のメンツが拓を呼んだシーンは夢ですが、大乱闘は実際にあったことだからです。

ラストのシーンはB突堤の事件のあと、疲労で動けなくなった拓がみていた夢だったんです。

おそらく拓の願望(みんな仲良く)が、反映されたものなのでしょうね~。

しかしながら、現実の世界はしっかり継続されています。

すべてが拓の夢だったわけではありません。

聖蘭高校(乱高)の物語は続いている

現実が続いているということは、聖蘭高校(乱高)での物語も継続中

小説でもガッツリ乱高での物語が続いています。

B突堤(ビートツ)のことを振り返るマー坊やアッちゃん、リョーにジュンジにカズ。

原作漫画をそのまま小説にした感じでしたw

下記のサイトからそれぞれ試し読みできるので、触りだけ見たい人はチェックしてみてください。

ちなみに大手電子書籍サイトでは初回クーポンの配布で小説全巻が安く読めます。

オススメは最大3,000円引きになる『ebookjapan』と『DMMブックス』。

ご自身の状況に合わせて活用してみてください。

\半額クーポンが6枚も貰える!最大3,000円安い!/

『マー坊vs八尋』『きよしvs来栖』『武丸vs一色大珠』の戦闘も!

特攻のたくん醍醐味といえば、ボスキャラ同士の戦闘ですよね。

小説でもしっかり戦闘の話が書かれています。

  • 『マー坊vs八尋』
  • 『きよしvs来栖』
  • 『武丸vs一色大珠』

などなど、ガチで注目カードだらけ

テキストベースでも、各キャラの表情などが頭に浮かんでくるから不思議ですw

また、当然ながら「拓が最終的にどうなっていくのか」も注目ポイント。

原作漫画の続きが気になっている人は要チェックです。

【特攻(ぶっこみ)の拓】最終話の意味と続きについてまとめ

特攻の拓の最終回は意味不明です。

しかし原作漫画のその後が小説で書かれており、ラストのシーンについても分かるようになっていました。

原作の続き、拓のその後、戦闘シーンなどをみたいのであれば小説はかなりオススメです。

長年モヤモヤしていた気持ちがきっと晴れますよ^^

特攻の拓の小説は電子書籍化されている

出典:ebookjapan公式サイトより

まずは試し読みから読みつつ、テキストでも大丈夫そうなら購入でもいいですね。

ちなみに、特攻の拓に似ているといわれる東京リベンジャーズがBookLiveで80%オフです。

現状では最強に安いです。

期限があるので、気になっている人は合わせてチェックしておいてください。

✅緊急のお得情報

BookLive!では『東京リベンジャーズ』と『ブルーロック』が全巻80%OFFの激安クーポンを配布中です。

東京リベンジャーズが全巻2,427円で読めるので活用しない手はありません。(2巻~27巻まで)

※クーポンの利用期限は、2022年5月31日(火)23:59までです。

詳しくは、【東京リベンジャーズ】電子書籍で安いサイトはどこ?漫画をお得に安く読む方法!でまとめています。

\東リベ・ブルロが80%OFFで読める!/

コメント