【東京リベンジャーズ】特攻の拓のパクリ?似てるのはオマージュ?

アニメ化や実写映画化など、勢いを伸ばしている『東京リベンジャーズ』。

「いまどきヤンキー漫画なんて・・・」と思いつつも、めちゃくちゃ面白くてハマってしまいますよね!

とても面白い作品なんですが、筆者のように『あれ・・・これ特攻の拓に似てね?もしかしてパクリ?』と思った人も多いはず。

そこでこの記事では『東京リベンジャーズ』は特攻の拓のパクリなのか?について書いていきます!

✅2021年7月9日追記・・・

現在Amebaマンガで100冊まで半額の初回クーポンを配布しています。(初回のみ)

東京リベンジャーズも対象商品なので、電子書籍がかなり安く揃えられます。
(※終末のワルキューレや呪術廻戦の人気作品も対象)

下記の記事で購入までの流れを詳しく解説しています。

ぜひ参考にして安く読んでください。
✅東京リベンジャーズの電子書籍を安く読む方法

>>>【東京卍リベンジャーズ】電子書籍で安いサイトはどこ?漫画をお得に読む方法!

【東京リベンジャーズ】特攻(ぶっこみ)の拓のパクリ?

結論から言うと、東京リベンジャーズは特攻の拓のパクりではありません。

東京リベンジャーズはヤンキー漫画に、タイムリープ(時間跳躍)を上手くかけ合わせた今どきの作品。

ヤンキー漫画は色んな作品がありますが、「タイムリープ×ヤンキー」は今までありませんでした。

ですので、東京リベンジャーズの全体像を見て考えると唯一無二の漫画といえそう。

 

とはいえなんですが、東京リベンジャーズには、「特攻の拓を連想させる描写」がかなりありますよね。

それが筆者のような”にわか層”の「パクりでは?」という思考に繋がっている気がします。

 

ちなみに、東京リベンジャーズが特攻(ぶっこみ)の拓のパクりでは?と感じた理由は以下の2つ。

✅ストーリーの内容が似ている
✅登場キャラクターが似ている

かなりざっくりとしていますが、大まかな理由としてはこの2つに集約されると感じました。

特攻の拓を読んだことがある人なら上記の意味が分かると思いますが、ここでは改めて整理していきます。

 

ストーリーの内容が似てる?

東京リベンジャーズは「タイムリープ×ヤンキー」をかけ合わせた漫画です。

ですので大きな視点で見れば、特攻の拓とはまったく異なる作品。

 

しかし”物語の中身”をクローズアップして見てみると、東京リベンジャーズと特攻の拓のストーリー内容は実は似ている点が多いです。

 

わかりやすい部分でいえば、亡くなった伝説のヤンキーが主人公にそっくりで、その人物にみんなが惹かれていく展開は特攻の拓そのもの。

✅東京リベンジャーズ:佐野真一郎(伝説の総長)⇨花垣武道(主人公)

✅特攻の拓:半村誠(伝説の走り屋)⇨浅川拓(主人公)

 

 

さらにどちらの主人公も基本的にヘタレで性格もそっくり。

ただ、”ここぞ”という場面で根性をみせる描写もあり、「花垣武道=拓ちゃん」を連想した人も多いのではないでしょうか。

 

もちろんこれだけでパクりなんていえません。

とはいえ、特攻の拓があまりにも有名なので、似たようなストーリーだと「あれ?これ特攻の拓っぽいよね?」と、どうしても感じてしまいますねw

でも実は似ているのは主人公だけではありませんでした。

 

登場キャラクターも似ている!

東京リベンジャーズを見ていると、主人公以外にも特攻の拓を連想させるキャラが登場します。

主人公同士も似ていますが、1番強烈なのが「マイキー」と「マー坊」。

マイキーが登場したとき”ひき肉”にされるかと思いましたw

 

 

「金髪の華奢な女の子みたいなのにめちゃくちゃ強い」

というマイキーのキャラ設定も、もはやマー坊そのもの。

 

そのほか姿形は違いますが、特攻の拓を連想させるキャラクターが東京リベンジャーズには割と登場しています。

 

「あれ?ドラケンて真嶋アキオっぽいな・・・」
「黒竜(ブラックドラゴン)の柴大寿って武丸みたいだな」

上記のように感じたのは筆者だけではないはず。

ストーリーに類似点があり、さらにキャラまで見覚えがあると、やはり読者的には特攻の拓を連想してしまいますよね^^;

 

【東京リベンジャーズ】特攻の拓に似てるのはなぜ?

特攻の拓は若い世代にも読み継がれる伝説のヤンキー漫画です。

ヤンキー漫画を書く上で、作者・和久井健(わくい けん)先生が特攻の拓のストーリーやキャラを知らないはずがありません。

それなのになぜこの2つの作品はここまで似ているのでしょうか?

もしかすると、2つの作品に何か関係性があったりして?

 

和久井健先生は特攻の拓のファンだった!

ということで調べてみたら、理由は簡単なものでした。

というのも、和久井健先生は特攻の拓のファンで作品が大好きだったとのこと。

東京リベンジャーズの公式ツイッターでも「痺れるほど好きでした」と書いてあり、特攻の拓にかなりの思い入れがあることが伝わります。

 

特攻の拓のオマージュ作品?

和久井健先生が「特攻の拓を痺れるほど好きだった」ということを踏まえると、東京リベンジャーズは特攻の拓のオマージュ作品なのかもしれません。

 

✅オマージュとは・・・
尊敬する作家や作品に影響を受け、似た作品を創作すること、またその創作物を指す語。

 

もちろん作者が明言したわけではないのですが、東京リベンジャーズの内容やキャラの類似点を見るとかなり影響を受けているのがわかりますよね。

作中でも特攻の拓について軽く触れている場面がありますし、作者自身が特攻の拓へ尊敬の念を込めて制作している可能性は高そうです。

 

【東京リベンジャーズ】特攻の拓の似ているのはパクりだから?についてのまとめ

東京リベンジャーズは「タイムリープとヤンキー」をかけ合わせた作品です。

ですので、当たり前ですが特攻の拓のパクり作品ではありません。

 

とはいえこの2つの作品には似てる点も多いです。

作者の和久井健先生が特攻の拓の大ファンだったとのことなので、尊敬の念も込めてオマージュしているのかもしれませんね!

ちなみに、特攻の拓の続編があるのをご存知ですか?(小説ではなく)

武丸なども登場するので、特攻の拓ファンは要チェックです。

✅2021年7月9日追記・・・

現在『Amebaマンガ』で100冊まで半額の初回クーポンを配布しています。(初回のみ)

東京リベンジャーズも対象商品なので、電子書籍がかなり安く揃えられます。
(※終末のワルキューレや呪術廻戦の人気作品も対象)

下記の記事で購入までの流れを詳しく解説しています。

ぜひ参考にして安く読んでください。

✅東京リベンジャーズの電子書籍を安く読む方法
関連:【東京卍リベンジャーズ】電子書籍で安いサイトはどこ?漫画をお得に読む方法!

✅漫画のレンタル関連の情報はコチラ
>>>【東京リベンジャーズ】電子書籍のレンタルはある?ゲオ・TSUTAYAの宅配料金も調査

コメント