アナ雪2・オラフの声は違和感ない!日本語吹き替え声優の比較動画と評判も

大ヒットのディズニー作品、「アナと雪の女王」の続編が2019年の11月22日に公開になりました。

 

早速映画館で鑑賞してきたのですが、前作に続きクオリティの高い作品になっていました。

 

続編となる「アナと雪の女王2」人気キャラのオラフが登場しておりますが、

 

「声優さんが変わって違和感がないんだろうか?」と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

この記事では「アナと雪の女王2」の吹き替えのオラフについて書いていきます!

 

ちなみに、「アナ雪2」のネタバレはしていませんので、これから鑑賞予定の人も安心してお読みください^^

 

 


新・オラフの日本語吹き替え声優は武内駿輔

アナ雪のオラフの声優はピエール瀧さんが務めていましたが、個人的な不祥事でオラフの声優から外されてしまいました。

 

そんな中でオラフの代役として選ばれたのは、声優やナレーターとして活動している”武内 駿輔(たけうち しゅんすけ)”さんです。

 

東京都出身の1997年9月12日生まれだそうで、「アナ雪2」の公開時点でまだ22歳みたいです!

 

 

22歳という若さですがかなり大人っぽい人です。

 

若い・かっこいい・歌が上手いと色々揃っている武内駿輔さんは、新たなオラフ役として一気にブレイクしそうです。

 

そんな武内駿輔さんのオラフの完成度はいかに・・・?

 

 

アナ雪2のオラフの声は違和感ないと評判!

結論から書きますと、武内駿輔さんが声優を務める新しいオラフの声は全く違和感がありませんでした!

 

上でも少し触れましたが、以前のオラフはピエール瀧さんが声優を務めていました。

 

相当なはまり役で、日本のアナ雪ファンからかなりの高評価を得ていましたよね。

 

多くのアナ雪ファンからは「オラフの声はピエール瀧しかいない」とまで言われていました。

 

 

 

ピエール瀧さんのオラフは相当いい味を出しており、ピエール瀧さん以外は世界観が壊れるとの懸念がありました。

 

しかし、今回のアナ雪2を鑑賞して思いましたが、武内駿輔さんのオラフは全く違和感なくアナ雪の世界観に溶け込んでいました。

 

アナ雪2を見た人もオラフの声に違和感はないようです。

 

 

 

 

相当アナ雪の世界観に溶け込んでいたということのようです。

 

 

武内駿輔とピエール瀧のオラフの違い

違和感は全く無かったんですが、若干の違いはありました。

 

それがこちら。

 

・武内駿輔さんのオラフの方が歌が上手い

・武内駿輔さんのオラフはイケボ

・ピエール瀧さんのオラフのほうがアホっぽい

 

まぁ、大した違いではないんですが、気になる人は気になる部分かもしれません。

 

ここから下で簡単にご説明します。

 

 

武内駿輔さんのオラフの方が歌が上手い

武内駿輔さんの演じるオラフは、ピエール瀧さんのオラフに比べて格段に歌唱力がアップしています。

 

普通にセリフを言っているときは違いがほぼないんですが、歌うと急に「えっ?オラフ歌上手くなっているw」と感じますw

 

Mステにも出演していましたが、やはり皆さんオラフの歌唱力にビビっていましたね。

 

 

 

歌っているときの声の強弱も惚れ惚れしちゃいますし、さすがプロの声優さんといった感じですね~。

 

 

武内駿輔さんのオラフはイケボ

武内駿輔さんのオラフは相当良い声です。

 

アナ雪2でもふとした時にオラフの低音イケボが聞けて面白いですw

 

 

 

そもそも武内駿輔さんの地声が低音でイケボなので、それを存分に活用しているようです。

 

 

こんなイケボがオラフのような声も出せるなんて本当にびっくりです^^;

 

これからアナ雪2を見る人はぜひオラフのイケボも楽しんでみてください。

 

 

ピエール瀧さんのオラフのほうがアホっぽい

オラフの初代は先程から書いていたピエール瀧さんですよね。

 

ピエール瀧さんのオラフはちょっとアホっぽさがありました。

 

これがオラフのキャラにマッチして神がかったオラフになり、多くのオラフファンを生み出しました。

 

武内駿輔さんのオラフはアナ雪の世界感に溶け込んでいますが、ピエール瀧さんのオラフのようなアホっぽさは減少したかな?と思いました。

 

 

 

 

声優としてはやはり武内駿輔さんに軍配があがるんでしょうが、オラフっぽさを求めるならやはりピエール瀧さんの方が向いている気がします。

 

 

オラフの吹き替え声優の比較動画

「アナ雪1」のものですが、武内駿輔さんとピエール瀧さんのオラフを比較している動画がありました。

 

まずは両方を混合させた動画から御覧ください。

 

オラフの比較動画

 

この動画だと全然違いが分かりませんよねw

 

声だけ聴いたら「どちらが歌っているかわかんない」って人の方が多いのではないでしょうか?

 

武内駿輔さんがピエール瀧さんのオラフに相当寄せている気がします。

 

ここまで寄せるにはやはりかなり練習したんではないでしょうか?

 

では今度は別々に見てみましょう。

 

武内駿輔さんのオラフ↓

 

う~ん、やはり全てが上手いですね。

 

音程や声量も十分で、さすがプロの声優さんって感じです。

 

ではお次はピエール瀧さんのオラフ。

 

 

別々に見るとちょっと違いませんか?

 

アニメーションとしての完成度は武内駿輔さんのオラフのほうがいいです。

 

しかし、やはりオラフのアホっぽさの表現という点でいえば、ピエール瀧さんの方がしっくりきます。

 

 

ピエール瀧のオラフの方が味があるという声も

上に紹介した比較動画を見ると、ピエール瀧さんのオラフはなんとなく”クセになる感”がありますよね。

 

歌以外はほとんど一緒なんですが、セリフを喋るときの息の抜け方や間のとり方、強弱の付け方の違いでしょうか?

 

「オラフはやはりピエール瀧っしょ!」的な人が多いのも確かにうなずけます。

 

 

 

 

完成度は武内駿輔さんの方が高いんですが、ピエール瀧さんのオラフの方が砕けた感じで親しみやすいのかもしれませんね~。

 

ただ「武内駿輔さんのオラフのほうがいい」という声も相当多いので、映画を見る人の好みによって好みが分かれそうです。

 

 

アナ雪2・オラフの吹き替えについての感想まとめ

映画「アナ雪2」のオラフの声は全然違和感ありませんでした。

 

というか、よくここまでピエール瀧さんのオラフに近づけたなとびっくりします。

 

近づいただけでなく、歌唱力やイケボを駆使して以前よりも勢いのあるオラフになっています。

 

アナ雪2は「オラフ無双」との声もあるくらい出番が多いし面白いです。

 

オラフの吹き替え声優を務めた武内駿輔さんは、さすがプロって感じです。

 

しかし比較動画を見ると違いが分かってくるのも事実です。

 

アホっぽさが残るピエール瀧さんのオラフもやはり味があって良いのは間違いありません。

 

まぁ結局は好みということになるでしょうか?

 

物語や映像も非常にクオリティが高いのでぜひ鑑賞してみてはいかがでしょうか^^


コメント